ゆるくないべさ Vol.2

「この道を行けばどうなるもの・・・」でもないんです。行けばわかるさ。ただのヨタ話。


テーマ:

 

三角山 311m

札幌市西区山の手

 

クルンと重力に逆らった雪庇という奴は、いったいどれくらい頑張り、どの時点でココロ折れ落下するんでしょう。この街の雪かきに費やす小市民全員の労働力はお金に換算すると、いったいいくらくらいなのでしょう?もちろん、プライスレス。

 

街はずれから三角山へ向かえば凸凹の道路で1時間以上の旅。

 

 

二日続けて雪かきに精を出したからといってくたびれて一日が終わるものなんですから山岳部です。まあまあ、頑張る人がいるものでこの深い雪の中スノーシューでラッセルした方の踏み後を自作かんじきで、進む哲学の道でした。

 

 

冷たくて乾いた空気。サラサラの雪。なまら天気が良いもので、大御所と思われる方々の会話に耳を寄せれば「あれがトムラで、芦別岳で、その左側に見えるのが旭岳・・・」ホホー、指を差されてもきれいな山脈はわかりますが位置がわからない。(笑)

 

 

小さい山でも雪が深ければ、タフな山になっちまいます。疲れたわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「山岳部」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

奥三角山 354m 

札幌市中央区宮の森

 

小別沢トンネルからは、最初は膝上ほどの深い雪。

三角山から来たという青春の集団は早いものです。あっという間に追いつかれます。

まあ、いいんです。

 

おっさんだもの。

 

 

今シーズン初めての冬山。ちょいと行くならこんな山。でただ歩くだけの雪遊び。

それがいいんです。それでいいんです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

銭函天狗山 536.7m

西に向かえば手稲山山頂は雲の中・・・。
「登らねばならん」と言い切られてもなかなかいつもというわけにも行かないので、「たまには」という枕詞でも付けといて、海の日だから海を見に行こうかとゼニテンです。

この山しばらくぶりです。どうかクマやマムシに出会いませんように。



今日は女子率高かったわけで、後ろ姿じゃガールかおばさんかわからないわけで、お先にどうぞと振り向いた姿に昔のガールだとわかってしまう始末で、流行りというものは均質化を伴うものだと思います。


そんなことはどうでもいいような良くないようなわけですが、標高こそ藻岩山並み。でも、なかなかのものです。


湿った土、急こう配、ガレ場、ロープつたい。断崖絶壁。


うーん、この岩は火成岩っぽい?ということは、いつの時代か噴火があってマグマが固まって隆起して・・・などとこの山の生い立ちに興味を持ってしまうのも、ブラタモリの見すぎかもしれません。


たまには山登りもいいもんです。


崖っぷちに立てば、今のシゴトのような感じです。落ちないようにしがみつくことも大事だということを知る瞬間もあったりするんです。(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

塩谷丸山 629m

ちょいとその辺のマルヤマでも・・・と思い動き出せば、ラジオから聞こえる渋滞情報。それじゃ、こっちのマルヤマ。
遠くから見る山々は頂に白い雪をのせているものの、低い山だから関係ないべと思いきや、頂上に近づくにつれ泥んこ遊びと化してしまうのでした。



地殻変動、噴火、断層の動き、隆起に加えてこうして♪雪が解けて川になって流れていきます~とキャンディーズが言っていました。小さな川が大きな川になって、谷が出来ていくのに何年かかるんだろうかと思いを馳せる次第です。
水の執念岩をも砕くわけで、なるようにしかならない。
ちなみに日本がアジア大陸から離れて現在のカタチになったのが約1万3,000年から1万2,000年前くらいらしいです。





気温は初夏。木々は木漏れ日が明るい葉の少ない春。足元は良くしまった土からじゃぶじゃぶの川から残雪の冬。


季節の移ろいには逆らわず置かれた現実を楽しんでしまった方がいい。備えあれば愁いなし。帰りはデイパックに潜めたレジャーシートに座り雪の上をしばし尻滑り遊び。о(ж>▽<)y ☆歩けば足元の汚れなんて気にしない。雪解け水の中をジャブジャブ歩いて下山。
この季節の山登りもいいものです。

下山してから待ち受けるのは、泥だらけの靴の手入れ。泥と汗まみれの洗濯物の山。(おかあちゃんゴメン)

下山時すれ違ったおニューのスニーカーの女の子どうしたかな?大きなお世話ですが、まだ長靴での入山をオススメします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これスマホ

円山 225 m

いい天気でしたね。神社山は「北海道神宮の所有で・・・社務所へ・・・」ということなので神をも虞るタイプなのと、誰も入った跡がない道を進むのが怖い小心者なので円山です。

カメラぶら下げてすれ違うと、母さんが「アカゲラさんと会えましたか?」とたずねますが、おっとどっこいそんな立派なカメラではなく、今じゃミラーレスに凌駕されてしまった程度のへっぽこ一眼。会えなかったですが、会えても届かない。(笑)まあいいや。


これスマホ




入口に山神さま。途中はお地蔵さま。頂上付近にも山神さま。

これ一眼。まあまあ深い感じがいいでしょ。

何かの本で読みました。日本は気候風土が豊かなので多神教が芽生えるんだそうです。神さま仏さまの混在する登山道。どっちも何らかの祈りがあるんだろうし、そんなおおらかさが好きです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

奥三角山 354m

けっこうストライクゾーンは広めの方ですが、今日は70歳を過ぎたであろう女性にナンパされそうでした(笑)



「お友達を山登りに誘おうと思っているんだけれど、あまり大変なところだとねぇ~。」と下見だったようです。

しばし話していると清々しい笑顔。文句ばっかり言う家族を置いて、ここに来てよかったと感動しきり、歳を重ねたからって知ったかぶらないで、ささやかなことにヨロコビを覚えるこんなお年寄りになりたいものです。



ともあれ、いい感じの積雪で自作かんじき持参でちょいと登れば、「正式」な登山道は途中で足跡が途絶え。(ノ゚ο゚)ノ
いよいよ、かんじきの出番。ヾ(@°▽°@)ノ



白樺。青空。


僕の後に道はできる。なんてね。




自作かんじき活躍の巻き。


丁寧にひもを結べば外れないし、ふわっと沈む足元。今日の雪にはいいい感じ(き)

山の手の三角山もいいですが、こちらの奥三角山も景色がいいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三角山 311.0m

振るな云っても雪は降るんです。犬は喜び庭駆け回るのが相場ですが、雪と戯れるのも家の前の雪かきに飽き足らず、お腹の出てきた小物の山岳部は三角山。



そういえば先日、三角山山頂付近で数か月たった男性遺体が発見されたというニュースがありました。事故なのか、体調不良で動けなくなったのかわかりませんが、怖いです。(藻岩山でも滑落事故ありましたね。)
へなちょこが言うまでもない事ですが小さな山とはいえ、それなりの装備で登ってくださいな。



かんじきの手入れはしたものの、けっこう人が入っているので、踏みしめられた登山道。ギュー、ググッと雪を踏みしめる感覚も冬ならではのものでいい感じです。とりあえず今日は、足元にはアイゼン、ブーツカバー。装着。カロリーメイト、水、ケータイを携帯。長靴でも行けるけどアイゼンがあるともっとよさげです。

冷たく乾いた空気、空の青さと真っ白い雪。お手軽登山いいですよ。



上り:40分 下り:25分

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

白旗山 321.5m

「さ。行くべか。」と思えば、Pに4WDの雄の一角森林の住人登場です。
あ・・・嵌った。車内から降りてきたご家族もそれこそ、お手上げの「白旗」状態。(笑)



もちろん、ほぼ1トンのクルマで1.5トンのクルマをけん引してあげました。流石ジムニーです。

同じ山岳部かと思いきや、クロカンスキーが目的だったようで、同じ白旗山でも場所を間違ったようです。



ま、自然歩道ですから迷うこともないし、なんてったって勾配もゆるいので散歩気分でOK牧場。


登り:40分
下り:30分
(有明入口→頂上→有明入口)

ところでこの自然歩道、西岡まで続いているの!?夏にまた来ようっと。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

八剣山 498m

窓から見える山々がまぶしく輝く晴天です。
主な生息域が町の北側ですから、ほとんど雪なんぞ溶けてしまって、"チョロイ""ちょろい"とへなちょこ山岳部魂は南へ南へ。
南区ですから、雪が多いわけです。



北面の壁つたいの登山道です。
まあまあ、夏場も少し怖いけれど、このくらいの雪の硬さなら行けるっしょ。とお気楽に足を進めると。ズボッ、ズボッ。半分くらい雪庇状・・・・・(゚_゚i)

頂上目前で
   撤退。




登山道入り口に、クルマ一台あり。きっと、頂上まで行ったんだろうな。
根性のある方もいるもんです。

まあまあ、滑落事故にあって・・・なんてのも大変だから、いいのいいの。



乾いた空気。きれいな青空。これはこれで、行かなきゃわからん爽快感。気持ちよかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モエレ山 62m
札幌市東区モエレ沼公園

プラシーボ効果もいいかなと飲んでるセサミンで眼精疲労を克服。しかし、腰痛、肩こり、膝痛は如何ともしがたくマッサージの揉み返しか、全身痛い朝です。



走るのをあきらめ、プレイマウンテン、モエレ山で山岳部。(笑)


西側の直登の階段242段(!?)だったかな。まあいいんです。

走っても、歩いても、同じ心拍数を維持していれば単位時間の消費カロリーは一緒。ゆっくり行けばノンストップで頂上まで歩ける体力はまだ残っている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。