忍性菩薩御生誕800年記念特設サイト
http://ryokan.ninsho.org/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月04日

もう少し

テーマ:ブログ

おはようございます。

今日はいつもより早起きして時間が出来たので、朝一更新です。

さてさて、師走の12月に入りました。

着々と予定をこなしていこうと思うわけですが、まずはまほろば館です。

そして、次は奈良マラソンです。昨日は30キロ走りました。さすがに今日は足はボロボロです。

般若寺からだと天理市役所を少し越えたあたりで約15キロです。色々寄り道というか、回り道をしていきましたけどね。往復30キロ。

まぁ携帯で計測してるだけだから、正確ではないですがそんなもんです(もっとあった様な気がするけど)

走った感想は、マラソンの途中に膝の痛みが出なければ、結構なペースで走れます。

ですが、昔から膝は爆弾持ちなので、まぁ恐らく痛くなるでしょうね。痛くなると歩かんと進めません。

まぁそのへんは本番次第、運次第といった所でしょうか。

 

マラソンを走って分かった事は、42.195キロも走れば、次の日は動けない程の大ダメージが体にかかります。それだけは避けたい!

 

マラソンまで、あと、少し。

体休めよ。

 

 

 

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年11月27日

奈良墨@喜寿園

テーマ:ブログ

昨日、花の寺総会でお世話になる喜寿園さんに下見兼お話を聞かせて頂きに行ってきました。

実は喜寿園の若さんは中学校の後輩にあたり、飲み友達でもあるのです。

いつもの感じとは少し違い、墨や硯のお話を聞かせてもらいました。

 

 

 

なかなか深いもので、墨や硯は中国の古い時代から始まり、今現在も使用しているものです。

また古文書なんかには墨で書いた字は1000年から残っていますよね。

今は紙や物など、ペンなどを使って簡単に文字を書く事が出来ますが、昔はよっぽどの事がないと紙も使えませんし、墨の使えません。

だから、高貴な物であったんですね。

 

時代と共に、硯の形が変わっていき使い勝手や、見栄え、ある意味アーティスティクなものに変わってくるわけです。

 

しかし、喜寿園の若さん曰く「硯は採掘してそのままの形を使用してほしい」という事でした。

石本来が持つ、形、色、紋様、を感じてほしいという事でした。変にアレンジしたり、形を変えると良さが無くなってしまう恐れがあるからです。

 

今まで自分は、単にゴリゴリと黒を濃くする為一生懸命に擦っていましたが、それも良くないみたい。硯を撫でるようにしてするのが一番良いみたいです。

 

ふむふむ。

 

なんだかそんな話を聞いて、一番身近にありながら、一番理解できなかった事に気付きました。

 

墨、硯というものは100年先、1000年先にも残っていくようなものです。

使い方さえ理解して利用していれば、重要文化財にだってなり得るかもしれません。

 

物は大事にしていけば長く使えるという事ですね。安物買いより、良い物を長く使用するという事は大事な事です。

 

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月26日

高野山へ行く

テーマ:ブログ

忙しい事は良い事。

しかし、寺の雑務をする時間もあまりなく、暇さえあれば12月のまほろば館の準備をしています。

前回行ったのは6年前です。あれから何が変わったという事は無く、何と無く成長した自分がいるのかいないのか・・・。

 

まぁ心に少し余裕が出来た様な気がします。年齢と共に色々経験が増えると嫌でもそうなりますわな。

 

さて、先日高野山へ行ってきました。

何年ぶりでしょうかね、高野山は。今回行って思ったのが、今はどこも観光地化しているな~といった感じです。勿論、自分も今回は観光目的で行ってるのですけれど。

下界より少し寒かったです。余裕こいて薄着していったので、危うく風邪をひきそうになりました。侮る事なかれ高野山。

 

image

 

image

 

 

今のお寺、神社は観光地として成り立っている所がが多いです。勿論般若寺含めですが。

しかし、それは全く信仰とかけ離れているとは思いません。

日本人として、寺を見たい、感じたい、体感してみたいというのは日本人が古来から生活の一部に寺社があったからだと思うわけです。

今はどこを見回しても、コンクリートジャングルというように近代化した建物があり、見上げるようなビルが立ち並ぶ中に身を置いています。

やはり、日本人は長年の過去、木造建築や宗教施設に囲まれ生活をしていたので、今でも寺社に行って目に見えぬ何かを取り戻して、また心のパワー回復させているのだと思います。

それが寺社観光なんだと思います。

 

それが自然であってもそうですが、普段の生活で仕事の毎日に身を投じ、便利なものに囲まれている生活の中で、少しアナログというか古いものを見て、本来の人間のあった場所や原点に帰りたくなるのでしょう。

 

そこが人間の性質なのかもしれません。

 

何を言ってるのか分かりませんが、新しい物も勿論良いですが、自然や古いものを大事にしていくという事はもっと大事な事だという訳です。

 

高野山、また行きたいですね。

 

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。