haniwaのガラクタ箱 in the ショートコント

日々の思いついたこと(多くはショートショート)、ゲームの企画、映画批評など


テーマ:

ショートショート「のびエモン まだまだいた 10」

前回、金を出せといわれて、おもちゃのお金を出したのびエモン。
ドビ太くんと顔を合わせると何言われるか分かったもんじゃないので、押入れに引きこもります


ドビ太「なぁ、早く出てこいよっきれるぞっ!」

ドビ太「なぁ、何で出てこれないんだ?わけを話しなよ」

ドビ太「なぁ、のびエモンもう、お金のことなら許してやるってだからでてきなよ」


のびエモン「うるさいなっ!何でそんなに僕を押入れから出したいのさ」

ドビ太「そんなに知りたいなら教えてやる。」


「…」


ドビ太「布団の下に隠した,エロ本とりてぇんだよ」


のびエモン「!?」


「がらっ!」


のびエモン「僕を押入れから出したい理由ってそれなの?僕の健康を気遣ってじゃないの?」


ドビ太「あったこれこれ、このエロ本

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秘密


本に書いてるのに秘密って…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「原付ライダー29」

ヘルサー「なぁ、原ちゃん、今度あそこ行って見ようぜ」

原付ライダー「えぇ、あそこぉ?あそこよりさぁこっちいってみようぜ」

ヘルサー「こっち、ソープじゃん、オレ ヘルサーって名前だしなぁ」

原付ライダー「いいじゃん、ソーパーって名前に変更すればいいじゃん」

ヘルサー「えぇソーパー?」


風俗にはまるヒーローたち、

たまには風俗嬢ではなく怪人の相手もしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「のびエモン まだいた 9」


ドビ太「ただいま~」


のびエモン「おかえり、ドビ太さん」


ドビ太「お帰りって、お前だいたのかよ。まぁ、いいや、お前あれだせっあれっ」


のびエモン「あれって何ですか?」


ドビ太「金のことに決まってるだろっ!俺の手をわずらわすなっ!」


のびエモン「学校から帰ったら、まず金をせびる、まるでそれが当然だというように…」


ママそしらぬ顔で居間を出る。


ドビ太「うるせぇ早くだせっ


のびエモン「ハイお金」


ドビ太「おまえこれっ未来のお金じゃねぇのか?、こんなん今つかえね~よ」


のびエモン「いや、それ、おもちゃのお金です。」


と言い残すと、のびエモンは居間からドビ太の部屋の押入れに逃げ込んだ


ドビ太「ぶっ壊すぞ!のびエモン、待てこのやろう!」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小泉さんから深夜4時に電話がかかってきたら(トラックバックステーション)


小泉さん「大変だ誤空、突然ホワイトハウスにピッコロ代魔王が!!」


誤空「マジデッ!でもホワイトハウスが襲われたのに小泉さんから電話がかかってくるんだ?仲いいから?」


小泉さん「あっ国会議事堂だった」


誤空「自分の職場を間違えるくらいあわててるんだね。でどんな状況?」


小泉さん「なんかいっぱい写真取ってる」


誤空「ふ~ん」


小泉さん「あっ帰った、修学旅行だったみたい」


誤空「ふ~ん寝るね」


小泉さん「うん」


「ガチャ」


誤空「こいつ何かあるとすぐ俺を頼るんだよな。」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「ドラゴンボール」

A「ドラゴンボールを7つ集めるとどんな願いもかなうけど、8つ集めるとどうなるか知ってる?」

B「8つも!」


C「どんなことが起こるの?」


A「すっごい事が起こる!」

B「マジデッ!」


C「どんなことだよ」


A「えっいや、えっ…すっごいことが起こる!!」

B「マッマジで!」


C「だからどんなだよ


A「はっうっあっとにかく、すっごい事が起こる!!!!」

B「マッまっまま、マジデッ!!!!」


C「もういいや…」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「のびエモン 最後通告 8」


ドビ太「そろそろ未来に帰ったらどうだね?」

のびエモン「はぁ、イヤ、しかしですね。こちらにも都合がありまして。」


ドビ太「それは分かる、お前みたいな産廃にはどうせいくところなどないのは分かる、しかしだね家にも飼っておく余裕がなくなってきたのだよ」


ドビ太「大体、ねこ型ってほど猫のかっこうしてないしね。」

のびエモン「ごめんだにゃ~


ドビ太「語尾に「にゃ~」ってつければ猫型かアアア!」


ドビ太「だいたいその定義でいくと、オレが語尾に「にゃ~」ってつければ俺は猫型人間かっ!」

のびエモン「いや猫型動物でしょ!」


ドビ太「ぶっ壊すぞこのやろう、急に冷静に突っ込みやがって


のびエモン「しかしですね、ちょっと飼えなくなったら簡単に捨てていいのですか?いくらなんでもそれはひどすぎやしませんか?」


ドビ太「そうか」


「だから僕は、ガラクタ箱にしまうのか…」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「原付ライダー28 ヘルサーP38」

博士「今日も新しいお友達を紹介しよう」

原付ライダー「また転校生?」


???「わが名はヘルサーP38、地獄へと案内しよう」

原付ライダー「ルパン三世の銃みたいな名前だね。」


原付ライダー「ようし、くるならきやがれ!」

ヘルサー「おっおい銃を構えて何しようとしてんだよ」


博士「怪人にも使ったことないのに、やっぱりヒーローらしく肉弾戦で戦ってくれよ」

ヘルサー「違うって、そうでもないって」

ヘルサー「俺の名前は「ヘルサー」=ヘルス+人 「P38」=プレイ回数38、一日のうちに38回ヘルスに行ったつわものってこと!」


博士「履歴にはそんなことかいてなかったぞ」

原付ライダー「書類選考があったんだ」


ヘルサー「というわけで一日のうちにどれだけ回数をこなせるか勝負だ!」

原付ライダー「えぇ、ヘルスって俺行ったことないよ。いきたくないな~」

ヘルサー「んで、何で満面の笑みを浮かべてるのかね?顔と口があってないぞ!」

一晩空けたらもう二人は親友になっていたとさ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショートショート「原付ライダー ロボット 27」
前回怪しい人物として捕まったものの、特に何をしているわけではなかったのですぐに解放された原付ライダー。そんな時博士が

原付ライダー「いやー、また捕まってしまいましたよ。」
博士「お疲れさん」

博士「帰ったところで悪いのじゃが、今日は新しいお友達を紹介しよう」

原付ライダー「転校生?」

博士「この度新しく作った、ロボット&ロイドだ」

ロボット「ロボットで~す」

ロイド「ロイドです」

ロボット、ロイド「ふたりあわせて、ロボット & ロイドで~す」

ロボット「この間、町で面白写真とっとたら警察が来て、「ちょっといいかな?」って聞いてきたん」

ロイド「それで?」

ロボット「全然よくないけど「いいですよ」とか言っていたら」

ロボット「「君写真見せてくれるかな?」って、聞いてきたから」

ロボット「何のことかと思って、彼女のパンチラ写真みせたら」

ロイド「何でパンチラ写真みせんねん」

ロボット「いや、人のやって欲しいことをやるのがサービスですから」

ロイド「サービスかよっ、盗撮してるのかと思って警察にぱくられるぞっ」

ロボット「そうやねん、そのまま警察に連行され…」

ロイド「おいおい、…」


原付ライダー「これなに?」

博士「ロボット漫才」

原付ライダー「壊せ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。