世界最高峰ミディアムによる【カルマの癒しとアカシック叡智】

カルマの解消とアカシックデータの叡智を活用する【 引き寄せ 1:8:1の法則 】と【 愛され脳育成 】で毎日が Love&Joyに満たされながら自然に幸福体質へ変わる
サイキック&ロジカルな ハニエル式*幸福メソッド

HP http://haniel.tv/top


テーマ:

見沼の3龍神に関する検索結果です


◎氷川神社

古来 武蔵国の配下に在り、武蔵国の総社、武蔵総社六所宮である大國魂神社(東京都府中市)に属する武州六大明神の内の一つであり、六宮の内の三宮である。
大國魂神社の創建日5月5日(建立西暦111年)に、東京都府中市で行われる例大祭(国府祭)での祈祷にも三宮として神官が参じる。
消燈して闇夜に御旅所に神幸するので、俗に「くらやみ祭」と言われている。

また、武蔵国(東京都・埼玉県・神奈川県)内で、特に旧武蔵国足立郡を中心にある氷川神社の総本社である。
式内社(名神大)、武蔵国一宮、勅祭社で、旧社格は官幣大社。
大宮の地名は氷川神社を「大いなる宮居」すなわち「大宮」と称えたことに由来する。
主祭神は須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命。他の氷川神社と区別するために「大宮氷川神社」とも呼ばれる。

武州六大明神[1]の一つとされる[2]。特に明治以後は国都が武蔵国に設置されたことから、四方拝などの宮中祭祀の対象に加えられるなど、皇室からも重んじられた。

一般に武蔵国の一宮は当社とされているが、大國魂神社(六所宮)の祭神や南北朝時代の『神道集』の記述では、多摩市の小野神社を一宮、あきる野市の二宮神社(旧称小河大明神)を二宮、氷川神社を三宮としており、今のところ中世まで氷川神社を一宮とする資料は見つかっていないとされる。
室町時代に成立した『大日本国一宮記』では氷川神社が一宮とされており、室町時代以降、当社が小野神社に替わって一宮の地位を確立したのではないかと考えられている。
大國魂神社の公式案内では三宮である。

氷川神社の位置は、かつての見沼の畔であり、氷川神社の神池は見沼の名残で、もともと氷川神社は見沼の水神を祀ったことから始まったと考えられている。
また、霊峰富士山と筑波山を結んだ線と、浅間山と冬至の日の出を結んだ線の交差地点にあり、大宮の氷川神社、中川の中氷川神社(現・中山神社)、三室の氷川女体神社が、浅間山と冬至の日の出の線上に一直線に並ぶ。
この三社が男体社・女体社・簸王子社として一体の氷川神社を形成していたという説がある。
なお、この三氷川とかつて大宮の氷川神社境内にあった三社(男体社・女体社・簸王子社)をよく混同しているが、別のものである。

延長5年(西暦927年)に成立した延喜式神名帳で一座とされるが、近世には、須佐之男命を祀る男体社、奇稲田姫命を祀る女体社、大己貴命を祀る簸王子社の三社に別れ、それぞれ岩井家・内倉家(後に断絶し、角井家が継承して西角井家を称する)・角井家(後に東角井家を称する)が神主を世襲していた(社家)。三社の祭神や順位を巡る論争もあったが、江戸時代の元禄12年(1699年)三社・三社家を同格とする裁定があった。



埼玉県さいたま市大宮区高鼻町一丁目407番地

◎中山神社

中氷川神社とも呼ばれ、氷川神社(大宮区)・氷川女体神社(緑区)とともに一体の氷川神社を形成していたという説がある。
崇神天皇2年(紀元前95年頃)創建と伝えられ、氷川女体神社と同年代の創建となる。
「中氷川」の由来は、氷川神社と氷川女体神社の中間に位置することから付けられたという。
社伝では、鎮火祭(後述)の火により「中氷川」の氷が溶け、「中川」の地名になったとされる。
天正19年(1591年)徳川家康から社領15石の朱印を受ける。
明治40年(1907年)周辺の神社を神社合祀し、中氷川神社から中山神社へ改称した。

埼玉県さいたま市見沼区中川145-65

 大宮駅東口発 国際興業バス大12系統中川循環「中山神社前」バス停下車。
 北浦和駅東口発 東武バス岩02系統「富士見ヶ丘」バス停下車。


当社は、氷川神社と氷川女体神社の直線上にあり、広大な見沼を挟んでちょうど中間に位置する。
太陽は夏至に西北西の氷川神社に沈み、冬至には東南東の氷川女体神社から昇るという、稲作で重要な暦を正確に把握するための意図的な配置となっている。
3社で一体の氷川神社を形成し、見沼を神池「御沼」として広大な神域を有していた、とする説がある。

境内社の内、荒脛神社で氷川神社と、稲田宮主社で氷川女体神社と繋がっていると伝わる。




◎氷川女体神社

大宮(さいたま市大宮区)の氷川神社を「男体社」とし、当社を「女体社」としたものである。
女体の名の通り、奇稲田姫命(大宮氷川神社の祭神である須佐之男命の妻)を主祭神とする。ほかに三穂津姫命・大己貴命を配祀する。

埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目17-1

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E5%B7%9D%E5%A5%B3%E4%BD%93%E7%A5%9E%E7%A4%BE


「見沼の竜神伝承」

主な伝承はまず見沼干拓時の伝承であろう。干拓工事中に様々な災難がふりかかり工事が中断した。
干拓指揮者の井沢弥惣兵衛は病気になり寝込んでいたところ突然女性が現れ病気を治すから願いを聞き入れてくださいと言った(その願いとはもちろん竜が棲む沼の干拓の中止の事である)。
ある晩に惣兵衛の寝床を訪れると炎を吐きながら惣兵衛を体をなめつくす蛇女がいたという。
一部始終を見届けた男は気を失い、翌日に惣兵衛に伝えたという。

他の伝承は笛を吹く娘が現れては若者が姿を消すという事件が発生した。
その出来事を聞きつけた武士が見沼までやってきてたしかめたところ美女を見つけ切りかかったが、突然暴風雨が起こり消えてしまったという。
翌日に武士が訪れるとそこには笛だけが残っていたという。他には「釘付けの竜」、「国昌寺の開かずの門」、「山口弁天伝説」(乙姫伝説に近い)などの伝承が存在する。
これらの竜を祭る神社は「見沼竜神社」などがある。
見沼竜神社は氷川女体神社(氷川女體神社)の中にある。
見沼の竜伝承は人身御供を求めるものから人命を助ける竜まで様々な伝承が存在する。





 神社名     別名    主祭神     続柄

氷川神社     男体社   須佐之男命   夫
氷川女体神社   女体社   奇稲田姫命   妻
中山神社    氷王子社  大己貴命    子(孫)
(中氷川神社)(簸王子社)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

世界最高峰サイキックミディアム 大平啓子 (Haniel)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります