haniwaのガラクタ箱 in the ショートコント

日々の思いついたこと(多くはショートショート)、ゲームの企画、映画批評など


テーマ:

ショートショート「情報処理部」


佐藤「私の部活経験は以上ですけど、
 上司殿は何か部活動されていました?」


上司「あ、いや、私はちょっとな…」


佐藤「えっ!いったい、何をされていたんですか?」


上司「その、高校の頃、情報処理部に…」


佐藤「情報処理部!?
 要するにパソコン部ですか?」


上司「はは、いや、ま、う~ん」


佐藤「いや~、上司殿は実はヲタクなんですね?
 普段、偉そうにしているが実はヲタク!
 実は、萌え系のアニメとかも好きなんじゃないですか?
 メイドカフェなんかも好きなんじゃないですか?」


上司「いや、ちがう。
 私は情報処理部、
 つまり情報を集め危険な人物を

 処理(抹殺)する部隊にいたのだ。」


佐藤「はあ、部活動ですよね?」


上司「そうだ、普段の学校生活とは別に、
 そういう部隊活動をしていたのだ。
 このことは今まで誰にも言わなかった。」


佐藤「はあ?」


上司「そして、今日急に君に打ち明けた意味がわかるか?」


佐藤「まさか」


上司「そうだ、最近とある情報筋から
 君を処理(抹殺)することになったからだ…」


佐藤「なぜ、なぜ、私は処理(抹殺)されるんだ?」


上司「ふっふっふっ
 は~、
 はっはっはっ…
 ひっひっひっ~(笑)」


佐藤「?
 大笑いですね。
 どうしたんです?」


上司「いや、佐藤がいつも屁理屈をこねる時,

 こんな心情なのかなって?」


佐藤(この上司は!)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「おっぱい先生_43 オパールオパーイ」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「棒倒し」


上司「時に佐藤君は学生時代スポーツは何をしていたのかね?」


佐藤「中学時代は陸上部で、小学校はソフトボール部でした。」


上司「レギュラーにはなれたのかね?」


佐藤「陸上部の時はレギュラーでした。長距離の選手でした。」


上司「ソフトボール部ではどうだったのかね?」


佐藤「補欠でした。」


上司「ふんっ」


佐藤「あっ笑いましたね。
 部活はレギュラーよりまったく期待されない
 補欠の方が精神的につらいのですよ。
 なんせコーチに全く相手にされませんからね。」


上司「そ、それはつらそうだ。」


佐藤「たまに試合の日、出て来いって話になるとまたつらいですよ。
 試合の日に何していたと思います?」


上司「応援とか?」


佐藤「ず~っと、影にかくれて棒倒しですよ。」


上司「試合を応援しろよ。」


佐藤「試合中常に棒倒しですよ!
 たまにはアリさんと遊んだりもしますよ!
 一日中、棒倒しやアリさんと遊び続けることがいかに大変かわかりますか?」


上司「いや、あの、そのすまんかった」


佐藤「わかってもらえて、ありがとうございます。」

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴールデンウィーク中、風邪をひいて寝込んでいました。


やっと復帰できました。



ショートショート「妄想マニフェスト」


佐藤「上司殿、聞いてください。
 定額給付金のことなんですが…」


上司「また、その話しかね?
 あの金はな、もらったら景気回復のためパァーっと使って忘れる。
 それ以上考えない方がいいぞ」


佐藤「そうなんですが、やっぱりね1万2000円は少ないんですよ。
 これじゃあ、低額給付金ですよ。」


上司「なるほど、少ないから定額ではなく低額給付金ということかね」


佐藤「ですから、高額給付金にしたらいいんじゃないかと?思うんですよ。」


上司「高額給付金かぁ~それはいいな~っ
 で、いくらくらいもらえるだね?」


佐藤「高額というくらいには100万は堅いかと!」


上司「ちなみにどうやったら低額給付金から高額給付金になるのかね?」


佐藤「いや、それは、これから、、考えて…行・か・ないと?」


上司「どうやったら一つの国が国民一人当たり100万って金を作り出せるのかね?」


佐藤「マ・ル・チ・商法?」


上司「国が詐欺的なことをするのかね?」


佐藤「え、いや、その?」


上司「そこ大事じゃないかね?佐藤君!」


佐藤「はぁ」


上司「もういい!!アソウさんに謝れ!」


佐藤「アソウさん、勝手なこと言ってすみませんでした。」


上司「よしっ!」



上司「ちなみにこのブログはアソウさんを
 勝手に応援しているからな」


佐藤「はぁ?それは、この間聞きましたけどね。」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。