ネコに学ぶ21世紀を生き抜く法

ネコをモデリングして

幸せに21世紀を生き抜く方法を学びましょう


テーマ:

テムジンはいつまでも階段を登らなかった。

階段の存在さえ気がつかなかった。

その後階段があることは分かったのだが、

自分が歩くものだとは思っていなかったらしい。


いつ登るだろう?

というわけで息子と賭けをした。

○○まで。

○○以降。

これは私の勝ち。

信じられないくらい長い事階段が登れなかった。


ある日息子が外出から帰ってくると

二階でネコが走り回っている音がした。

上がってみるとジョリと追いかけっこをして

走り回っているテムジンを発見。

これで一つ難関は突破。


さて、今日の夕食時。

テムジンはまだ柱が登れない。

柱の下のほうには荒縄が撒いてあって爪とぎになっている。

そこを何度も登るのだけれどその上の棚まで行き着かない。

何ヶ月も登ってはそこで降りるという事を繰り返していた。


それが今日はいきなり棚に手をかけて登った。

やっと登れた!

それからは同じ要領でその上の棚、またその上の棚と登り

とうとうキャットウオークまでたどり着いた。


と、思ったらTVのうえへ飛び降りて、

下まで降りてきた。

それからが面白い。


テムジンも楽しかったに違いない。

うれしかったに違いない。

なぜなら、降りてきてはまた縄をよじ登り、

棚を次々に登って行く。

キャットウオークへ行ってはまた降りて来る。

何度も何度も繰り返すその顔が真剣だが満足そうだ。


そういえばハンタに新しいトイレを買ってやった時、

ハンタはうれしくって5分も待たずに何度もトイレに入ったっけ。

新しい爪とぎを買ってやった時も喜んで

何度も何度も爪とぎに爪をとぎに行ったっけ。


男の子ってうれしさをこんな風に表現するのかな~?

女の子もするのかな~?

こんな時飼い主は「あ~猫棚を作ってやって良かったな~」

とか「爪とぎを新しくしてやってよかったな~」なんて思うのだ。

これを飼い主冥利に尽きるというのだろうな。




AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ねこはどうした!

ねこがちっとも出てこないじゃないか!


まあ、たまには違う話題でも良いじゃないか。

だってモンゴルが面白くてすっかりはまってしまったのだもの。

良く昔から聞いていた。

あそこは本当にいいよ。今度一緒に行こうね~。

何度そんな言葉を聞いていたことか。


しかし私ははまらないと思っていた。

第一毎日羊の肉なんか続けて食べられないよ。

ゲルにはトイレが無いんだって!外でするんだって!

こんなことを何度も聞かされていたので

半分恐れてもいた。


しかし毎日食べても羊は身体に優しいし、

それほど田舎へ行かなかったので

トイレにも困らなかったし。

何よりもモンゴルに流れる人々の心・・・なんて言うのかな~?

互いを責め合わない。

規則規則と互いを縛りあわない。

大きな心で先ず人を受け入れる。

この辺は私の感覚だけれど、当たっていると思う。


モンゴルはこれからの国です。

どんどん発展して行く事でしょう

しかし先進国の様に汚れない様にと願っています。

勿論街も、人々の心もです。

埃が立っていたってそれは冬の寒さを思えば仕方のない事。

舗装をしても一冬終ると舗装がすっかりダメになるそうです。

そんなことは一向に構わない。

しかし化学物質で汚染されるのは嫌です。

あの超自然の街が現代的に汚されるのはいかにももったいない。

一度汚染されてしまったら元に戻るのは大変ですからね。


モンゴルの人に感想を聞かれました。

上記の感想を述べました。

「それが私達のこれからの課題です」と言っていました。


近いのに何も知らなかった国、モンゴル。

こんな風にご縁が出来た事を感謝しなくっちゃ。

この歳になって、全く新しいことを知ったことがうれしいです。


ところで町の中を車で走っていたら

新しい大きなビルの3,4階の窓が滅茶苦茶に割れていました。

どうやったらあんな所のガラスを割る事が出来るのだろう?

何故あんなに新しいビルの窓を割ってしまったのだろう?


「あ、あれはこの前の暴動の時のものです」だって。


しかし全体には穏やかな平和な国と見ました。
















AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日はモンゴルに初金メダルが出ましたね~。

史上初だそうです。

我が家のモンゴル人留学生が

「お母さん金メダルです!TV見ましょう!」

と言って転寝をしている私のところへ興奮して言ってきました。


8月6日モンゴルを立つ日のエアポート。

行列をしている一般人の横を

フリーパスで中へ入ってゆく一行を目にしました。

白い帽子に白い服。

この一団は何かな?

もしやオリンピックでは・・・


同行のA子さんが

早速その一行に話しかけていました。

「ねえねえ、あの人たちオリンピックの選手ですって!」

片言の英語で話したそうです。

「私の話した人は柔道ですって」

彼女は女性の柔道選手と話をしたそうです。


その後A子さんはその柔道選手に

「がんばって~」と日本語で声援を送り、

その柔道選手は手を大きく振って中へ入ってゆきました。

積極的なA子さんに脱帽。


きっとあの選手団の中には昨日金メダルを取った

ナイダン選手もいたんだろうなぁ。

きっと目立たない人だったんだ。

大きくて凄く目立った選手の影で

地味にしていたのだろうな。


それにしても日本のメディアは

日本人以外の外国人選手には目もくれない。

せめてオリンピック史上初のモンゴル人金メダリストくらい

表彰式の様子を流してくれれば良いのに。

モンゴル国歌がどんなメロディなのか

聞かせてくれれば良いのに。

ナイダン選手の受賞の様子を流してくれれば良いのに。

今朝の新聞にさえたった一度名前が出ているだけだ。


鈴木選手だって

あんなに打ちひしがれた顔を日本中に何度も何度も

流されたくなかったに違いない。


とにかくモンゴルの皆さん!金メダルおめでとう!






AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。