杏依子のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
わくわく子どもえんも、元氣に新しい年が
始まりました。

子どもたちは今日も探検隊になって、牛さんに
会いに行ってるようです。

子どもえんは今7人の子どもたちがいます。

ふつうの幼稚園や保育園からしたら、少なすぎる
くらいの人数。

あたしの母は、大人数の中での集団生活を
させたがっていて、このことでは今でも意見がぶつかります。

「そんな少ない人数だったら小学校行った時になじめない」

・・・と。

そう言われて、以前のあたしは明確に自分の意見をいうことが
できませんでした。


少人数だとたくさんの中に入っていけなかったりするかな。

集団で行動できることを身につけることも必要なのかな。


正直自分の中でも、どうなのかなぁっていう迷いがありました。

でも、ちょっと前に子どもえんでの出来事をきっかけに、
その答えが見つかりました。


心羽と5歳の男の子と4歳の女の子、3人で遊んでた時のこと。

心羽がすべり台を滑ろうとすると、2人がとおせんぼ。

「すべっていい?」という心羽に、2人は「だめ~」

この日その場にいた親はあたしだけ。

心羽は体調がいまいちだったこともあって、あたしのところに
来て、「だっこ・・・」

どうした?と聞くと「通してっていったのに、だめって言われて
悲しかった」と。

そっかそっかと、あたしがいうだけじゃ納得せず・・・。

それを正人さんに言ってと言いました。

「それは自分で言わないと~」とあたし。

「こはねちゃん、どうしたと~?」と声をかけてくれる
正人さんも、その現場はちゃんと見てあったので聞かずとも
分かってましたが。

正人さんにも同じことを言う心羽に、正人さんは
「そしたらそう二人に言っておいで。
今日はあいさんがいるからあいさんにだっこして
もらえるけど、こはねちゃんの氣もちはこはねちゃん
にしか分からんよ。
こはねちゃんのほんとの氣もちは自分で言わんと。
いやだったならいやだったって、ふたりに言っておいで。」
と言いました。

しぶしぶあたしの膝から下りて、ふたりのところへ行く心羽。

「どうしてだめっていったと?」と小さな声で心羽。

ふたりはなんとなく氣まづい状況を察知しつつ、知らん顔。

そこで正人さんが「こはねちゃんがお話があるってよ。
ちゃんと聞いておいで」と。

そしたら、ふたりは心羽のところに来て、3人で輪になって
話し合いが始まりました。

心羽「どうしてダメっていったと?」

男の子「言いたかったから」

女の子「こはねちゃんだってさっきだめっていったよ」

心羽「でもあたしは通したよ」

女の子「でも自分がしたことは自分もされるんだよ」

心羽「でも・・・なんでダメっていったと?」

女の子「わからない」

男の子「忘れた」

心羽「どうして?」

と、子どもたち同士、言いたいこと、聞きたいこと、
思ったことをぶつけあっていました。

3人で小さく輪になってる姿はまるで子ども会議。

ひとしきり話が終わると、頃合いを見て正人さんが参加。

子どもだけで解決とまではいかなかったけど、
しっかりと心のうちを言い合った3人は、けろっとして仲良く
遊びに行ってしまいました。

この光景が、あたしはすごく嬉しかったです。

大勢の集団の中にいたとしても、大切なのはひとりひとりとの
コミュニケーション能力。

人数は少ないけど、少ない分蜜に付き合わなきゃいけない。

たくさんいれば、合わない子とは遊ばないで他の子と
遊ぶことも出来るけど、この人数だとそうはいきません。

きっと仲良しな時ばっかりではないし、仲間ばずれにしたり、
ケンカしたりもあると思います。

そんな時に、自分の思ってることをしっかりと伝えること、
相手の思いをちゃんと受け取ること。

氣まづい想いもいやな想いもしっかり体感する。

そこに保育者や親が介入することなく、自分たちで動く。

その力が備わっていれば、集団に入ったって大丈夫。

自分の氣もちを感じたり、伝えたり、相手のことを考えたり、
そんな大切なことを、人にとって大切な幼少期に丁寧に
育んでいく環境があるのは、すごく素敵なことだと思います。

子どもえんの魅力は、子どもが自分で動く力を伸ばしてくれる
ところにもあります。

おかげでみんな手強くなってきました(笑)

まだまだ可能性いっぱいの子どもえんです。

4月には12人でスタートできることを目標に
しています。

もうすでに入園が決まってる人もいますが、まだ定員まで
余裕はあります。

興味ありな方はぜひぜひお待ちしています。









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年、新年明けましておめでとうございます。

年末のご挨拶をする暇なく、あっという間に
もうお正月まで終わってしまいました。

2012年は、わくわく家族にとって変化の年でした。

思わぬ展開にあたふたして、困ったなぁってことも
あったけど、過ぎてみればやっぱりすべては
絶妙なタイミングで起きてました。

困ったなぁと思ってた出来事も、あれはこうなる
ために起こったのねって分かると、どれもこれも
感謝に変わります。

それは過ぎてみないと分からないことも多いんだけど、
結局はいい方向にしか向かっていないので、
ピンチで困ったって言いながらも、心もどこかで
これがどんな風に転換していくのかわくわくしている
自分もいます。

3.11の震災があったり、2012年はマヤ歴の終わりで
なにか大きなことが起こると言われていたりもしました。

原発はさらに推し進めようとする力があったり、
世界でも多くの問題があり、地球だっていい状態では
ありません。

あたしなんかが想像もできないくらい、つらい想いを
してる人たちもいます。

そんな中でいつもと変わらない新しい年を迎えられる
あたしは、この上なく恵まれてると思います。

家族一緒にご飯を食べて、あったかい布団で眠って。

仲間と一緒に美味しいご飯を食べながらわいわい
笑いあって。

朝起きるとお日さまが登ってあたたかい光をくれて。

そんなことひとつひとつが、ほんとにありがたい。


生かされている

最近、それを心底感じています。

世界でいろんなことが起こるなかで、あたしは今、
生きている。

それはきっとあたしが今ここに必要だから。

この世にいる人すべて、どんな人でも生かされているって
ことは、必要な存在だから。

どんなものでも存在してるってことは、必要だから。

それを言葉だけじゃなく心底感じた時に、心がまた一つ
軽くなりました。

心配することはなぁんにもない。

すべては流れていて、ちょうどよく巡っている。

あたしはその流れの中で、自分と縁あるものを大切に
していけばいい。

家族がいつも笑っていること

出会うひとたちと一緒に、なにかを創り上げていくこと

縁あって巡ってくる話と、丁寧に向き合うこと

特別なことはできなくてもいい

動きたいときは全力で動いて、休みたいときは
たっぷり休む

頭使わず心で動く


2013年もテーマは

「日々を丁寧に過ごす」

一番大切にしたいと思いながら、なかなか難しい
このテーマ。

満足に実践できてないから何年もこのテーマに
なるんですが(笑)

今年もどんな流れがやってくるのか楽しみです。

わくわく工房、今年も思いつくまままに動いていきますので、
皆さんよろしくお願いします。

皆さんにとっても、たくさんの機会と素敵なご縁の
年になりますように。















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。