ネコに学ぶ21世紀を生き抜く法

ネコをモデリングして

幸せに21世紀を生き抜く方法を学びましょう


テーマ:

ハンタちゃん、


今日お姉さんから電話が有ったの。

お姉さん君の夢を見たんだって。

夢の中でハンタちゃんは「お母さんが来るのを待ってるんだ」って、言っていたって。


君がそちらの世界へ行ってしまって、もう3年も経ったんだね。

あのハリコのようなかわいい仕草、

いつもお母さんのセーターの中で寝ていたハンタちゃん。

おっとりのハンタちゃんがサーキットが始まると

猫が変わったように素早く車をキャッチしたね。


そういえば、12年前の今日は君が我が家へ来た日だ!

お姉さんの夢に出てきたのは偶然ではなかったのかな?

あの時お母さんは

君を一目見て、すっかりメロメロになってしまったっけ。

あの可愛さは、どんな立派な血統書付きだって敵わなかったね。

世の中にこんなに可愛いものがあるのだろうか?と思った。

この子がいれば何も要らないと思った。


思ったとおり、ハンタちゃんは本当に良い子だった。

何時も「マ~マ」という感じでお母さんにそっと寄り添ってくれたね。


ハンタちゃんとの日々は本当に幸せだった。

どんな時もハンタちゃんは腕枕で寝てくれたし、

何時もお母さんの膝にいた。

食事の時は隣に座って、チョイトをしていたっけ。


ハンタちゃん、今でも君は宝物。

どんな時も忘れたりしないよ。

お母さんの力になってくれて本当にありがとう。

君がいてくれて、本当に良かった。


いつ又会えるのかな?

ハンタちゃんがそちらの世界で待っているなら

こちらから行かないといけないね。


きっと行くから、待っていてね。

お花が一杯咲く野原で、一緒に遊ぼうね。








今もハンタは宝物人気blogランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どんなに有名な音楽家が奏でる音だって、

ねこの鳴き声には敵わない。


シッポネンが「にゃ~ん、にゃんにゃん」と鳴いてくれれば

そのイントネーションに思わず笑ってしまうけれど、

深刻な顔をしてピアノを弾くおじさんなんて、

笑いも感動も滅多に感じさせてはくれない。


普段滅多に鳴かない主任が

か細い声で、誰もいないところでそっと私に話しかけてくれれば

ありがたくて、返事をせずにはいられない。


悪戯をして怒られた時の

ジョリの「ごめんなさ~い」だって天下一品だ。


ねこの鳴き声は本当に彼ら、彼女らの心を

ただの一言で我々に伝えてくれる優れものだ。

一言「ニャ~ン」というだけ。

そのイントネーションで思いの丈を人間に伝える。


ちなみにねこは人間に対してだけ(まあ犬に対してという時も有るけれど)

ニャ~ンと鳴く。

うるさいほど鳴くけれど、それは人間とのコミュニケーションの時だけ。

ねこ同士は鳴き声さえ必要ないのだ。

どんなにねこがテレパシーを送ったって、受け手である人間は

鈍化してしまっているから、

ねこは鳴いて話しかけなければならないのだ。


甘えて鳴く時、

食事の催促、

遊んで欲しい時・・・その辺は序の口だ。


人間の行動に不満があるとき、

今日何があったか、

今はどんな気分でいるのか、居たいのか、

どんなことでも「ニャ~」の一言で表現してしまう。


その一言が人間に伝わり、

人間はその一言に動かされてしまう。

嫌とはいえなくなってしまうのだ。

「へ~へ~、あなた様のよろしいように・・・」等と

膝を提供してしまったり、布団を取られてしまったり。


一体ねこはどうしてこんなに人間をこき使うのが

上手いのだろう?

「ニャ~」の一言で人間をメロメロにさせるなんて

そんな業を、神様は何故ねこに授けたのだろう?にゃー





人気blogランキングへ





AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

誰が教えたのだか(って、決まってるじゃないか。シュシュだよ)

ジョリが流しのゴミを取り出して、

どこかへもって行こうとしていた。


こら!ジョリっ!

相変わらずジョリは怒られっぱなしだ。


それにしても生ゴミを持ち出すなんて。

これは絶対にシュシュに教わった技だ。

シッポネンはそんなことしないからね。

ジョリだって今までは知らなかった筈だ。


猫って本当にモデリングが上手い。

楽しそうな事。

美味しそうな事。

してはいけないと言われていること。

これら全てを、年長猫から教わる。


するとやって見ずにいられなくなるのが猫だ。

何でも試してみる。

もちろん怒られる事だって修行の一つだと思っている。

だから怒られてみるのだ。


どの程度、いけない事かを

悪さをしてみて計っている。

本当に怒られることなら、人目を避けてやってみる。

たいして怒られないことなら堂々とやってみる。

要するに、いけない事はとにかくしてみる。

せずにいられない。それが猫だ。


そんな猫に翻弄されるのが人間だ。

で、それを喜んでいる。人間ってアホだね。

特に猫好きはね。






どんなに悪戯でも猫ってかわい~い人気blogランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

「もう年だから、猫は飼わないの」

「私が死んだらこの子はどうなるの?それを思うととても飼えない」


自分が死んだ後、飼い猫や飼い犬が路頭に迷うと思うと

とてももう動物は飼えない・・・・

そういう人が私の周りにたくさんいます。


一度猫や犬を飼った事のある人なら、

彼らとの生活がどんなに素晴らしいものかを

身をもって感じています。

なのに、もう自分は年だから犬や猫は飼えないといって

寂しく暮らすなんて。


子供が独立してしまって、老夫婦二人だけの生活。

あるいは連れ合いに先立たれ、一人きりの暮らし。

そんな時猫がいたらどんなに生活に張りが出来るでしょう。

年を取れば取るほど、人間には動物が必要なのです。

なのにいざ必要という年になると皆、飼う事を諦めるのです。


これは単に老後の問題ではありませんね。

現代は一人暮らしの若い女性が猫を飼っていることなんて

ざらに有ります。

そんな女性だって、常に自分がいなくなったらこの子はどうなるの?

という心配は付いて廻るでしょう。

猫との関係がよければ、より自分がいなくなったらこの子は・・・という

心配は付きまといます。


そこで考えてみました。

猫のホスピス

飼い主に先立たれた猫が安心して暮らせる心地よい場所。

それが猫のホスピスです。


これって単なる理想かな~?

どんな形にしてゆけば成り立ってゆくか、

それにはどんな人々が必要か、

場所はどうする?

お医者さんも必要かも知れない。

基金を作ったらどうだろう?等々。

一緒に考えませんか?

夢に一歩近づくように、皆さんのご意見を聞かせてください。


それが今回の猫の会のテーマです。

        ↓

第六回猫の会です。
今回のテーマは、今年の新年会に話題になった
「猫のホスピス」について。
実現は先のことかも知れませんが、
もう一度みんなで話合いたいと思います。
様々なご意見をお聞かせください。
基金の事や医療の事、猫好きな弁護士さんを
ご紹介くださる方はいらっしゃいませんか?
男性の参加大歓迎。
ビジネスの観点からご意見を
聞かせてください。

場所:今小路クラブ
   (鎌倉駅裏駅から紀伊国屋の信号を右折。徒歩5分。ショップ「朋」の奥
日時:10月27日(土)13:00より
会費:¥1,000



人間も猫も幸せになる猫のホスピス人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

女の子って、男の子ほど甘えない。

それよりも自分が大事みたい。


男の子はただ人恋しい。

何時も人間にくっついて居たがるし、

人間に対しても友好的だ。

というより、心底人間を親だと思っている。


三毛だって実際には人間を親だとは思っているのだけれど、

べたつかない。

時々思い出したように挨拶に来る。

これって人間と同じかも知れない。


小さい時、息子は素直に親に甘えていた。

しかし娘はそうではなかった。

何時も自分の世界にいて、

時々親の存在を思い出したように甘えてきた。


う~~ん、

猫も人間もやはり同じか。


雄猫も雌猫もどちらもかわいいけれど、

やっぱり3三毛だけってちょっと寂しい。

どこかにきっと私を必要としている雄猫がいるはずだ。

その子はいつ来るのだろう?

私の準備は既に整っているのに。

ネコ早くおいで!人気blogランキングへ ネコ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。