めでたい夜

テーマ:

0724    obi


昨日、地元の友人A子&F男の結婚パーティーが湯島でにぎやかに行われた。二人とも和装で、佐渡の祭り太鼓で登場。祭り好きが縁で出会った二人だし、友人ともども下町っ子だらけの集まりなので、「にぎにぎしい」かんじ。私は、親友&後輩の女子の4人で受付嬢を担当。もともと、私は結婚式には着物で行くことにしているので、夏着物で行こうかなぁと思ってたけど、披露宴ではなく最初から二次会ノリのパーチーだし、夏だし、じゃあみんなで浴衣着よう♪ということになったのだ。


受付業務がけっこうバタバタしてしまい、鏡開きとか、最初のほうの催しがゆっくり見れなくて残念だったけど、とにかく二人がうれしそうで、みんなが楽しそうで、とってもいいパーティーだった。

上の写真は、当日チェキで撮ったみんなの写真を渡すアルバムに貼った、私が作ったカリグラフィーのモチーフ。かれこれ2年近く習っているのだが、まだまだ下手なりにも、自分的にはなかなかの出来! 去年姉の結婚式でも作ったけど、渡して喜んでもらえるのが一番うれしい。いつか自分のときにも腕が発揮できたらいいなぁ~。


浴衣を着るのは、今年最初で最後かも…。今回の私のこだわりは、オリジナル根付!熱海で買った「東京事変」もどきの折鶴&何かでもらった金の亀を組み合わせてみた。小物遊びも、着物は楽しいですなぁ。

AD

友達がいるのさ

テーマ:

ここ数日、ヘビーローテで聴いている。

エレファントカシマシ「野音 秋」 

毎年行われているエレカシ野音ライブの、1990年から2004年までの音源をまとめたアルバム。

同僚のTさんに借り、すっかり魅了されてしまった。エレカシのライブは、実は1回しか行ったことがなく、去年ロッキングオンジャパンのカウントダウンのイベントで初めて生で見た。そのとき聴いてすごく印象に残っていた曲が、「友達がいるのさ」という曲だと知った。このアルバムでは最後に収録されている。

この曲を最後に聴きたくて、何度もエンドレスで聴いてしまう。

エレカシ好きな人、ライブ行ったことある人、まだの人。知っている曲があってもなくても、ぜひ!

AD

漱石の時代、そしてトマト焼酎

テーマ:

wagahai    tomato


シス・カンパニー公演「新編・吾輩は猫である」@シアタートラムを観に、親友84と三軒茶屋へ。半蔵門線、ラクチンだね~♪ やや早く着いたので、仲見世商店街をぶらつき、うちら好みの雑貨屋さんでお買い物。すると、ちょうど福引シーズンで3回分引けることに。残念ながら3つとも赤玉だったが、150円分駄菓子と交換できるというので、きっちりいただいた♪


シアタートラムに着くと、座席は前から6番目の左端と、なかなかいい席。舞台は、縁台を見立てたシンプルなセット(これがまた変幻自在!)。夏目漱石&妻・鏡子の夫婦の日常会話を中心に、いつのまにか漱石の小説世界がゆるやかに滑り込んでくる。演出も過剰すぎず、明治時代の着物が粋で、役者も素敵で、グイグイ引き込まれてしまった。この夏は、漱石の世界をきちんと堪能したいなぁ。「夏の読書感想文」な気分で。


公演後はまっすぐ戻り、84が軽井沢で買ったトマト焼酎をまだ開けていないというので(奇跡だ!)、ぜひぜひ飲みましょうと84宅へ。お取り寄せでも大人気というトマト焼酎。フルーティーなワインみたいな味を想像していたけど、きちんと焼酎の味(当たり前か…)。 泡盛をさわやかにしたような香りで、さっぱりクイクイ飲めてしまう。お取り寄せ、しちゃおっかなぁ~。


84家で飲むと、ありあわせしかないけど…といいながら、毎回私好みな味ばかりでうれしいっす。古漬けがうまいんだなぁ~。今年はFUJI ROCKで行けないけど、吾妻橋のS子宅での隅田川花火の宴も、うまいものばかりなのよねぇ。それぞれのおうちの味があって、おうちで飲むの、最高だよねー。


「新編・吾輩は猫である」 2005年7月8日(金)~8月7日(日) シアタートラム

作:宮本研 演出:井上尊晶

出演:小林聡美、高橋克実、高橋一生、梅沢昌代、坂田聡、山崎一、綾田俊樹

AD

F フルーツ/レーズンパン

テーマ:

F_Pan


昨日、パン教室で「F Fruit/レーズンバンズ」を作ってきた。D、Eと卵を使わないパンが続いたので、こねているととても油っぽく感じた。砂糖、卵、バターはパンを作るうえでは副材料なのだが(主材料は小麦粉、イースト、塩、水分のみ)、副材料の配合が多い生地を「リッチ(豊かな)生地」と呼んでいる。まさにこのパンはリッチな生地で、カロリーも1個204kcalとリッチ!(いや、ヘビー…)


干しぶどうではなく、きちんとラム酒漬けのレーズンを使ったからか、レーズンがやわらかくて香りがいい!ふだんよく、6個入りのレーズンロールパンを買うのだが、同じ個数でも、自分で作ると1個のボリュームがぜんぜん違う。見た目もかわいいので、お菓子代わりに人にプレゼントするのもよさそう♪


今回は、whoseeme妻とも同じテーブルでパンをコネコネ。彼女はチーズパンを作っていて、毎回そうだけど、人のパンのほうがおいしそうに見えてしまう(笑) 今度みんなでパン焼きパーティーしようと(勝手に)決めたので、whoseem男爵、楽しみにしててくださいませ~。

太極拳-其の弐

テーマ:

前回の体験教室ですっかりはまり、今週からきちんと入会して通い始めた気孔太極拳。行くと、先生は顔を見るなり、「あら、○○さん」と名前を覚えていてくれた。めがねくらいしか特徴のない私だが、これってかなりうれしいことだ。授業のかんじはもちろん、明るくサバサバした人柄が好印象の先生だったが、こういうところも、生徒の心を掴むポイントだと思うし、人として素敵なことだなぁと思う。見習おう。


第2回目の今日も、前回同様、杭のように立ったままの姿勢でいる「たんとう功」をやった。まだまだ「この形!」というのがつかめないし、左右並行に腕を保っているつもりでも、鏡で確認してみるとゆがんでいる。「動」と「静」で分けると、完全に「静」の太極拳だが、これだけでじわじわ汗が出てくるから不思議だ。


後半は、前回やった基本動作の足の動きに、上半身の動きも加わった。やはり、下半身を安定させないとぐらつくし、上半身も一定の高さを保たないと、盆踊りのようになってしまう。内容は前回より前進したけど、自分はまだまだ…。そこが、おもしろい!


ヨガ体験も一緒に行った同僚のTさんも、「私も来週申し込むわ」と、すっかりはまった様子。明日会社に行ったら、動きをおさらいしてみよう♪

無駄な思いやり

テーマ:

指毛。女子のみなさんはどうしてるでしょうか。

私の手は、つめは丸っこいし、節は太いし、手のひらはぷくぷくだし、細くてしなやかな手にあこがれている。パンこねには最適な手かもしれんが…(苦笑) ある日、つめを切ってるときに指毛がものすごーーーーーく気になって以来、剃る習慣がついてしまった。


その昔、ガキの使いで松ちゃんが、「指毛は何のためにあるんですか?」という投稿ハガキに対して、「パンチするときのクッション」と答えていた。すっごいウケたのはもちろんだが、なぜかそれが頭から離れず、指毛剃るたび、「私には必要ない思いやりだし…」と言い聞かせている。つか、一度剃ってしまうと、のびてくるたびに気になってしまうんですねぇ。かなり後悔。指毛も永久脱毛って頼めるのかしら。。。

男子なら、その「思いやり」使うときが来るやもしれんですなぁ。一生に一度くらい…?!

ミュージカル鑑賞

テーマ:

劇団四季のミュージカル「夢から醒めた夢」を、姉&親友姉妹の4人で観に行ってきた。

もともと、自らすすんでミュージカルを見るほうではないのだが、姉が88年の初演を小学校の鑑賞教室で見てめちゃくちゃはまり、家でも「愛をありがとう~♪」と歌っていたほど(笑) そんなにおねえちゃんがはまるなら、いつか見てみたいなぁとは思っていた。

先日、ルーブル展を見に行った親友R子にその話をしたら、彼女は原作を読んでいて、ミュージカルも気になっているというので、じゃあ一緒に見に行こう!という運びになったのだ。


ストーリーをはしょって説明すると、幽霊のマコと出会ったピコが、「霊の世界に行く前に母にきちんと別れを告げたいので、1日だけ自分と入れ代わってほしい」というマコの願いを受け入れる。マコの代わりに霊界に行ったピコは、人間らしい霊たちに出会い、愛と生きることの素晴らしさを教えられる。翌日、ピコとマコは約束の場所で再び入れ代わるのだが…。


四季劇場「秋」に入ると、エントランスや会場のあちこちに、仮面を付けた人や、足が長~いピエロがうろついていて、いきなりファンタジーの世界。正直、ちょっと怖かった。ピエロ、怖いです。

ミュージカルはというと、ちょっとつっこみたいキャラクターとか、ププッと気恥ずかしくて笑いそうなダンスとかあるんだけど、単純にわかりやすいストーリーだからか、単純に感動した。お芝居って、特にミュージカルは、失礼な言い方かもしれんが、プロのすごさを感じる。そして、劇場を出ると、大声で歌いたくなっている(笑) タモリがミュージカル苦手、と公言している気持ちも理解できるが、たまに観るとおもしろいのーよー♪(突然歌いだし)



低レベルな争い

テーマ:

金曜日の仕事をそそくさと片付け、先日地元で会ったA子&F男の新居に、夕飯をゴチになりに遊びに行った。広めの2LDKで家賃6万9000円!安っすいーー!さすが足立区!…といったら、非難ゴーゴーかもしれんが、そこは聞き流してほしいというか。私は生まれも育ちも荒川区なのだが、隣接する地域同士、昔から敵対心というのはあるもので。で、足立区も荒川区も、お互い昔からその節はあり、初めて会ったら名刺交換のごとく、お互いの批判で盛り上がる。


私たちが住んでいる地域だと、ちょうど隅田川を渡る橋を境に区が分かれるのだが、結婚した同級生が足立区に移り住む率が高いので(そりゃぁ安いから…)、「あー、また橋越えちゃったかぁ~」と、残った者同士でなげくのがお約束(笑) 傍から見たら、「どっちも同じような田舎じゃん!」と思うだろう…。地方出身の方に説明するとき、「一応、東京23区です」っていっちゃうかんじだし。


ここ最近は自分もまるくなり、足立区のよさも認めつつある。今は墨田区民なので、より冷静に見られるというか。。。(何様だ…!) まぁでも、誰でも自分が育った場所が一番好きなわけで、譲れないものはありますなぁ。別に本気でけなしあうわけじゃないので、ついついおもしろくてからかい合っちゃうのよねぇ。3人でしゃべってて、唯一気が合ったのは「ねずみの出る実家に戻りたくない」だった…。この苦労話は、体験してる人しかわからないからねぇ。せつなすぎる(;_;)

居心地よいお家だったので、またおじゃましに行こうっと。人んち大好き(笑)

タオルのアコーディオン

テーマ:

taolu


一人暮らしを始めて半年ほど経ったが、けっこう「I love 生活」てなかんじで、「ひとり」を楽しんでいる。

中でも、毎回小さな幸せを感じる瞬間は、ふわふわのタオルをたたんだとき♪CMでちびっ子が「ふわふわ~♪」とタオルに埋もれる様に、ずーっとあこがれていた。

我が家は8人家族で洗濯物も多かったためか、母が無頓着なだけか、柔軟剤というものを使っていなかった。かといって、自分の分だけ洗濯するのも、もったいないかなぁ…なんて気をつかって(面倒くさくて)、率先して洗濯していたわけでもなかったので、洗ってもらったものを受け入れるしかなく。

で、一人暮らししたら絶対使いたかったのが、柔軟剤。今は、防臭効果も付いてたりして、タバコを吸う私にとってはありがたい逸品。こないだまで使ってた種類の「詰め替え用」が売ってなかったので、「レノア」に変えてみた。う~ん、いいにおい~♪ふわふわ~♪(もちろんここはスローモーション)

太極拳

テーマ:

前回1日体験したヨガにつづき、行って来ました!「気候太極拳」の入門編。

先に着いた姉に手続きをお願いし、時間ギリギリに駆け込んでみると、予想以上におばさまたちばかりで、なんだかいい雰囲気(笑)先生もサバサバ明るくて楽しげだ。


ゆるーくストレッチで体をほぐしたあと、まずは基本姿勢。足をかかとにのせるような形で、ひざを軽く落として立つ。ひざや足首でなく、太ももがつらくなってくるのが正しい姿勢。これがけっこうつらいのだが、そのぶん、上半身はリラックスさせると、なんとなーく、「あのかんじ」に近づいてくる。

次に、「たんとう功」という、杭のように立つ動作。基本姿勢で立ち、腕はお腹でバレーボールを抱えるような形にして、ただじっと立つだけ。これがもう、何かの修行?私はガラスの仮面のマヤ?と言わんばかりに、5分ほど「樹木」になった気分(笑)でも、この姿勢をしてるだけで、血行がよくなるのか、体がぽかぽかに。

後半では、先生の動きをお手本に、基本動作。そうそう、これこれ!私がやってみたかったのは!かっこいい~!第1回目だったので、始まりの動き→2番目の足の動きだけを習い、本日は終了。


1日体験してみて、来週から通うことを決意。帰りのホームで、姉と足の動きを復習したりして(笑)体が硬くてもなんとかなりそうだし、中国語の勉強と平行して身に着けていきたいなぁ。


※追記

気候太極拳→気孔太極拳でした;) お姉謝謝! アメブロ、心なしか重さはなくなった気が…クレーム殺到したのかなぁ?