薬剤師の『まなびコミュ』

薬剤師である筆者が、日々くり返し考えていることや、読書の記録等を綴り、つながり・創造・学び・コミュニティ or コミュニケーション(=まなびコミュ)を創っていきます。


テーマ:
<ポートフォリオとPBLで成長し続ける薬剤師になろう!>
※PBL(Project Based Learning); 課題解決型学習

この2年近く、沢山の人々と意見交換をしてきたテーマです。

結論として、まずはビジョンとゴールという目標設定が大事であろうということでした。
しかしながら、そのビジョンゴールを設定すること自体のハードルが高いと感じている人がほどんどではないでしょうか。

ビジョンとは何か、ゴールとは何か・・・定義に拘り過ぎたこともありました。
発想ができない、アイディアが浮かばない・・・発想法・構想法を一生懸命勉強した時期もありました。堂々巡りで結論が見えず、誰もが活用するには困難であり、一部の優秀な人達だけのものなのかもしれないと諦めかけていました。

ところが先日、とりあえず溜め込んできた「ポートフォリオ(やったこと、調べてみつけたことのファイリング)」から逆にゴールとビジョンが定まっていく(精度が高まっていく)というフィードバック型のようなやり方もあるのではないか、という気付きがあったのです。
少し誤解を恐れずにいうと、ビジョンとゴールは「仮」で構わないかもしれない。修正可能な余地を残しておく、と言い換えてもよいかもしれない、というものです。
とにかく、仮で作ったビジョンとゴールであっても、躊躇せず「ポートフォリオ」を作成することも大切であると気付いたのです。

その過程で作成したのが「ポートフォリオ軌跡シート」でした。
まず、ファイリングしたものを「目次」化していきます。
そして、俯瞰して、あらためて何を思って(感じて)その資料をファイリングしたのか、もう一度想像してみるのです。

結果は、極当たり前のことですが、見えてきたのは
(1)自分のなりたい姿を描く
(2)手本とする人を探す
(3)周辺の異業種、全くはなれた異業種の事例を探す
(4)自分の所属する組織の課題、外部からの期待を知る
(5)販売されている教科書、トレーニング手法を調べる
など、一旦、徹底的に書き出すことなのですね。
どこまで理解しているか、知っているかを「見える化」することでした。

そして、何より発想法(KJ法など)と違うのは、単なる思いつきではないというところがポイントです。
実行したこと、調べたことなので地に足がついているところが重要だということです。

この「ポートフォリオ軌跡シート」の作成を通じて、興味関心の方向性がハッキリとして、さらに挑戦して成長したいという意欲も増してくるものと確信しています。

〈参考〉
●誌名 薬剤師のための月刊情報誌『PharmaTribune(ファーマトリビューン)』
●筆者 鈴木敏恵 シンクタンク未来教育ビジョン 代表
●連載期間 2012年11月~2013年5月
●連載テーマ
<ポートフォリオとPBLで成長し続ける薬剤師になろう!>
 第1回 ポートフォリオの基本と活かし方
 第2回 薬剤師のビジョン・ゴールの描き方とコーチング
 第3回 キャリアポートフォリオで切り札を持つ薬局へ
 第4回 実習ポートフォリオで学生が意欲的になる!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は、薬学生・薬剤師向けワークショップ「未来教育ライブ」の『事務局』になってしまったワケについて綴ってみます。

「未来教育ライブ」の講師、鈴木敏恵先生をはじめて知ったのは、この本でした。

自分が好きになる 自信がわく 願いがかなう 夢ファイル
鈴木 敏恵

¥1,260
Amazon.co.jp

話は、2008年にまで遡ります。
当時、社内のセミナーの講師を依頼していたMBA講師から
「ワークショップで看護師を感動させる一級建築士」の新刊ということで推薦され即購入。
内容は軽いオシャレなタッチで、目標設定~目標管理を20~30代の女性向けに書き下ろした126ページもの。
鈴木先生に興味を持ち、よく調べてみると・・・
医師の臨床研修(実習)、看護師の目標管理等のプログラムを実践されているとのことビックリマーク

目標管理はポートフォリオで成功する
看護管理・学校運営のためのモチベーションマネジメント
鈴木 敏恵

¥3,150
Amazon.co.jp

いつしか薬剤師向けのプログラムに先生をお呼びして、関わりたいと妄想したのでしたにひひ

時は過ぎ、2011年8月、ある病院薬剤師さんのブログを見ていて、参加できなくて残念だと思っていた鈴木先生の「未来教育プロジェクト全国大会」の記事にビックリ目
私より先に「未来教育プロジェクト」に関わっている薬剤師がいて、既に、研修プログラムを自ら組んでいることに驚愕叫び
即、コメントをしました。(焦って2回も送信してしまいました)べーっだ!

▶病院薬剤師のラーニングジャーナル

そんなご縁で、今回、薬学生・薬剤師向けのプログラムに本気で乗り出した、鈴木敏恵先生のフォローをできる範囲で、やって行くことが必然であると考え事務局に名乗り出ましたパー

次回は、未来教育ライブのねらいや事務局としての思いを綴ります (^o^)/

▶未来教育ライブ: 薬学生・薬剤師に「課題解決力」が身につくポートフォリオ 〈基本と手法〉
▶日時:2012年2月7日 18:00~20:00
▶場所:明治大学紫紺館 千代田区神田小川町3-22-14
▶地図:http://g.co/maps/yubtd
▶申し込み期限:2月5日 10:00
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
kanchiです、関東も蒸し暑い日が続いています。

今回は、自分の会社の他部署の仲間と朝のカフェを活用してスタートした「朝勉強会」の続報ですグッド!
ブログ:自社内で「朝勉強会」を始めました!

この朝勉強会は、出勤前の90分を会社ビル内にあるカフェ活用したものでしたが、サマータイム制を導入するにあたり、しばらくの間は、朝活→夕活とし夕方のカフェで実施することにしました。
名前も「朝活!時々 夕活!で『まなびコミュ』」と独断と偏見によりに改名しましたにひひ

現在、参加者及び登録者は私を含め、20代~40代で♂5名と女7名の12名となっています音譜
前回の5人→12人です。

今回の第6回の要旨は以下の通りです。

第6回
テーマ(1)アメリカ流通視察セミナーの報告
 ・企業も成長の肝は少数精鋭の人材教育
 ・消費者本位の品揃えが、ビジネスの生き残りを決定づける
 ・能力に応じた権限が委譲される
 ・持続可能な環境保護政策で最も成功を収めている企業は、ウォルマート、Amazon
 ・今後、ファッション業界で一番になるであろう会社は・・・Amazon目
 ・モバイル活用では、3Dから4Dへ目

テーマ(2)ビジネスマンのIT活用
 (グーグルのサービスどこまで使いこなしていますか?)
 ・Gmail:ウェブメール
 ・iGoogle:ホームページのカスタマイズ
 ・ドキュメント:オンラインで文書作成し、仲間との共有
 ・Picasa:写真や画像を整理、編集、共有 など

日常から離れた視点、IT化の波について意見交換が活発になり、30分延長してしまいましたあせる
アメリカ流通視察セミナーの裏話ですが、視察団24名で1名しかiPadをもっておらず、ファンション工科大学の教員から「流通業で働いていて、iPadを使っていない割合がこんなに高くて大丈夫か?」と心配されたとのことで、今回のスピーカーの方は、数日前に購入したものを持って来ておられましたニコニコ

次回、もっと仲間が増え、ブラッシュアップした内容がお伝えできるよう、精進いたします。
また、人数が増えてくると、日程調整や運営が難しくなってきました。
フェイスブックの有効活用を検討中です。
ご助言頂ける方お待ちしています音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。