• 27 Jun
    • ヤンパ!ヤンパ!ヤンパスンスーン(笑)

      務安(ムアン)名物、玉ねぎを使った 玉ねぎ水(笑) その名は、『スン』 ヤンパスンではないんだ(笑) ムアンのことを調べていたら発見 なのに、すっかり忘れていて(^^; 新安に入る前によったマートで、リダが見つけてくれたー(≧∇≦) 1リットルサイズもあったけど、飲みきりがいいねって ほんのり甘いけど、しつこくないので飲みやすいです 務安に行った際には是非 追伸 築地にこれとバナナパイ持っていくの忘れました(T-T) すみません いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      NEW!

      5
      テーマ:
    • 5-5【務安】務安城東里コインドル公園が凄かったー(≧∇≦)

      美味しい務安(ムアン)の藁焼きサムでおなかいっぱいになった後、向かったのは~ 務安城東里コインドル公園ですヾ(@^▽^@)ノ へへぇ(●´ω`●) コインドル公園 第1弾ですо(ж>▽<)y ☆ 今回、全南に行くって聞いて、順天にあるコインドル公園をお願いしたら、 リダがここも探してくれたの( ´艸`) 嬉しすぎー(≧▽≦) けっこう!イイ!コインドルがゴロゴロしてましたよー(*゜▽゜ノノ゛☆ 足がしっかりしてる北方式のが多いのが嬉しすぎ( ´艸`) この卓上式のって、はじめコチャン(高敞)より南でが造られてないと言われたようですが、 近年になって、ここ務安郡夢灘や全羅南道の羅州市鳳でも確認されてるんですて! このハマグリみたいのもカワイイ~(*´Д`) 写真ではちょっとわかりづらいですが、 狭い敷地(公園)の中に、縦長に配置されている感じです 狭いながらも、しっかりとしたコインドル(支石墓)が、所狭しと配置されています。 たぶん、務安や周辺で発掘されたコインドルを集めた公園ぽいので、 もともとこの場所にあったものではないらしいけど、 それでもこれだけ立派なコインドルが一同に見れるなんてスゴイー( ´艸`) でも・・・ ここ・・・ 場所がめっちゃ!わかりずらいですから(/TДT)/ 道路から入るための看板もないし! 何よりも公園が小さすぎて、公園というよりも・・・ な感じなので、見落としますからヽ((◎д◎ ))ゝ でも、そんなコインドル公園を見つけてくれて、リダ駒魚~ さ!お天気も予報どおり、崩れはじめてきたので! 先を急ぎますー いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 亀の子ビールと二色しらす♪

      念願のしらす丼、 江ノ島で!食べてきましたー(≧∇≦) 亀の子ビールと一緒に 念願のしらす丼(≧∇≦) しらすうめー(≧∇≦) 生しらすが目的だったけど、実物みたらなんか躊躇しちゃって、ハーフにしちゃったけどこれで正解でしたv( ̄Д ̄)v メニューのさざえの卵とじも気になったー 店撮るの忘れたー(>_<) 富士見亭 で、曇りだったので富士山は見れず(;_;) でも!海はめっちゃ綺麗でしたー(≧∇≦) で、テラスの下に気になる岩場が 行ってみたいて言ったら、なんかぶつくさと文句たれて速攻否定! なのに、食べ終わって店出たら「行ってみますか?」て。 は?(゜д゜)? いつものことだけど、行くんなら、即否定するな(`へ´*)ノ ほんっと!感じ悪いんだよ(`へ´*)ノ 楽しみも半減だぜ( ・ε・) てか岩場に行って、はしゃいでたのはどっちだよ!(笑) いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      NEW!

      9
      テーマ:
    • 5-4【務安】めっちゃ好みのお店とアジュンのいる藁焼きサムとロバ酒~♪

      さてさて、リダの腹時計で時間ちょうどに食堂へ戻りました! が、食堂に入る前に、こちらの小屋の確認を なかなか、立派にムアンの風景が描かれてますよ! 中を覗くと・・・・ ありました!藁が こちらのお店、”藁”でお肉を焼く、務安の郷土料理のひとつです この藁を焼いたときにでる燻の香りがお肉について、香ばしさや旨味が堪能できるとか 楽しみすぎるー ということで!店内へ~ お店の前には、うさちゃんもいましたよ! 店内はわりと広めですね。 たくさんTVでも紹介されているようです メニューはこんな感じです 一番左上の”チププルクイ”を頼みます。 4000ウォンのケジャンビビンパプも気になるけど~ それよりも ロバのお酒がめっちゃ気になるんですが 「あの・・・リダ・・・」 「あの、ロバの絵。かわいいですね」 「 リダ~ それ飲んでみてもいいですか?」 「 どうぞ、私は飲みませんが」 「 ごちそうさまですっ」 と!やってきましたー スキで飲むんじゃないのよー これも、ブログに書いて、色々と知ってもらうために飲むんですー と、言いながら飲んだお酒「シムスル」は! ワイン! いや!子どものぶどうジュースみたい! っていうくらい、飲みやすくって、一杯だけのつもりが一気に半分も飲んじまったぜ 炭酸じゃないから、半分は取っておいて、リダの分 て、思ったけど、結局3分の1くらい飲んじゃって 帰りにちゃんとリダには内緒で1本自腹で買いましたよ! この、コップがかわいくないですか と、ついつい飲みやすいせいか? 喉が渇いていたせいか? クイクイやってると、パンチャンがやってきました! で! 楽しみにしてた、玉ねぎキムチがこちらです ギャハー!おおざっぱ! 食べてみると、見た目どおりで、野性味ある味っていうか・・・ 家庭の味! お店で提供するために、もちろん作ってあるんだけど・・・ なんていうのかな・・・お母さんの味! そ!素材そのものの味! 海南の全州食堂で食べた玉ねぎキムチの方が繊細というか・・・ 高級ぽい味付けだったり、作り方だったり、盛り付けなんだけど、 務安のほうは、そのもの! で、海南は浅漬けみたいな感じでさっぱりだけど、 務安は古漬け!そう!古漬け!しっかり味がついていて、 そのまま食べるよりは、何かと一緒に食べるのが美味しいって感じ! (もちろん、お店によって違うと思いますが今回食べたお店を比較するとそんな印象でした) 他のキムチも全体的に古漬け! で、アイツもいて!こんな感じです そして~ メインのお肉がこちら サムギョプサルの藁焼きですヾ(@^▽^@)ノ この料理が出来た歴史は・・・ ここお店がある務安郡夢難面の人々は、昔から秋の取り入れが終わると川辺に円くなり藁を焼いていたそうです。その火で川でとれたボラを焼いて来年の豊作を祈りながら食べていたのがいつのまにか夢難面の伝統となっていたそうです。 しかし、栄山河の河口の堤防が建設され、夢灘面でボラを見るのが難しくなったそうですが、 一度生まれた伝統はそんなに簡単になくならず、農事が終わり川辺に集まっていた夢灘の人々は、いつしかボラの代わりにサムギョプサルを藁火で焼いて食べるようになり、現在の「サムギョプサルの藁火焼き」が誕生したそうです。 現在は農事が終わっても人々が川辺に集まることはないですが、務安の人々は今でも藁を焼いた煙の中で焼くサムギョプサルの藁火焼きを好んで食べるようで、藁の火が、魔法をかけたようにサムギョプサルの味を変えてくれます。 摂氏1000度に近い藁の火で1分ほど焼くと、サムギョプサルの中の肉汁はそのまま残り、外側にほのかな藁の香りが付くためです。最近は有機栽培した藁を2年間干して使うため、ばい煙が生じず農薬の心配もありません。 サムギョプサルの藁火焼きはこの地域の特産物である「タマネギキムチ」や「ポルゲジャン(干潟のカニを玄米やもち米、麦などと一緒にひいて作った味付け味噌)」と一緒に包んで食べてもおいしいです。香ばしいサムギョプサルと甘辛いたまねぎキムチ、淡白なポルゲジャンが互いに調和をなすその味はまさに豊作の味といえます。 これが、ポルケジャンですね! そんな、魔法がかかった藁焼きサムをいただきました! まずは、名物の玉ねぎキムチと一緒に ポルケジャンと (このときはその由来を知らなくって、このお味噌ちょっと海鮮ものの味するね・・・ていったのを思い出しました!) あとは、玉ねぎと他のパンチャンたちと 美味しくって、パクパク食べていたら、半分も食べてないうちに、 サムがなくなってるしー・°・(ノД`)・°・ と、リダを睨みつけたら、二枚目の網がやってきたし こちらもじっくりと焼かれてました! 実は・・・リダに藁の香りのするものとしないものがありますね。 と、言われて、それまで、美味しい美味しいとただ食べたんですが・・・ 藁の香りに注意して食べてみると・・・・ あらw川・o・川w 藁の香りがする!のとしないのがあるではないですか! どうも、自分が食べたサムはほとんど藁の香りがしなかったみたいで気づかなかったみたいです てか、この人の嗅覚スゲー 葉ものも、自家栽培してるからか? 一枚が大きくて!味が濃い! これは、長ネギのキムチー 二枚目はさすがにペースダウンしましたが、完食です いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します 今はいなくなってしまったボラですが 「夢灘ボラ、明山うなぎ」という言葉まで生まれるように、 務安は他に、務安たまねぎハヌ、冬の道里浦ボラ刺身、明山うなぎ、務安干潟のセバルナクチが 務安5味だそうです

      10
      2
      テーマ:
  • 25 Jun
    • ヨーロッパ!

      ヨーロッパみたい(*´∇`*) いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      8
      テーマ:
    • 5-4【務安】務安名物☆たまねぎと戦闘機?!

      王仁博士遺跡地の観光のあとは!お昼ごはんでーす 霊岩(ヨンアム)を出て、地図ではまだ点線になっていた高速に乗りました! 最終地点のモッポ(木浦)まで乗りましたよ そして~向かうのは!”務安(ムアン)”です ランチはムアンで焼肉を食べるんですが、ちょっと変わった調理法でいただきますよ 以前、八田先生の講座で、”たまねぎのキムチ”が美味しいと聞いてから、たまねぎキムチが食べてみた食って ムアンが玉ねぎが有名だと聞いて、めっちゃ楽しみだったんです と、言っても、前日にしいたけ海鮮鍋のお店で出てきちゃって、美味しさは確認済みですがね リダは玉ねぎが有名だと知らなかったようで、あまりテンションあがってなかったですがね ムアンに入ると!玉ねぎをたくさん積み込んだトラックや玉ねぎ畑がいたる所に そして!お店にトウチャクスミダ お店は!『元祖トゥアムチププルクイ』さんです この店構え、ツボー( ´艸`) 店のワンチャンがうるさくって 焼肉に使う、サンチェやほうれん草は自家栽培されてましたよ! この、壁画が個室?がこのお店の味を決めますよ! 情報では10:30から開いてると書かれていたので、ちょうどその頃到着したのですが・・・ 韓国あるあるで、まだ準備出来てないから帰れって しょうがないので、準備ができる時間まで周辺を散策してみることに 周辺の一般のおうちでも玉ねぎの他に、さやえんどうや長ネギなど栽培してましたよ! あ! ここ、はじめリダが探してきたお店だったけど、 行った人の記事や写真を見ると、トゥアムの方が美味しそうだったので変更してもらいました 石垣と菜の花が綺麗だったり 何もなくて・・・人にも会わなかったけど・・・ ゆっくりとした時間が流れていて、ちょっと癒されます~ そして、食堂の方に戻ってくる途中、鉄橋があったのであがってみると、 すぐそばに務安駅がありました! なので、このお店で焼肉が食べたくなった人は、電車に乗ればすぐ食べれますよ お店の前まで戻り、まだ時間があったので反対側へ行ってみると・・・ 学校?! リダが中に入っていくしー え? イスンシンと・・・・ヌグセヨ? と、思っていたら! え あれって 戦闘機ではないですか ひー なんで、こんなものが校舎の中に 帰ってから調べてると、ここは「務安ホダム航空宇宙展示館」となっていましたが・・・ 建物は校舎そのものだったような・・・ 中も見ればよかったかもー ちょっと、こわかったけどね この写真、なかなかいい塩梅に撮れていてスキ と、写真が多くなったので、後半へ~ いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      3
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 5-【中学生】韓国の中学生とハンバーガー

      遺跡地を見学して、駐車場に出ると中学生?がたくさん あ!もう10時なのね これから、社会見学かしら ちょうど、ぶつからなくてよかったね! リダ、ナイス で、チラホラと・・・ というか・・・全員? 気になるものが・・・あって・・・ ハンバーガー・・・・ 食べてるよね? いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      10
      テーマ:
    • 5-3【霊岩】日本と関わりのあった王仁博士の遺跡地。と偏屈屋(@_@)

      鳩林村を消化不良で通り過ぎ、 次に向かったのは「王仁博士(ワニパクサ)遺跡地」です 霊岩のことを調べてる中で、気になった「王仁博士」。 どうも、日本と関わりのあった方のようです 王仁(ワニ)博士 →王仁は、百済から日本に渡来し、千文字と論語を伝えたとされる記紀等に記述される伝承上の人物。 日本書記には王仁、古事記では和邇吉師(わにきし)と表記されている。 それに、去年今年と、知り合いやツアーなどで、 ”霊岩(のさくら祭り)”が注目されている感じで色々なブログを見てると更に気になったので、 楽しみにしてたんです 遺跡地の全体図。 案内版には「聖基洞観光地」としての説明文がありました。 まずは~ 敷地に入る前に、彼の功績のひとつである「千人千文字」の碑があります これは、王仁博士の子孫らが毎春行っている霊岩王仁文化祭りのなかの特別プロジェクトで、 韓・日・中3カ国の有志1000人が肉筆でしたためた千字の墨字を石材に彫刻したものだそうです。 さっそく、中(遺跡地)へ入ってみます! 中に入ると、建物を出てすぐに、上の写真の大きな道が一本通っています。 その両脇に色々な見所がある感じです。 その大通りをまっすぐ進んでいくと・・・ 王仁博士の銅像がありました。 色々と見所がありますが、時間が限られているのでみたい所だけの見学です なので、直前にブログで見つけた千文字階段に行ってもらうことにしました 銅像近くの交差点から左に行くとある「望月亭」です サイロのような塔はなんでしょう? 人と人が向かい合ったような感じに見える石碑には、 ヨンアムアリランの文字と霊岩郷土歌と書かれていました。 そして、そのすぐ隣にあるこの階段が見てみたかった「千文字階段」です(≧▽≦) 一段一段、千文字が刻まれています でも・・・ あまり、お掃除がされていないようで 全部ちゃんと見れなかったのが残念でした それに・・・ 階段なのに、ヒョイヒョイと上っていくリダに追いつくのに大変で リンゴ そして、階段を上がったところにあるのが「望月亭」です。 展望台があったので、更に上って見ました。 望月亭を降りたあとは、王仁博士のお墓があるようなのでそちらへ行ってみることに。 途中には、満開の藤の花や つづじも満開でとっても綺麗でした こんな若い松を見れるのも春ならですよね とっても広い敷地ですが、緑もいっぱいで、 韓国にしてはお手入れが行き届いている感じで過ごしやすい場所でしたよ~。 そして、”百済門”から入っていきます。 中に入るとさらに門があります。”ハギ門”です。 左右には、展示館や 記念碑があったり、 さらに進むにハギ門をくぐり ”王仁廟”がありました 王仁廟からみた庭。 せっかくなので、展示館も見てみることに 中には、この施設”王仁博士遺跡現況”や 王仁博士の生い立ちから功績をわかりやすく展示されていたので、 ここは見ておくのをオススメします ”王仁石像” ”文山斎・養士斉” ”書斎洞窟” 王仁博士誕生 王仁博士青年期 日本渡来期 製紙の圖 ドルジョン峠 上台浦 日本書紀や古事記の中に書かれている王仁博士の箇所。 外に出るとすぐ近くに、王仁博士遺跡碑がありました。 現地でもらったパンプレットに、”王仁博士墓”と記載されているところがあったので、 せっかくなのでそっちも見てみることに。 途中には・・・ あれ?サンデポ(上台浦)? このサンデポのすぐそばには”生誕の碑”が。 クムナンジ(宮南池)を思い出しますね~ そして、すこし歩くとありました! ”博士王仁墓”です コネストには、はじめにみた王仁廟が”墓”と書いていましたが、 王仁廟は奉られている場所で、こちらの方がお墓と呼ぶのがいいでしょうね。 時間がないから見たいところだけ、と言ったけど、 結局いつも途中から自分が興味もっちゃて全部見ちゃうんだから、 言わなければいいのに 帰りは、遠めに望月亭を見ながら、競歩でしたけどね いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します ワニパクサ・・・ 日本と関わりのある人で、どんなことをした人なのか興味があって、 ここ遺跡地に行くのを楽しみにしてたけど・・・ 「ここは、ウリナラの祖先がこんな立派なことをしたんだぞ!と日本人に見せ付ける場所ですよ」 って、言う人がいて・・・ あんまりにも、考えたことのない発想というか・・・考えで何もいえなかったのだけど・・・ そういう場所なんですか なんか時々、考え方が極端すぎるっていうか・・・意表をつきすぎて理解できないのですが・・・ 私がおかしいのでしょうか?

      4
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 5-2【霊岩】やっぱり素敵だった上台浦歴史公園~♪、と鳩林マウル

      朝の散歩で、予想外のウプソンを発見して先行きがよさそう では、本日一箇所目の観光はコチラ 「上台浦(サンデポ)歴史公園」です 霊岩のことを調べる中で、ここの公園の橋の風景がとっても良かったので、 リダ様にお願いして連れて来てもらいました(≧▽≦) この東屋みたいな建物を越えると・・・・ 橋が見えてきます! でこの橋を渡ると、途中に中島みたいな所があって、 さらに、橋を渡って、反対岸に行く感じです がー、時間がなくて、途中までしかいけず・・・(゚ーÅ) 公園も東屋のところしか行けず・・・(゚ーÅ) 本当は、こんな風景が見たかったんです。゚(T^T)゚。 ※ここに写真追加! で、肝心な上台浦(サンデポ)ですが・・・・ 景色が良くて選んだ場所でしたが・・・ この後行く、王仁博士の遺跡跡と繋がりのある場所だと後から知ってビックリ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 上台浦(サンデポ) →百済時代の学者である王仁博士が、日本に渡るため船に乗った場所。当時の国際貿易港だった。 あ・・・ちゃんと歩いてみたかった(ノ_・。) 「そういえば、伝統マウルも行ってみたいんですよね?」 「??。あ!鳩なんちゃら村のことですか?!」 「名前は覚えてませんが・・・」 えー!鳩林伝統マウルに行ってくれるんですか と、近くまで行ってくれたようなんですが・・・ ここはだたの民家(住宅街)かも知れませんね・・・ と、更に走ってみると・・・・ 「陶器博物館」や 「群立博物館」が。 川沿いに沿って走ってみると・・・・ その奥には、立派な邸宅が。 周辺も整理されている感じで、ここが鳩林村? 突然の変更で嬉しい けど行くって言ってくれなかったら何の準備もしてないですよー(。>0<。) 鳩林伝統マウルって、テーマパークというか・・・入場料払って入るのを想像してたんですが・・・ ここで場所はあってるのでしょうか? せっかくの鳩林伝統マウルだったのに残念ですー(。>0<。) いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      8
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 5-1【霊岩】霊岩の町を散策~♪え!古墳!?

      せっかく見つけたお店でしたが・・・・ この旅始まっていらいの美味しくないものが・・・・(><;) 帰りは表通りから帰ってみることに。 そうしたら・・・ キンパプチョングッでもよかったかも。だってさ 道を選んだのも、お店を選んだのもリダですからね 町のあちらこちらの電柱にも氣チャランドの文字が。 しばらく歩くと、昨日見た花壁の家が あここって、昨晩気になったものがあった場所では リダー 行ってみますか? はい こういうの合うのっていですよね( ´艸`) あーホント、月出山がキレイだわ 途中、本格的な壁画がちょっとだけあったり 見えてきました めっちゃ、古墳のような形なんですけどーо(ж>▽<)y ☆ 更に近くまで行くと、公園のような中にありました! 看板に「ヨンアムウプソン(霊岩邑城)」と書かれてありました なんと! 古墳だと思っていた場所は城跡でした (てか、この写真撮っていたのに、ちゃんと見てなくて、しばらく古墳古墳はしゃいでいたら、リダにあの看板みたんですよね?ここ、城跡ですよ・・・って言われちゃった) 確かに、すぐ近くに城郭が見えてるのにね 上に上る道があったので上がってみることに 上ると、遠くに見えていた建物は「閲武亭」でした。 案内板には更に「閲武亭 ミッ 社布契 文書一括」と書かれていました。 帰ってきてから、調べてみましたが、 霊岩邑城や閲武亭の詳しい情報がさがせれませんでした>< 一部、”閲武亭”のことを弓場と書かれていたものもありましたが、弓場? 難しいことはわかりませんが ヨモギを見つけたり、 幸せを見つけたりに忙しいです そんな場所から眺望する霊岩以内ですヾ(@^▽^@)ノ そして、公園を挟んで、向こう側に見える山のようなものが、 上った城跡のつづきです! ズームしてみると・・・ 確かに同じ形! 城跡頂上から見下ろした風景 すぐ下は、こんなキレイなお花が植えられてましたよ と、予定外の寄り道をしてしまったので 急いでモテルに戻ります 帰りは、邑城の方から帰ると、反対側のこんな路地から いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      5
      テーマ:
    • 5-1【霊岩】朝食はモドゥムキンパとツナ丸ごと!チゲ(; ̄ー ̄

      おはようございます。 5日目の朝です。 今日の朝は、霊岩(ヨンアム)からスタートです。 想像どおり・・・ かなりの田舎っぷりで 朝ごはんが食べれる場所があるのか とりあえず、モテルの近くにあった市場へ行ってみることに 「ヨンアムメイルシジャン(霊岩毎日市場」です ヨンアムの市場にもホンオが 端から端まで歩いてみましたが、さすがに食堂は開いておらず・・・ 市内で探してみることに~ まずは郡庁周辺へ行ってみることに そうそう ヨンアムで面白いものを見たんです この信号機なんですが わかります? 道路は三車線しかなく、 真ん中が時間によって、右車線になったり、左車線になったりするんです でも、三車線と言っても、この狭い町も路上駐車が多くて、二車線みたいなものですから・・・ 意味があるのか 八百屋さんは開いてますね~ 鬼瓦?のこういうのスキです( ´艸`) 今日もお天気がよさそう 郡庁にきました! この駐車場がかつてモテルがあった場所です・・・ 今回来るまで知らなかったんですが、 ヨンアムはF1レースサーキットがあるようなんですが・・・ どうやら、色々問題のある(あった?)場所のようですね 紫陽花も咲いていたり あ 月出山 こちらの食堂、灯りがついていたけど、リダがスルー。なぜ? こんな場所が ”氣チャランド”と書かれていました。 昨晩、夕飯を食べた場所と何か関係があるんでしょうか? 上に何があるのか見てみたかったけど、お腹が空いていたので今回はスルーデス お店なかなか開いてないですねー。と、更に町の中を歩きます なんかスキな建物 こういう所、入ってみたくなります さてさて、どっちに行ったら開いてるお店があるかな? リダ様、お願いしますよー しばらく歩くと、突然リダが 「そこ、見てください」 「???」 「(指を指す)」 「???・・・・。あ∑(゚Д゚)」 「あ!リダ!美味しそうな鶏がいますよ!」 「。」 瓦礫の中に、美味しそうな鶏がいましたよ そんな冗談を言いながら、歩いていると、ようやく開いてそうなお店を発見です 「ソムンナム マンドゥ キンパプ」屋さんです 6時半から歩いてようやく7時過ぎに見つけました(>_<) さっそく、何を食べるか考え中~ 壁のあちらこちらに書かれていた、”チーズトンカツ”が気になったけど 店内はけっこう広めです! お母さんがチゲ類を作って、お父さんがキンパを巻いてました。 で、本日の朝食はこちら! モドゥムキンパです 普通ののり、ケランマリ、ヌードの3種類。 海苔巻きの盛り合わせって始めてかも? ・・・。 写真の撮り方によって、美味しくなさそうな・・・ ここのお店のキンパプ・・・ オススメしません。 ご飯がベチャベチャで、中身も普通であまり美味しくない・・・ キンパプで美味しくないのってはじめてかも(>_<) 気を取り直して、ツナキムチチゲを食べてみます! まあまあな具財が入ってますよ。 そして!メインのツナ! えっと ”ツナ”です。 1個です( ゚ ▽ ゚ ;) メッチャ、デカイ、ツナ。 ひとつですー(。>0<。) どんなに掻き回しても・・・・ひとつ。 味はまあまあでしたが、リダが頼んだスンドゥブは美味しくなかったて。 ヨンアムの朝食はもう少し遅い時間をオススメします いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      6
      テーマ:
  • 21 Jun
    • 4-12【霊岩】氣チャンランドゥで、順天名物を霊岩でいただきまーす(*´∇`*)

      ヨンアム(霊岩)といっても、一番西側にあるトクチョンから市内に入った訳ですが・・・ リダ調査により、郡庁のそばにモテルがいくつかあるとのことで・・・ 郡庁付近をグルグルした訳ですが・・・ ない! しかも・・・道が狭いというか、面白い道なので・・・ 車で走るのが大変らしく・・・ 「ここで待ってるので、路地裏とか中の通りを見てきてくれませんか」 「了解( ̄^ ̄)ゞ」 ということで、車を降りて周辺調査へ! 一人でね で、けっこう範囲を広めて探してみたけど・・・ 潰れかけそうなモテルするらなくて暗くなってきたので、急いで車に戻ると・・・ 「ここの場所、モテルです」 「??? 」 「この地図、見てください。郡庁がここで・・・、あの店が・・・、で、ここです」 「 えーΣ(~∀~||;) 本当ですね・・・」 と、リダがチェックしていたモテルは、駐車場になってました! ということで・・・ 気を取り直して・・・、郡庁よりちょっと外れにあるモテルへ移動です。 霊岩市内の中で、良いモテルに泊まったのではないでしょうか (朝撮った写真です) さ!泊まる場所も無事見つかったので! 夕飯を食べに行きましょー 夕飯、2食目は!! 「梅牛」です 今回、ハヌ(韓牛)がラインナップされてなかったので、思い出したのに・・・ リダ、乗り気じゃなくてね でも、行きましたよ!ハヌ! だってだって 次、順天(スンチョン)行く時は絶対!梅牛食べるって決めてたから! でもー 順天ではもう違うもの食べます!って言われてさ シクシクしてたら・・・ ブロ友のlululuさんが食べてるじゃないの http://ameblo.jp/korealululu/entry-12013752643.html これは行くしかないでしょ! ということで、やってきたのは! 『メリョクハヌ キチャンランドゥ ミョンプンガン』さんです(梅力韓牛名品館) 時間はギリギリの8時半! なんとか食べれる様でホッ 個室に通されました。 メニューメニュー で、なんかこの時、lululuさん達が食べた料理の名前を度忘れし、 間違って思い出してしまい・・・ メニューにない!ない!騒いで・・・結局はブログの写真を見せたら、 「プルペッ(??)」ですねって言われて、一件落着 他の料理も美味しいそう なんか、箸ぶくろとかに店名入ってるとテンションあがりません? そうこうしているうちに、お鍋がきましたよー(≧▽≦) あれ?ちょっと雰囲気ちがう?? ま。美味しそうだからいっか! で、恒例の夕飯のマッコリ でも、キチャンランドゥミョンプンガンさんには、地元マッコリはなく・・・ なので、スニ(純喜だったかな?)を もちろん、一人乾杯です(*^ー^)/□☆□\(^ー^*) リダお疲れ様でした さて、お鍋ができるまで、パンチャンを んー・・・ 見ためは綺麗だけど・・・ あまり、パンチャンには力入れてない? これ、もう食べ残しだけど このサラダのドレッシングが青りんご風味で美味しかった! んで!ハヌなので、すぐに火が通ったので、イタダキマース(*^ー^)ノ ハヌが柔らかくて また、ほうれん草も美味しい 梅を食べてるから柔らかくなるとは聞いていたけど・・・本当にそうだった これ、なんだっけ? 写真に撮ってるくらいだから・・・ で、スープも美味しくってご飯に投入~ 私は食べたかった梅牛食べれて幸せо(ж>▽<)y ☆ でも、リダはあまり食べてなかったかも お店の外に出たら・・・月出山って! このときは、もう周りも全部真っ暗で よく、わからなかったけど・・・どうやら、”ランド”と書いてあるように、 レジャーランドみたいです! http://ameblo.jp/jnkorea/entry-12036477795.html そして、一旦モテルに戻って、車を置いて、 マッコリを求めて、夜の散策へ ヨンアムなのに・・・めっちゃお洒落なカフェもありましたよ(ここだけ) で、この壁の家カワイー とか、言っていたら! その先にもっと気になるものが! リダもスキなはずなのに!寄らずに帰るってどういうことー いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      7
      2
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 4-11【霊岩】タコとカルビ、そして月出山がキレイな霊岩へヾ(@^▽^@)ノ

      ヘナム(海南)を出て、北上し霊岩(ヨンアム)へ向かいます 本日の宿泊地でもあります が!ヨンアム・・・コネストで見る限りでは・・・ モテル(ホテル)がほとんどないではないですかw川・o・川w この旅行の心配事のひとつでありました・・。 しかも、町が栄えてるのか・・・寂れているのか・・・ 最近は、春の桜の頃、お祭りの記事をよく見るけど・・・ 宿泊や町の様子はよくわからず・・・ 「まあ、サーキットもあるし!レースもするだろうから!それなりにいけますよ!」 「そうですかね・・・。サーキットは*****問題ありですよ」 「えΣ(~∀~||;)」 そんな話をしながら、景色を見てると・・・ 「なんか・・・どこにでもありそうだけど・・・なんかここの風景・・・北海道に似てるかも('-'*)」 「・・・。あー・・・確かに・・・」 そして!この赤土! ね?赤土でしょ!? なんか、赤土みるの韓国ではじめてのような気がして、 「赤土ですよね?赤土って野菜美味しくなるんですよね?!」て聞いたら 赤土のこと色々教えてくれたー あ お墓。 そうこうしていると・・・”トクチョン”の文字がチラホラ見え始め・・・ 夕飯1食目の場所へ到着です(*゜▽゜ノノ゛☆ 着いたのは、ヨンアムの中にあるトクチョン(犢川)という町にある、 「タコ料理通り」です 別名、美味しいもん通りです その中にある一軒! 『トクチョンナルチミョンガ』さんです サジャンニムが美人! 外にもメニューがありましたよー。 ここでは、トクチョン(霊岩内)の名物料理、 カルナクタンを食べますよん 店内は広くもなく狭くもなくってかんじです 名刺があったので、お店の名刺かと思ったら、 通り(コリ)の名刺ですね 10分ちょっとくらいで、パンチャンがやってきました! 素朴なラインナップ でも、一つ一つちゃんと手作りされてる感じでおいしー そして、すぐにカナルタンも登場です ちなみに、”カナルタン”とは、テナガダコが入ったカルビスープの名前です カルビの”カ”とナクチの”ナ”・・・ル??? これ↑ 沈んでますが、手長タコが丸々一匹入ってます! で! 本当はこんな↓写真を撮る予定が・・・ サジャンニムが、サッサッとあっという間に切っちゃってね まあ・・・食べやすくしてくれたんだもんね 実は・・・カルビタン見たとき・・・泥水・・・ て、また思っちゃって そういえば、カルビタンて食べたことあったっけー?と考えてみたけど思い出せないので、 こういうものだと思って、一口すすってみると・・・ あら 泥水じゃないのね ←当たり前! しっかりと、牛の味はするけど、すっきりなのね 名物のナクチとカルビ サムゲタンでは食べてはいけないと言われたテチュ ナクチがプリプリで この大根が!全部吸い取ってる感じで、一番美味しかったかも でー! 分解された、頭。アタマ。 前に、インチョンでタコ鍋食べたとき、同行の方が、 タマゴがいっぱい入ってて美味しくないって言ったので、 その時はそれに従ったけど・・・うち、タマゴスキ。 なので、ちょっと後悔したし、リダもアタマ食べてるから齧ってみた! なんか、出てきたしーΣ(=°ω°=;ノ)ノ ミソ・・・味噌・・・みそ? 大人の言うことは聞いたほうがいい。(教訓) パンチャンは素朴だったけど、チョッカルが美味しかったー で、カナルタン。カナルカナル・・・カナルダナル?そんな芸能人いましたよね? てっ!そういう話じゃなくてですね、 カナルタンの誕生話。 このカルビスープ、霊岩郡犢川里で誕生したわけですが・・・ カルビとテナガダコという一見つながりのないように見えるこの料理が誕生したのは、犢川里の独特な環境が一役買っているそうです。 今は防潮堤で塞がれている犢川里の沖に美岩干潟が広がっていて、務安や新安一帯の干潟では、昔から味のよい「ポルナクチ(干潟でとれるテナガダコ)」がとれ、美岩干潟もそのひとつだったそうです。 薄黒くどんよりした色をしていますが、味が一品のポルナクチは、霊岩の人々の舌を魅了し、ついには犢川里で数十ヶ所の専門店などが集まる「テナガダコ通り」を形成するに至りました。 しかし、犢川里のお店は他とは異なり、テナガダコとカルビスープを一緒に出していたといいます。 それは、地名に「犢」の字が入っていることからもわかるように、犢川里は昔からよい牛をたくさん飼っていることで有名な村だったからだそうです。 あ!確かに! 偶然にも写真撮ってました! カワイイかったから これにネギを大きくぶつ切りにして入れると、テナガダコとカルビのにおいをなくしてくれます。これには体内の中性脂肪とコレステロールを下げる効果もあります。確かに! そのせいなのか?たくさん食べても胃もたれした感じにはならなかったです! さー!暗くならないうちに!ヨンアム市内に入らないと! 途中、しばらくつづいた「月出山」 この山が、今まで見たことないくらい、美しかったのに いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します なんかこの時、ケンカしてて・・・・ リダが写真撮らないんですかって言ってきたけど、はじめは無視してたけど やっぱり、綺麗で根負けして写真撮ってみたけど・・・時すでに遅し・・・ なんでケンカしてたんだっけ・・・ 更に、テナガダコ入りカルビスープはカルビスープに似ているが、中に入っているテナガダコが油っぽい肉汁をさっぱりとさせてくれます。

      7
      テーマ:
  • 19 Jun
    • 4-10【海南】牛項里恐竜博物館がおもしろい!ヾ(@^▽^@)ノ☆後半

      (つづき) で、こんな恐竜たちが描かれている通路を進むと・・・ お土産屋さんです これとか、カワイイかったけど、部屋にあったら・・・ すぐそばには、トリックアートの部屋もありました! と、同時に閉館時間に ざっと、駆け足で見たので1時間ちょっとでした。 遠くに見えた、このタマゴ型の建物がめっちゃ気になったけど・・・ リダが行ってもいいですよ。って言ってくれたけど・・・ 遠いのと、時間がないので・・・ コッチのほうへ 博物館の裏側のほうにも! 立体恐竜がうじゃうじゃ 裏側のほうが、たくさんいたり、知ってる恐竜がいたので、 こっちも知っていたら、こっちで遊びたかったー このエリアにいる恐竜たちです。 途中にあった遊具も恐竜だし ということで、車に戻りますー 遠回りになるけど、来た道とは違う道で! 芝桜とクモ湖がキレイでしたね! マンホールも 最後の恐竜親子! 遠くに見える博物館。 あー!満喫したー(≧▽≦) と、喜んでいたら・・・ アレ スキなものかも やっぱり これも?白亜紀のものですかね? さあ・・・ て、言われちゃったけど この感じ・・・前にどこかでみたような・・・ そうだ!扶安の彩石江(チェソッカン)に似てるかも ハマナスもキレイ 思った以上に 見所満載でした また、数年後来てみたいかも!です だって、肝心な足跡みてないしー 今回、ヘナム(海南)を調べるにあたり、こちらのブログに辿り着きました。 http://blogs.yahoo.co.jp/harumiinhaenam/folder/1275614.html?m=lc 今もヘナムに住む、はみちゃんのブログです。 他では見なかった情報がたくさんで、住んでるからこそ知ってる話や情報がたくさんあります! また、タンクッ村の情報がなかなか見つけられなかったので、教えていただいたり この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します それにしても・・・ 去年、コソン(固城)に行った時、恐竜の足跡みたいって時は、 そんな捏造ぽいところ・・・といわれて心が折れたけど・・・ 実はここに来る予定だったから、コソンは行かなかったの? てか・・・私が頼むと、速攻で否定・拒否するから、行かないものだと思ってたら・・・ 行くことになってるし!(>_<) 嬉しいけど・・・複雑ですo(TωT ) さ!次は! 楽しみにしている!霊岩でーすε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

      7
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 夏!(≧∇≦)

      うーみー(≧∇≦) いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      3
      3
      テーマ:
    • 4-10【海南】超リアル!牛項里恐竜化石地ヽ(´▽`)/

      お仲いっぱーいいY(>_<、)Y と、言いつつも、食べてしまう自分たちがコワイと言ったら 美味しいから食べれるんですって そんな、食いしん坊一人と粗食な二人が向かったのは 「牛項里恐竜化石地」です(≧▽≦) またまた、海南に戻りましたー。海南って、めっちゃ広いよね! 化石地が近づくと・・・ 外灯?のモニュメントが恐竜に リダが教えてくれなかったら見逃してたよ! これがまた、木が邪魔でなかなか撮れなくってね そうこうすると・・・ 遠くに!恐竜が!! すると、すぐに化石地に到着です! うひょー!まだ入り口なのに! 大きな恐竜が! 隣には子どももいるし! 全体案内図。 入場料。 バスの時間。 さっそく!中に入ってみます おしりがカワイイ 遠くにイロイロなものが見えて、テンションあがる まずは湿地帯の中をあるいて、博物館を目指します。 奥に見えるのはクモ湖です。 ずっと、海だと思ってた 化石地のゆるキャラ? リダが足跡ですよ。ってポロっといってくれたけど・・・ その時よくわかなんなかったけど この左側のが足跡の形ってことか! 壁画は恐竜 お!ギリギリのチューリップ! その近くにあった、恐竜の形の椅子 座り心地は悪いけど 柔らかいクッションでしたよ! 遠くに見えるのは・・・ディプロドクス? 見返り美人 キャハ(≧▽≦) 恐竜の大きさわかります? 恐竜の足跡 なんか、リダぶつぶつ言ってけど、浪漫よ!浪漫! これ!見てー(≧▽≦) めっちゃ、ジュラ紀じゃない!?( ´艸`) 反対側のエリアに行くと・・・ おしり。じゃなくて、ティラノサウルス? リダが食べられそうになってるし! そのすぐそばにはサルコスクス? けっこう、リアルだよね! すぐそばには蓮華が。 さ、さ、次はお待ちかねの!博物館です これよ これ この、壁画?が見たかったのー このチョー立体恐竜がどうなってるのかが知りたかったの 普通に壁を壊して、出てきてた! この壁の恐竜の名前です。 さっそく、牛項里海南恐竜博物館の中へ! 牛項里海南恐竜博物館は翼竜・恐竜・鳥の足跡が世界で初めて同じ地層で発見された地域として知られる牛項里恐竜化石自然史遺跡地 に位置しています。 入ると、3階くらいまでに届きそうな恐竜が! そっちも気になるけど、まずはここからだって 博物館の内部では、 恐竜の化石の模型、恐竜の歴史、実物大の恐竜の模型などを通して、 恐竜に関することが視覚的に学べ、 4D立体映像館やトリックアイ体験などができる空間も用意されています。 ということで、ざっと館内を紹介です! リダが「ここだけ、厳重に保管されているってことは、ここは本物かも」だって まあ・・・向かい側はこんなんだからね・・・ いったんロビーに出て、奥の部屋へ・・・ ここら辺の恐竜が珍しいそう。 そして、はじめのロビー展示へ。 で、こんな恐竜たちが描かれている通路を進むと・・・ 記事の途中ですが、写真が多くなってしまったので(>_<) 後半へつづきます! いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      3
      テーマ:
  • 17 Jun
    • この音は、日本酒(*´-`)

      来て良かった(T-T) あんた、若いのに呑める口なのかい。 いえ、普段は飲みませんよ ただ、この(電車の)音が、日本酒だなって(笑) あんた!上手いこというね! この前、落語家の若い連中きたけど、誰もそんな上手いこと言った人間いないよ! (笑)そうですか照 じゃあ、私、座布団1枚もらえますかね(笑) 1枚どころか、3枚はもらえるね! (笑) なんて…表現すればいいんだろ… 初めての店だけど懐かしい…そんな店… あー、バカだよ… いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      5
      テーマ:
    • 【mart】5月のハニバタ

      ワンド(莞島)で、みつけた! ハニバタアモンド すごくない ほぼ、全種類あるんじゃないかって感じ! 今回の地方旅で、ハニバタチップはどこにでも売っていたけど、 ハニバタアモンドがぜんぜんていうほどなくってね リダ、お土産お土産って買い込んでるし まあ、私が今回BIGハニバタとワサビ味も隠し持って行ったから困らなかったけどね この、パッケージは初めて見るかも~ ええ。まだ、うちらの中ではブームつづいてますけど? いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      2
      テーマ:
    • 4-9【珍島】彩り綺麗なカンジャンケジャンがウマッ(≧∇≦)でもカラッ(≧∇≦)

      観光も早足で終わって~ 次は、昼食を食べに、チンド市内に戻ります! え?さっき、アワビ食べたでしょ?って?? あれは、昼食間の昼食なんですってリダがゆって 向かうは!『クジャントフェガン』さんです 路地ばった場所にあったので、なかなか駐車できず ようやく駐車ができて、急いでお店に向かいます なぜなら時間が3時だからです お店によっては、休憩時間に入る時間ですから あ!リダ!お店ありましたよ! ・・・ よく見てください。名前違うでしょ ・・・。あ ・・・。 (あんな遠くからよく見えてんなー) 本物はコチラです↓ 「クジャント会館(フェガン)」 珍島の名物料理を調べると、 「コモンガンギエイのピリ辛和え(カンジェミ・ムチム)」の紹介があったのですが、 今回はほかで、マッコリ酢の和え物やエイ(ホンオ)を食べる予定があったので・・・ 他の名物料理を探していたら・・・こちらのお店がヒット しかもカンジャンケジャンのお店ではないですか 去年の春の地方旅で、美味しいカンジャンケジャンをたくさん食べたので、 やっぱり春にはカンジャンケジャンを食べなければ!と思ってしまって( ´艸`) そんな理由をリダには話さなかったので・・・・ブツブツ最後まで文句言われちゃったけど それでも、連れて来てくれるんだから優しい人ですよね ということで、中に入りますー メニューはこちら。 すぐに、パンチャンが運ばれて着ました つづけて、カンジャンケジャンも ふふ( ´艸`) どうですか 赤と青の彩りがキレイで、新鮮そうなカンジャンケジャン ちょっとボケてるけど、卵たっぷりなのわかりますかね? ふふー(*´Д`) ご飯が赤いのが気に入らないけど ご飯泥棒しないとね! ところで、この赤いのと青いの。 パプリカだと思ってたんですが・・・ やっぱり唐辛子? ちょっとカンジャンケジャン辛目だったんですよね 珍島のカンジャンケジャンは、珍島大橋の下の干潟からあがる自然産のイワガニで作ってるんですって! きれいな珍島の干潟で育ったイワガニは、他の地域のものより大きく身がしまっているのが特徴だそうです。塩辛くなく、量も豊富で、お腹いっぱい食べられます。 確かに!しょっぱさがないせいか、辛味がね。 あと、珍島のことで色々調べてびっくりしたのが! 珍島って、農業が主業なんですって!海に囲まれているのでてっきり漁業かと思ってました>< あと、こちらの「紅酒(ホンジュ)」 このお酒は珍島のお酒で、全羅南道無形文化財第26号に登録されている地酒です 説明におると・・・ 愛酒家たちから愛されている珍島紅酒はこれまで密造酒の立場から脱することができないながらも地酒として弛まぬことなく命脈を維持して来た。40度以上で赤い色は珍しく、味も良く後味がすっきりとしている。 また、チ草は珍島の一般家庭でも常備しており、食もたれ時や肌疾患の時に食べたり患部に塗って治療する薬草である。 このチ草が今は主に紅酒を作るのに使われるため、貴重価値の高いものとなっている。 しかし外地のチ草がいくら太く長くても紅酒を一度作るとその次は全く色素が現われないのに比べて、珍島チ草は根が小さくとも3回まで使用が可能だ。 しかし未だなぜ珍島産がそれ程特別かは判明されていない。 現在珍島では20人余りが家庭で紅酒を作っており、94年12月に地酒としての指定を受けた。 ふふ。 もちろん買いましたよo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪ まだ、飲んでいないので飲んだらまた感想をアップしたいと思います いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します 道すがりに捨てられていたマッコリ(使用済み)

      2
      テーマ:
  • 16 Jun
    • 4-8【珍島】一幅の風景を雲林山房でみる~(*´-`)

      雲林山房(ウルリムサンバン)に行きます。 双渓寺(サンゲサ)をいったん外に出て、さらに外の道を歩いて、雲林山房で入場料を払います。 中に入るとすぐに「南道伝統美術館」があります。 そして、プチ古墳 おー なんだか、雰囲気がヨサゲでは~ そして、さらに奥に進むと・・・雲林山房(ウルリムサンバン)です 雲林山房(ウルリムサンバン) 尖察山(チョムチャルサン)の麓、双渓寺の南に位置している全羅南道記念物第51号の雲林山房(ウルリムサンバン)は、朝鮮後期の有名な画家、許維(1809-1892)が1856年に学者であり書画家だった師匠の金正喜(1786-1856)がこの世を去った後、帰郷して晩年をすごした場所です。 雲林山房という名前は、尖察山に連なる峰の中の深い山間に、早朝と夕方に立ち込める霧が、まるで雲の林のように見えることから付けられました。 許維の「夢宴録」によると、この地には様々な花木が根を下ろしていたという記録が残っています。 後裔たちが珍島を去った後、長い間放置されていたところを1982年に孫の許?(1907-1987)の手によって現在の姿に復元されました。 そして、こちらの場所、見覚えのある方もいらっしゃるのでは?? 映画「スキャンダル」の中で、3人の主人公が舟遊びをする場面が撮影された場所ですって! 記憶になーい 雲林山房の近くまでいって見ました。 中には、狛犬・・・ではなくて・・・ヘチでしたっけ? 二匹いて、さきほどの沼ではなく・・・池のほうを向いています。 で、池のほうを見てみると・・・ 居ました!オットセイ!ではなくヘチが! 雲林山房の紹介分の中に、”尖察山をまるで屏風のように背景に美しく映し出している。” と書かれていたものがありましたが、 まさにそのとおりで!後ろの尖察山が一幅の屏風のようだなって話したのを思い出しました 見るところはそんなに多くない場所でしたが、 お天気がいい日には、ゆっくりと雲林山房と尖察山を眺めながら過ごす時間も、 悪くないなって思った場所でした。 いつもありがとうございます ポチっとご協力お願い致します

      5
      2
      テーマ:

プロフィール

ハヌル

自己紹介:
書きなぐり日記です(≧∇≦) 韓国好き 韓国地方巡りにハマってます 韓国料理の食べ歩きや世...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
64754 位
総合月間
30055 位
食べ歩き
733 位
海外情報
376 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。