ネコに学ぶ21世紀を生き抜く法

ネコをモデリングして

幸せに21世紀を生き抜く方法を学びましょう


テーマ:

ちょうど10年前の今日、シッポネンが我が家へ来ました。

その日のお昼、

アルバイトの休憩時間に我が家へ帰ってきた息子が

「蕎麦屋の前に誰かが猫を捨てて行ったらしい。

車がひっきりなしに通る場所で、危ないからつれてきていい?」

と、言うのです。


その頃私はえび代が来て、ハンタが来て、

また増えるなどとは、とても考えられない事だったので、

「うそ!また?ダメ」

こんな風に言ったと思います。

でもその子は、息子と一緒に我が家へ来ました。


「ほっといてごらん。家に帰るかも知れない」

そんな冷たいことを言いました。

(息子はいまだに恨んでいる。いまだにシッポに言いつけている)


シッポネンはやはり三毛らしく、色々やってくれました。

空いている戸棚という戸棚は全て入ってみる。

引き出しも入ってみる。

とにかく入れるところは全て入ってみる子でした。

三毛の好奇心はホント侮れません。


今では「こんなにおとなしい三毛は珍しい」と言われるほど

悪戯も終わり、ジョリの面倒を見る本当に優しい女性になりました。


誰の名前を呼んだって、一番に返事をする代返のプロだし

(猫のみならず、息子を呼んでも、娘を呼んでもシッポが答える)

ジョリとはいまだに牛乳を取り合い、その食欲は若者の様です。


シッポネンの大きな仕事はジョリの面倒と朝の目覚まし時計役。

きっとシッポがいなかったら私寝坊しているだろうな。

目が覚めると、あの体重で、ど~んと私の上にいる。

その上春先の入院の後遺症で

私の顔の真上で「ブシュ!」っとくしゃみをする。

寝ていられませんね~。


飛び起きてティッシュで取りあえず顔を拭く。

あ~また今日もシッポに起こされた。


シッポ10年前の今日、私冷たかったかもね。

ごめんね。

シッポがいてくれて本当に良かった。

あなたほどおしゃべりな猫は見たこと無いけど、

おしゃべりしてくれるってホント嬉しいし、安心。

シッポが元気な証拠だものね。


シッポの猫生ちょうど半分来た所かな。

後10年は元気に、私を起こしてね。

え?あと10年?

私とシッポとどっちが元気でいられるだろう?




シッポの記念日ランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

秋の気配が押し寄せてきて、

猫さんたちにも過ごしやすい季節になってきました。


こうなると夜の寝場所が大きな問題になってきます。

誰と寝る。

どこに寝る。


「ジョリは俺の部屋で寝かせる」そういっていた息子の

思惑通り、ジョリはやはりシッポにくっついて、

息子の部屋で寝ているようです。


シュシュは相変わらず私が部屋へ連れて行きます。

私にとって一番の猫でいたいといっていたミシェも

気持ちを汲んで、できる限り私の部屋へつれて行くようにしました。


シュシュとミシェと私。

ジョリとシッポと息子。

平和な分布図が出来上がりました。


ところが朝目覚めると、胸の上にシッポが乗っている。

次に目覚めると、シッポの代わりにジョリが乗っている。


おいおい、お兄さんはどうしたの?

行っておやりよ。

可哀相だよ。


でも猫だって、お兄さんの所へ行くわけには行かない。

何故なら、私しか朝ごはんをくれる人間はいないから。

お兄さんは絶対に起きないから。


猫同士で決めた事らしいが、

何故か私の起こし役はシッポと決まっている。

だから毎朝シッポは私の胸の上に乗り、

部屋中を大声で鳴いて回る。

シッポのすることは全てまねしてみるジョリね~は、

同じように私の胸に乗って見る。


ま、いいか。

一緒に寝てくれる猫がいて、

猫にとっては安心できるベッドがあって

これでこの家は平和を保っているのだから。




にゃー人気blogランキングへ にゃー
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

生まれて初めて飼った猫はマー助

ある日曜日に玄関前に捨てられていた。

その日まで、猫の事なんて考えたこともなかった


マー助は真っ白な猫で、

所どころに茶色の斑点があった。

おっとりした、どちらかと言うと私にしか、なつかない子だった。


子供だったは気分の悪い日は、

マー助にあたった

親にしかられたり、理解されないときはマー助につらくした

友達と喧嘩をしたときもマー助にあたった

マー助は頭を引っ込めて、それでも私の傍にいた。


嬉しいことがあれば一番にマー助に話す。

嬉しいときも、悲しいときも一番にマー助に話した

マー助はどんなときも私の一番の慰め役だった

一番の理解者だった


ある日娘がミシェに言っていた

「ミシェはいつも私の事見ててくれたんだよね」

娘とミシェの強い絆を理解した。

そして私はマー助のことを思い出したのだ。


そうか~。

娘も私と同じように猫に慰められ、猫に理解してもらってたんだ。


マー助、いまさらこんなこと言うのもなんだけど、

本当にごめんね

わがままな私は自分の気分で君を怒ったり、

抱きしめたり、随分勝手をしたものだ


それにもめげず、いつも私の傍にいてくれて本当にありがとう。

マー助は天国で「時効だよ」とでも言っているだろうか?


あまりにも長い年月の後の反省だから、

もう君には届かないかも知れないけれど、

私その分を他の猫さんを幸せにすることに使うね。

これからは一匹でも多くの猫さんのために

出来るだけのことをしてゆきます。


これがマー助への侘び状と感謝状です。






人気blogランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

テーマ:

みてみて!

シュシュとジョリね~がこんなに近くに座ってます。

シュシュの顔を見てやってください。

そんなに嫌そうではないでしょ。

それに怒ってすぐに立ち上がるわけでもなし。


一緒に寝る日もそう遠くないと見ましたよ。

マーフィーも言っているじゃないですか。

思考は現実化するって。

あれ?ナポレオン・ヒルだっけ。


いずれにしても

この状況は歓迎すべき状況です。


シュシュは

あれほど毛嫌いしていたジョリとおもちゃを取り合う様になりました。

きっと仲良し美人姉妹になる日も近いでしょう。


     みてみて!





人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月13日 第一回「ねこと話そう、猫を話そう会」が鎌倉で催されました。

当日のキャンセルが何人か出たのですが、

何とか当初の予定人数に近い参加者が集まり、ホッとしました。


会はこんな感じで進行しました。


☆開会の挨拶。

 なぜ今「ねこと話そう、猫を話そう」を、はじめたか。

 幼い頃から人生の大半をねこと暮らしてきた私はネコから本当に

 たくさんのことを教わりました。たくさんの喜びももらいました。

 これからはそのお返しをしたいと思ったのです。

 ねこの幸せのために出来るだけのことをしようと思っています。

 そんなことをお話しました。


☆軽く体操指導・ねこねこ。さん)

 初対面の皆が緊張をほぐすため、リラックス体操をしました。


☆出席者自己紹介・猫紹介・猫とのつながり(ねこ暦・頭数等)

 なんと出席者の一人は8匹の子のお母さん。他も4匹飼っている人が3人。

 2匹飼っているといったねこねこ。さんは肩身が狭そうだった。


☆Good & New

 ねことの楽しい暮らし、一番よい事を話してもらいました。


**************** 休憩  ******************

隠れ鎌倉銘菓を味わいながらもねこ談義は延々と続きます。


☆ねこの健康・安全について

 江戸時代にねずみを取るためにそれまで家の中で飼っていた猫を

 外へ出すようにおふれが出たとか・・・

 この時代ねこを外へ出すのは段々危険になってくる。

 元来が宝物として飼われていた猫は家の中にいるのが、

 自然な形かも知れない。と言う話題が出ました。


 食事では新谷弘実先生の本をテーマに狂牛病の話などから、

 ねこの食事を考えるところまで話題は広がりました。


☆今回は時間が取れずに紹介だけで終りましたが、

 カウンセラーのねこねこ。さんのペット・ロスに関するチラシを

 皆さんにお渡ししました。


☆まとめ

 記念すべき第一回ですので、出席者の方々に、ねこ絵葉書を

 プレゼントしました。

 もうひとつのプレゼントは無料ねこ相談の受付です。

 何時でも自由に電話かメールでねこさんのことについて

 ご相談くださいと、言いました。


第一回猫と話そう



☆アンケートより


【この会で得られたことはなんですか?】


♪普段あまり自分のねこのことを皆に聞いてもらう機会はないので、

 ストレス発散した。(ユリコさん)


♪楽しい仲間が出来ました(ねこねこ。さん)


♪初めてお会いする方たちと、、色々なお話が出来て

 本当に楽しかった。(pakeさん)


♪予防注射をしなくてもよい(と言う話を聞いて良かった)。(YaYoiさん)


【ねこのなにが知りたいですか?】


♪本当の心のおもい(pakeさん)


♪ご飯のレシピ(YaYoiさん)


♪ねこが半身不随になってしまったので、

 できる限りのことをしてあげたい。

 どんな治療法があるか知りたい。(ユリコさん)


♪とにかくねこの事を何でも話せたらいいです。

 色々な情報を得たいです(ねこねこ。さん)


終了後、近くの喫茶店で懇親会をしました。

喫茶店のオーナーに「皆さん本当に楽しそうでうらやましい」

と、言われました。


「ねこと話そう、猫を話そう会」まだまだ続きます。

次回は皆さんも出席してくださいね~。




にゃーねこの幸せのために人気blogランキングへ にゃー
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。