haniwaのガラクタ箱 in the ショートコント

日々の思いついたこと(多くはショートショート)、ゲームの企画、映画批評など


テーマ:


ショートショート「おっぱい先生_32 通りすがり」


生徒Aは教室に入ると、顔がボコボコの佐藤を発見した。


生徒A「おい、佐藤どうしたんだその顔」


佐藤「へっ聞いてくれるか、
 実は昨日な、暗い暗い夜道を歩いてたんだ、
 そうしたら…」


生徒A「どうしたんだ、その話し方」


佐藤「巨乳の人が乳をブリンブリンいわせながら走ってきてな」


生徒A「おおっ乳をブリンブリンかよ」


佐藤「暗い暗い夜道だけどそれだけはわかってな
   あと今から『』の中身は回想シーンな」


 佐藤「どうしたんです、その巨乳?」


佐藤「って言ったら」


生徒A「巨乳のわけいま聞く?
 なぜ走ってきたか聞かない?」


佐藤「そうしたら、その巨乳が」


 巨乳「変な人に追われてるのかくまってください。」


佐藤「って、言ってすぐ後、変な人出てきて」


 変な人「お前の後ろにいる巨乳を差し出せ、
     もみしだかせろ」

 佐藤「この巨乳は、俺のもんだ!
    お前に渡すわけにはいかん!!」


生徒A「その巨乳お前のもんじゃねぇよ!
 お前もその変な人とかわらねぇんじゃねぇか」


佐藤「で、その後、取っ組みあって
 何とか撃退したけど、このざまさ
 あっその巨乳、最後お礼言ってたぞ」


 巨乳「私のためにごめんなさい、
    お礼させてください。」

 佐藤「これくらいどうってことないさ、
    気にすんなよ」

 巨乳「せめて、お名前だけでも」

 佐藤「な~に、ただの通りすがりのオッパイ好きさ」


佐藤「って、わけさ」


生徒A「不良にからまれただけだろ、
 話を作るなら、もっと面白くしろ!」


佐藤「えらい言われよう」


「がらっ」


おっぱい先生が教室に入ってきた。


先生「いやあ、先生、昨日変な人に絡まれてな」


佐藤、生徒A「えぇ~」


おっぱい先生の顔もボコボコであった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「宇宙豆」


ある会場に主催者が着た。

主催者「皆様、お待ちかねの宇宙人の生態系を
 記録した動画を調達してきました。」
それを聞くと待ってましたとばかりに会場は盛り上がった。


主催者「それでは再生いたします」

「ウィーン」


動画が再生されたが、会場の人は誰一人理解ができないといったところだ。
主催者はそれを感じ取り、説明をした。

「今、起き上った宇宙人は宇宙服を着たところです。」

これに会場は歓声が上がるほど関心を示した。

「これは宇宙水で、顔を洗っているところです。」

またまた歓声が上がった。

「これは宇宙豆と宇宙米を宇宙箸で食べるところです。」

またまた歓声が上がり、会場は割れんばかりだ。


最後に動画から音声が流れた。


「行ってきまーす」


「以上で動画の再生は終わります。
 では、エヌ星人の皆様ご質問はございますか?」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「おっぱい先生_31 メイド」


先生「メイド 萌え萌え」


佐藤「先生どうしたんですか?
 さっきから、メイド 萌え萌えって
 おっぱいはどうしたんですか?」


生徒A「あ~夏休みにメイド喫茶に行ってから、
 ずっとこの調子なんだよ。
 何でも、行ったメイドの質とイベントがかなり良くて
 並大抵の萌えっぷりじゃなかったんだとか」


先生「メイド 萌え萌え」


佐藤「おれ、そんなのやだよ。
 先生ともっとおっぱいの事話したかった。
 もっとおっぱいについて研究したかった。
 先生のおっぱいダマシイってそんなものだったのかよ!」


佐藤「せんせえーー!」


生徒A「別に、死んでるわけじゃないからね」


先生「メイド 萌え萌え」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「1000ヒット」


佐藤「1000ヒット」
 
上司「?」


佐藤「1000ヒット!」


上司「なんだね」


佐藤「メールボックスに迷惑メールが1000通やっとたまったんですよ。」


上司「ははぁ」


佐藤「いやぁ夢だったんですよねぇ、迷惑メール1000通」


上司「それは君、嬉しいのかね?」


佐藤「はい、めちゃめちゃ嬉しいデス」


上司「なるほど、なるほど」


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「省エネ」


佐藤「最近、二酸化炭素を減らすため、省エネが叫ばれていますね。」


上司「ああ、最近うるさくなってきたね」


佐藤「しかし、そこで思ったのですが化石燃料の省エネばかり取り上げられて
 もっと新しいエネルギーを開発したほうがいいんじゃないかと思ってるんですよ」


上司「と、いうと」


佐藤「化石燃料は、いくら省エネをしても、
 結局後延ばしにしているだけで
 いずれなくなることは目に見えている。」


上司「そうだな」


佐藤「そこで私が考案するのは”引出し発電システム”です。」


上司「”引出し発電システム”!?」


佐藤「えぇ、こう、机の引き出しとかにですね、
 逆モーター、つまり災害時などに使用される携帯ラジオなどの
 手回し発電機をつけてですね。
 引き出しを開くたびに発電される仕組みです。」


上司「人力発電ということかね。
 しかし、それでは電力が小さいのではないのかね」


佐藤「えぇそうですね。
 しかし、電力は小さくても十分なこともあります。
 たとえば時計やテレビのリモコンなどですね。」


上司「すばらしい!
 これで各家庭の時計やリモコンの電池の省エネ、
 つまり二酸化炭素の削減につながるではないか」


佐藤「まだ、人力発電の方法はございます。」


上司「ほほう、まだあるのかね」


佐藤「あの、筋肉をつけるためや、痩せるために、
 無駄に自転車をこいだり、重い物を持ち上げる方っていますよね。」


上司「無駄に?
 あぁ、スポーツジムに通ってる人のことかね。
 私もたまに通っておるよ。
 …まさか!」


佐藤「えぇ、そのまさかです。
 ”スポーツジム発電システム”です。」


上司「今度の電力はさっきよりずいぶん大きいのではないか?」


佐藤「えぇ、もしかしたら、数十家庭の電力が賄えるかもしれませんね。」


上司「よし、人力発電に予算をやろう、すぐとりかかってくれ!」


佐藤「スポーツジムと言わず、
 発電のためだけに人を雇って、
 発電機付きの自転車を回させます。
 働かない労働者には鞭を打ってでも発電させますよ!」


上司「北斗の拳か馬鹿野郎!」


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。