第12話『ラストダンスは永遠に』 

 

 まりやと明日デートなんて そんな事今まで誰とも経験がないしどうしたら良いんだろ・・・

ねぇ? 一子ちゃん 一子ちゃんは経験ある?

『あたしですかぁ~』 『あたしも経験ないですが お姉さまとボーリングとか何かスポーツがやってみたかったですね』

ふ~ん そうなんだ そうだ奏ちゃん達にも聞いてみようかな?

『カナは~ 遊園地に行きたいですぅ~』 『そして おねぇさまとジェットコースターに乗るのですぅ~』 『後ですね・・・』

うわぁ~絶叫系ばかりなんだね(;^_^A 由佳里ちゃんは?

『わたしは、海の見える公園とかを散歩かな?』『あと ウィンドーショッピングも良いかも♪』

そうなんだ 有り難う 参考にするね 

え~と 紫苑さんにも聞いてみようかな? 

『あら? そうなのですの?』 『私をお誘いじゃないのが残念ですが 夜景の綺麗なホテルで一夜を過ごせるなら 瑞穂さんがお相手ならどこへだってついて行きますわ恋の矢』 

あははは・・・・ そうなのですか汗責任重大ですね(;´▽`A`` 有り難うございました うわぁ~やっぱり紫苑さんはオトナだなぁ~ あと貴子さんにも聞いてみようかな?

『それくらい当然経験ありますわ(ウソ)』『あたしの経験はお役に立たないかも知れないですが お友達は二人で並んで飲み物に二人でストローを使って飲んだそうですわ(ウソ)』『あと 殿方のポケットで手を握られたりとか(ウソ)』『もちろんあたしは、人前でそんな恥ずかしい事できないですし そんな事考えた事もないですわ あくまでも友人からの話です』『あと それから・・・・・・』

そうなんだ 貴子さんとならそんなデートも楽しいかも知れないですね 夜分遅くありがとうございました

『お姉様とデート・・・・』『キャアーーーーー』

もちろんこんなお話は存在しません う~んそれぞれのキャラの自分の呼び方をチェックしておくべきでしたね 他の人達とデートならこんな感じなのかな? いよいよ最終回を迎えました

感想はなるべく早く書くつもりです でわ~ 

 

 いや~良いアニメでございました 

演劇部の次回作のシナリオと瑞穂さんをリンクさせ、ラストへと見る側を引き込む演出良かったですね

瑞穂さんの秘密を胸に秘めたままの貴子さんの心中 そしてお姉様の呼び方から瑞穂さんへと変えての行動の変化

扉越しの瑞穂の告白に涙する心情 どれも素晴らしいです

降誕祭での夏服と冬服の演出って原作通りなのかな?

殿方が冬服でお姫様が夏服は、服を着換える事のできない一子さんの事を考えた上手なフォローですね

音楽に合わせて季節が変わる様にパートナーを変えていく瑞穂さん 

 その頃降り積もる雪の中(雪と瑞穂への想いを上手く表現されていますね) 想いを溶かしきれない貴子さんと話すまりや 

正反対の行動が多い様だけど それはきっと似た者同士だからかもしれない そして最大のライバルになるかも知れないのに瑞穂さんの事について色々話します

 その頃会場は、いよいよエルダーとのラストダンスで幕を閉じようとします もし彼女が現れなければきっとその場で告白したのかも知れません 瑞穂さんの前に立つ少しだけ素直になった貴子さん ダンスのステップに合わせてこれからも宜しくお願いしますと・・・素敵なラストと供に素晴らしいオチ いやぁ~スタッフの皆様ありがとうございました

OPからEDに繋ぐ中で見る事のできた幾つかのカット(どれもがゲームでの名シーンらしいですね) なんて勿体無いこの作品のスタッフならそれぞれで一話分作れるでしょうになんて勿体無い オリジナルタイトルはかなり前から幾つかの候補がありましたが見事な纏め方にこの様にさせて頂きました。 う~んオリジナルのお話があるようなのですがどうなる(レンタルできるといいな)んでしょうねw

アニメ化するなら是非とも『卒業旅行に行きましょう!』を希望致します

 改めて スタッフの皆様方ご苦労様でした これからも良い作品を作ってくださいませ。


AD

コメント(2)