2017中山牝馬S予想

テーマ:
さて、中山牝馬Sも予想しました。

【中山11R 中山牝馬S】芝1800
◎4トーセンビクトリー
○3ビッシュ
▲14フロンテアクイーン
△1クインズミラーグロ
△7プリメラアスール
△11サンソヴール
押さえ→2、13、16

★三連複(100×15)
4―3、14―1、2、3、5、7、11、13、14、16
★三連単(100×6×2)
3―4―1、7、11、13、14、16
3―1、7、11、13、14、16―4

買い目は上記まではほぼ確定、あとは状況に応じて。

本命はトーセンビクトリー。
間隔をあけたキンカメ産駒、内枠で短縮。好走条件は満たしています。
勝ちきるのは4歳のキレ味勢な気がするので、2、3着付けで。

勝ちきる候補としてはビッシュ。
コース、距離適性は申し分なく、休み明けも良い。

格上げフロンテアクイーンもこのレースの好走条件を満たしています。

引退レースのマジックタイムは本質的にマイラーだと思います。
人気のハーツ産駒は少なくとも勝ちきることはないので軽視気味。

クインズミラーグロはエビちゃんが下手を打たなければ見せ場は作ると思います。

プリメラアスールは適性とかそもそもの能力とかは疑問ですが、単騎逃げ濃厚。

サンソヴールは本命馬と同じキンカメ産駒。前走から条件は悪くはなっておらず。

パールコードは勝ちきりまでありそうですが、ひとまずは押さえ要員。
明日の傾向次第では、ここ頭からの馬券の買い足しも検討。

昨年5着を考えれば、ハピネスダンサーが下位人気に沈んでいるのはむしろ狙い目かなーと思います。
明日サドラーとかヴァイスリージェントとかが激走する馬場だったら、押さえ以上に昇格。


AD
実は直前でスズカじゃないかと思い直して、金鯱賞当てました。

これだけ買ったわけじゃないですが、的中した馬券だけ見ると天才じゃないかと思いますね(笑)

中京遠征のプラスは旅費込みで確定しているので、攻める姿勢は失わず、しかし独りよがりに狙いすぎずにいきましょう。

まずはフィリーズレビューです。

【阪神11R フィリーズレビュー】芝1400
◎9ベルカプリ
○6ジューヌエコール
▲2アズールムーン
☆10ラーナアズーラ
△12シグルーン
△16カラクレナイ
押さえ→5、7、13、15

★複勝9(1400)
★馬連6―9(500)
★三連複(100×15)
9―2、6―2、5、6、7、10、12、13、15、16
★三連単(100×8×2)
6―9―2、5、7、10、12、13、15、16
6―2、5、7、10、12、13、15、16―9

荒れる重賞ですし、今回は攻めて良いので三連単まで狙いにいきます。

本命は単騎逃げが叶いそうなベルカプリ。
牝馬戦ですし、そうそうタイトな流れにはならないとみます。
1400ならダメジャ産駒でしょう。暮れを使わずに年明け2戦目、まだ走りごろだと思います。

相手筆頭はジューヌエコール。1400ベスト。土曜の馬場を見ると内回りならこのへんの枠が良さそうです。
ここは頭まで期待。

1400連勝後に園田を使ったおかげでさほど人気していないアズールムーン。
芝のメインストリームではなさそうな血統がむしろこのレース向きに思えます。

大穴期待はラーナアズーラ。短縮1400ならキレて良い。府中、中京で上がり最速をマークしており、ここならあるいは。

阪神JFはノーカンで良いシグルーン。阪神実績はあり、立て直せていれば力は秘めていそう。

レーヌミノルは世代トップとの差を露呈した感はあり、今回の人気はちょっと過剰に思えます。
ダメジャ産駒で1400はアリなんですが、この馬自身は平坦1200ベストではないすかね。
クイーンCを使ったのも何か規定路線と違う気がして、押さえまで。

カラクレナイがより1400向き。このコースで外差しが届く展開にはならない気もしますし、デムーロで過剰人気気味ですが、レーヌとどちら、と言われたらこっちでしょうか。

馬券は、三連複、三連単はこれで買いますが、複勝はどうするかまだ迷うところ。
明日の阪神芝の様子を見て、別な馬券を買うことにするかもです。
それが遠征の利点ですし。

さてそれでは中山牝馬も予想しますか。
AD

2017金鯱賞方針(中京遠征)

テーマ:
久しぶりのブログ更新です。

ふと思い立って中京競馬場に来ました。
3年ぶりになるのかな。
以前より少しアクセスが良くなった感。

いまはパドックでロードヴァンドールの出待ち中です。
知人の出資している馬なので。

風が強くて寒いです。

金鯱賞は3ナスノセイカンからそこそこ勝負しています。
ハーツ産駒が来るにはちょっと軽い馬場な気はしますが。
AD

2017小倉大賞典予想

テーマ:
混戦模様なローカルG3ですが、内枠重視でシンプルに攻めます。

【小倉11R 小倉大賞典】芝1800
◎7マルターズアポジー
○1レッドソロモン
▲9パドルウィール
△3ダノンメジャー
△2ストロングタイタン
△6マイネルハニー

★単勝7(1000)
★馬連(300×2)
7―1、9
★馬連(200×4)
7―2、3、6、11
★馬連(100×4)
1―2、3、6、9
★三連複(100×15)
7―1、9―1、2、3、6、8、9、10、11、12
★三連単(100×7)
7―2、3、6、8、9、11、12―1

本命はマルターズアポジー。
小倉大賞典は過去5年で三度逃げた馬が馬券になっており、しかも全て1着。
常にハナを切れる脚は大きな武器。
同型ダノンメジャーは「ハナにこだわらない」と陣営コメントにあり、大外ロードヴァンドールもマルターズアポジーの二の脚に競っては行かない(行けない)でしょう。
多少つつかれてもハナを切れれば小回りならこの馬の庭。勝ち負けになると思います。

逃げ馬が勝つなら相手は内枠から。
1レッドソロモンは小倉で勝ち鞍あるように平坦馬力型コース向き。
休み明けのほうが走る気性で狙うならひと叩きする前のここ。
馬番1番の馬は3年連続で馬券に。

パドルウィールは2000のG2からの短縮。
中京で好走しているが、むしろ平坦が合うのでは。

ダノンメジャー、ストロングタイタンは中山遠征で展開が向かず、実績ある小倉で巻き返しをはかるこのレースの典型的な好走パターン。
ストロングタイタンはそもそも重賞の壁疑惑で人気なら疑いたいのと、ダノンメジャーは同型マルターズアポジーとの力関係的にどちらも押さえまで。

最後にマイネルハニー。本命馬より内枠で血統的には一番今の小倉1800に向いていそう。

馬券はまずマルターズアポジーの単勝。

馬連が思ったよりつくのでそこを広めに構えつつ、へんなの来い、の三連複フォメ。

三連単は絞ってナンボなのでマルターズアポジー逃げきり、レッドソロモン3着で挟むフォメを。

こちらはちょうど5000になりましたかね。

これから他のレースの予想をしますが、他に勝負したいレースが出来たら重賞は多少買い目を絞るかもしれません。

どちらもそんなに自信があるわけではないので。

2017フェブラリーS予想

テーマ:
久々に更新。

今晩はちゃんと馬券検討の時間&空間的環境をととのえました。
今年になって初めてですね。

明日はまともに参戦するつもり。

まずはフェブラリーS、決めました。

【東京11R フェブラリーS】ダ1600
◎16インカンテーション
○3ゴールドドリーム
▲4コパノリッキー
△10カフジテイク
△5アスカノロマン
☆2ホワイトフーガ

★単勝2(500)
★複勝16(1500)
★馬連(100×3)
16―3、4、10
★ワイド(100×2)
16―1、11
★三連複(100×15)
16―3、4、10―1、2、3、4、9、10、11

本命はインカンテーション。
7歳で勝ちきる感じはしませんが、一昨年の2着馬。骨折での長期休養明けで、向かない競馬で2敗後の3戦目。
年齢ほど消耗していません。
有利な大外枠、そこそこの位置に付けられるタイプで、直線早めに抜け出しをはかって粘り込みに期待。
ここダメだったら衰えたで良いと思いますが、今年のメンツならちょっと買っておきたい。

対抗はゴールドドリーム。直前に父ゴールドアリュールが亡くなったのと、まあ騎手人気で2番人気なのは不満ですが、コース適性と鮮度で言えばまあここアタマの期待値が一番高く思えます。

展開を考えたら、じゃっかんナメられている逃げ馬、コパノリッキーは買いたい馬。
今回は番手ではなくハナに行けると思うので、豊がいいペースを作りそう。
同舞台で明らかに今年のメンツよりも強力な馬たち相手に連覇してるわけなので、6番人気は美味しい。

カフジは1400ベスト、ノンコはいつ復調するか不明なので、この追い込み2頭はどちらかが3着に来るのがせいぜいかと考えています。カフジテイクにだけ印を回したのは、いまの東京ダ1600好走馬の血統傾向にカフジがピッタリなので。

アスカノロマンは混戦向き。人気のないときに競り合いの強さを発揮するタイプ。
すぐ内のリッキーが逃げるので位置は取りやすいはず。すんなり隊列が決まれば直線早めから和田さんが何とか持たせてしまいそう。はた迷惑な相手なりタイプ(笑)

大穴期待はホワイトフーガ。一昨年のチャンピオンズカップで、活きの良い牝馬サンビスタが突き抜けましたが、そのイメージと重なります。
年齢と好調度合いからいえばこの人気は過小評価されすぎ。昨年の惨敗は道悪が向かなかったという言い訳はたつので。

インカンテーションは状態の良かった一昨年でも2着だったので、馬券的に単勝は買わなくて良さそう。
ならば単は2ホワイトフーガ。
内枠が良いコースではないので、ホワイトフーガはこれだけお楽しみで買っておけばよいでしょう。

複勝は16インカンテーション。これがまあこのレースの馬券の中心。

馬連は3着要員なアスカは買わずに4点、ワイドは次点で印が回らなかった馬を押さえ。

三連複の三列目は手広く。

こんな感じの4点で、あとは日曜の7、9レースあたりを見て何か傾向がつかめたらちょっと買い足すかもしれません。