韓国にスシローも進出しています

テーマ:

日本でも、時々行くのですが、


韓国にも、2014年に「スシロー」が進出しています。


http://www.sushiro.co.kr/index.php


一度行ってみたいと思っていたのですが、


今日、はじめて、韓国のスシローに行って来ました。


韓国のあちこちに支店がありますが、


김포(金浦)空港から市内に向かう道、


地下鉄だと5号線발산駅の店舗です。


カウンター席はありませんが、


基本的な作りやシステムは同じです。



注文画面は、韓国語、日本語、英語、中国語と、


切り替え可能なので、日本語での注文も可能です。



値段は、基本が1700ウォンなので、


日本の税込み108円より、やや高いです。



いくらは、日本では108円ですが、


韓国だと、ひとつ高いお皿の2900ウォンになるなど、


日本のように、安くはないですね。



はじめに、みそ汁が無料で出てきます。


韓国式です。



ですので、メニューには、


みそ汁類(あさりの味噌汁など)はありません。




日本にはない「たこ焼き」が回っていました。


スシローは大阪本社なんですよね。


スシのメニューも、


韓国人向けのものが多いように思いました。


はまちもないし、つぶ貝もありません。


日本語だと、キムチビントロ


ビントロの上にキムチが載っています。



日本には、絶対にないメニューがたくさんあります。



韓国のスシローに行く機会がありましたら、


せっかくですから、韓国オリジナルのメニューを


楽しんでみてください。



ところで、えびアボガドを頼んだら、


小さなアボガドがひとつだけでした。


何度頼んでも、同じでした。


マネージャーを呼んで理由を聞きましたが、


今後、教育をしっかりやるとか、


しどろもどろの返答



もちろん、本来は、見本の写真のように、


スシひとつにアボガドひとつが載ります。



今、韓国では、アボガドはスーパーフーズとして有名で、


不妊にも効果があるということで、大人気です。


そのせいか、品物が足りないんだと思います。


勝手に節約してたんでしょうね。



結局、えびアボガド7皿分は、


お金を払わなくてもいいということになりましたが、


こんなことやってるのが、本社に聞こえたら、


大変なことになるのでは、と思いました。



計算は、手書きです。


これは、日本とは大違いですね。


日本の店とまったく同じとは行きませんが、


全体的には、悪くはないなと思いました。



値段も、日本より高めですが、


今なら、サムソンカードで、実質20%オフです。


サムソンカードを使うと、あとで、20%分が、


ポイントで返ってきます。



日本人で、サムソンカードを持っている人は、


ほとんどいないと思いますが、


韓国人なら、たいていの人は持っています。



20%オフなら、ひと皿1360ウォン計算ですし、


みそ汁は無料で、お代わりも無料です。



スシローが本気になったら、


他の韓国の回転すし屋は、生き残りが厳しくなりますよね。


ハングルちゃんのブログ



新宿 新大久保 韓国語教室 ハングルちゃん


http://www.hanguruchan.com/















































以下余白












AD

電気自転車が人気です

テーマ:

韓国でも、最近、自転車に乗る人が増えていますが、


ほとんどが、スポーツ目的、運動目的です。



日本のように、お母さんたちが、子供を乗せて乗ることは、


まず、ありません。



そして、自転車自体も増えていますが、今年に入って、


전기자전거(電気自転車・電動自転車)が、


自転車族たちに、大人気となっています。



今年に入ってから、全自転車販売台数の10%以上が、


電気自転車です。



電気自転車には、大きく分けて、ふたつのタイプがあります。



ひとつは、日本のタイプで、


平坦な道は、普通にペダルをこいで進み、


上り坂で、電動アシストが働き、楽にこいで登れるようになる


アシスト方式と、


もうひとつは、自転車大国である、中国で普及している、


スロットルタイプです。



スロットルタイプは、原付バイクのように、


スロットルボタンを押して、モーターのスイッチを入れて、


ペダルはほとんどこがなくても、電動でどんどん進みます。



自転車というより、電動オートバイのイメージです。



韓国では、ふたつのタイプ、どちらも搭載して、


手元のスイッチで切り替える物が主流です。



ですので、スロットルタイプにすると、


最高時速25kmで、すいすいと進みます。



その場合、ほとんどペダルをこがないので、


厳密には、自転車ではないかもしれません。



そのため、法的には、原付バイクと同じ扱いです。



運転するには、原付バイクの免許


(日本と同じで車の免許があればOK)


が必要です。



また、原付バイクの扱いですから、


走るところも車道です。



自転車専用道路があっても走れないので、


ちょっと危険です。



でも、電気自転車だと、スロットル方式にすると、


晴れた日でも、ほとんど汗をかかずに、


すいすいと、目的地に到達できるため、


渋滞の激しいソウル都心部で、


通勤時に利用する人が、増えています。



行きは、スロットル方式で、快適通勤、


帰りは、アシスト方式で、軽い運動。



お金もかからず、一石二鳥です。



전기자전거로 통근하는 직장인


(電気自転車で通勤する会社員)を略して


전자출족(電自出族)という言葉もできました。



そんな전자출족(電自出族)たちは、節約派です。


전자출족(電自出族)が増えているのは、


最近、値段の安い電気自転車が、たくさん出ていることも、


理由のひとつです。

このタイプなら、8万ウォン前後


折りたたみ式のミニタイプだと、


5万ウォン代から購入可能です。



一番安いものだと、4万ウォン以下の物も出ています。



もちろん、格安製品のほとんどが、中国製です。



人気のモデルに、日本製はありません。



日本のメーカーが進出すれば、


人気が出るはずなのですが、


もっと需要が増えてから、進出するのでしょうか?



なんか、もったいない気がするのですが。




ハングルちゃんのブログ



新宿 新大久保 韓国語教室 ハングルちゃん


http://www.hanguruchan.com/















































以下余白












AD

日本でも、少子高齢化と言われていますが、


韓国でも同じです。



しかし、日本の場合、少子化は最近のことですが、


高齢は、昔からですよね。



韓国は、少子化と高齢化、


どちらも最近のことです。



そのため、社会のシステムも、人々の意識も、


なかなかついていきません。



そして、高齢化時代の時代になり、


以前はそれほどでもなかった


치매(認知症)の問題も深刻になっています。



一度かかると、治す方法はないんですよね。


進行を遅らせる薬を出すしか、医者もやることがなくて。



そんな、치매(認知症)に、効く食べ物として、


노루궁댕이버섯(ヤマブシタケ)が、注目されています。


치매(認知症)だけでなく、自閉症など、


脳の病気に効果があると言われています。



日本でも、少し注目されているみたいですが、


まだ、解明されていない部分が多いみたいで、


韓国ほど、需要は多くないみたいですね。


乾燥させたものとか、




汁(エキス)とか、


粉末のものとか、


漢方薬でもありますし、


치매(認知症)の家族がいる人たちが、


たくさん購入しています。



そして、実際に、効果があったという声が多いです。



値段は、それほど高くないので、


だめもとで試してみる価値、あると思います。






ハングルちゃんのブログ



新宿 新大久保 韓国語教室 ハングルちゃん


http://www.hanguruchan.com/















































以下余白












AD