Web手外科研究所

「手の外科無料相談所」で相談を受けたメールとその返事を患者さんの氏名を匿名にする等一部改変して掲載しています。どなたでも読者登録O.K.


テーマ:
 現在20歳の大学生(女)です。左手関節の尺側に痛みがあり、痺れや痙攣のようなものを感じることもあります。一年前にアイススケートで利き手(左)を骨折しました。コーレス骨折で、リンク近くの整形外科に連れていかれて、整復してもらい、4週間ほどギプス+3週間ギプスシーネで過ごしました。一人暮らしで遠い病院に通うのは大変だったので、2回の通院をもって近所の整形外科に転院しました。リハビリとして、四ヶ月前までジェットバスや理学療法士のマッサージを受けていました。とう骨はくっついたみたいですが、尺骨の茎状突起がほとんどない状態です。これについての説明は何も聞いていませんが…。掌を外側に向けるのが痛くて、45度くらいまでしかいきません。また、小指は意識して力をいれないとまっすぐに伸びません。尺側が痛い、と言うと湿布を出されてリハビリをしていく、というパターンでしたが、最近は赤外線治療になりました。あまり効いてない気がします…。学生なので、ものを書いたりパソコンを使う作業が多いですが、梅雨の時期はノートをとるのも難しいほど痛かったです。今もテスト期間なのですが、消炎剤を塗りながらなんとか凌いでます。料理で包丁などを使うのも億劫になりつつあります。また、部活でやっているコントラバスについてはリハビリになるから弾いても問題ない、と言われて、骨折から2ヶ月後には弾き始めました。週3~4回、平均3時間くらいです。調子に乗って弾きすぎるとその日中左手を全く使えないこともありましたが、今は適度に休憩をとって大事にしています。弾いているときは痛くても辛いことを忘れられるので続けたいですが、普段の生活が大変なので諦めるべきかもと思っています。コンバスは弾けるけど、(といってもハンデはありますが)勉強は痛くてできない、というのは理解してもらえないので…。私の現状は以上です。また病院を紹介していただけると嬉しいです。それでは、よろしくお願いします。

 メール拝見しました。
 橈骨遠位端骨折後についてですが、文面からは橈骨が骨折の影響で短縮して相対的に尺骨に長さが長くなり尺骨突き上げ症候群の症状を呈しているか受傷時にTFCC損傷を合併していた可能性が考えられます。いずれのケースでもサポーターステロイドの注射や消炎鎮痛剤(痛み止め)や湿布(貼り薬)や塗り薬等で対応し、それでも症状が続くようであれば尺骨を短くする手術等を検討することになるかと思います。整形外科の中でも手の外科が専門の医師の診察を受けられるといいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
1 57歳 女性 会社員 主婦。
2 一年前に自宅階段にて足を踏み外し、玄関のたたきに転倒、右撓骨を骨折。尺骨側に折れたため、手術を受けました。その後リハビリを続けていますが、手首の外側への回転が30度しか戻らず、食事等不便な状態です。回内は90度で事務の仕事に支障はありません。
3 主治医が開業のため病院をやめられ、担当医がかわったのですが、先生の指示でCTをとったところ、骨がねじれてついているといわれました。粉砕骨折だったためボルトを止める際、やむをえずそうしたのだろうとのこと。
4 再手術を勧められて、迷っています。ついた骨をもう一度切り、ねじれを治すとのことですが、逆に回内が悪くなる危険はあるそうです。一ヶ月位またギプスをつけ、その後の拘縮改善のリハビリの辛さ、仕事、家事への支障を思うと、他の手段はないのかと思う。また自転車や車の運転は今はできますが、回内が不自由になると事務仕事も含め、今より不自由にならないかと心配です。アドバイスいただければ幸いです。

 メール拝見しました。
 橈骨遠位端骨折後の変形治癒(ゆがんでくっ付くこと)についてですが、手術されるかどうかは現状の不自由さで決めることになると思います。一般に利き手の場合は回内(手のひらを下に向けること)の使用頻度の方が回外(手のひらを上に向けること)よりもはるかに多いので回外制限では手術しにくい面はあります。整形外科の中でも手の外科が専門の医師のセカンドオピニオンを求められ、最終的には現時点の不自由さを元に手術を受けられるかどうか決められるといいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 手の外科無料相談所 管理人 様
 はじめまして、HPを拝見してメール相談させていただきます。橈骨遠位端骨折で手術後、おおよそ順調に回復してきていますが、親指第一関節の動きが悪く、主治医からは良く分からないので様子を見ましょう、と言われています。固定プレートが悪影響を与えていることも考えられるということで、術後半年経過した頃に取り出すことに決めました。指を反らしたときに親指付け根にスジが浮き出てこないため、すじの問題かもとも言われています。3~4ヵ月後にに金属を取り出すまで様子見のようです。現在はレントゲンと触診・問診での判断ですが、原因はよく分からないようです。他に検査や処置などは必要ないのでしょうか。今後、元のように動くようになるのか心配です。また、手首の可動範囲もまだ満足いくレベルではありません。バドミントンにも早く復帰したいと思っています。御意見を頂けたらと思います。症状その他下記に記しますが、不足や不明などありましたら御指摘ください。
1.35歳、男
2.診断病名:右橈骨遠位端関節内骨折 相談したい部位:右手親指第一関節
3.利き手:右手
4.受傷後経緯:三ヶ月前、スキー場で滑走中、ハーフパイプ形状のジャンプ台から勢い良く飛び出し、うつ伏せ状態で右手を突く格好で落下。左顔面に創傷があり出血、右手首の痛みが非常に強く動かすことができず、手首に変形があった。現場からスキー場事務所までレスキューで運ばれ、事務所から救急車で病院に運ばれた。病院で診察とレントゲン撮影の結果、橈骨遠位端骨折と診断され、ズレが大きく手術が必要といわれた。搬送された病院では手技で整復を試みた(効果は分かりませんが、あまり変化なく感じた)後にシーネ固定。そのまま三角布で吊った状態で、知人の車で自宅に帰宅。翌日、現在通院中の病院を受診。ズレが大きく手術が必要と診断。当日はレントゲン・CT撮影をして帰宅。その二日後、主治医の診察を受ける。橈骨の折れた先の端部にも骨折線があるため、右橈骨遠位端関節内骨折という診断。腫れがあるため1週間ほど待って手術をすることになる。このとき搬送先で固定したシーネが長すぎて指が動かせなかったため先端部を切断。指を極力動かすように指示を受ける。その翌日から一週間の間、数日間会社に出勤した他、自宅で安静にする。受傷11日後、入院,その二日後に手術,金属プレートで固定(近年開発されたものとのこと、ロッキングプレート?)手首の手の平側、中央より親指寄りを切開。切り口の近くに1cmほど切開してドレンを留置。ズレを押し戻すため?裏側(手の甲側)も1cmほど切開。翌日からリハビリ開始。術後三日、ドレン除去・シーネ除去、術後一週間で退院,術後2.5週で抜糸、以後週2,3日のリハビリと診察1回/月の通院中。 
5.症状のある部位 リハビリを行い手首・指ともだんだん動くようになってきていますが、右手親指第一関節の動きがとても悪い状態です。手を伏せた状態からほとんど指を反らすことができません。第一関節を反らすことができません。手を開いたときにできる親指付け根の窪みができません。手の平側の曲げも十分でなく、小指付け根が触れません。親指以外の指関節は受傷前にかなり近い程度に動きます。動かさない状態で痛みや腫れなどはありません。親指付け根付近に受傷二ヵ月後まで弱い痺れがありましたが、現在はありません。手首・指を深く動かすことで手首・指周辺につっぱり感がでます。人差し指・中指をボールを握る程度の位置で曲げる力を強く入れると、手首からひじにかけて腕の内側中央のすじに痛みがあります。中指の第二関節にばね指のような症状があります。
6.今まで病院等にかかったことがあるか。あるならそこでどのような治療を受けたか
 救急で運ばれた病院で右手を引っ張られ、シーネ固定しました。さらに以前の怪我では、5年前左アキレス腱を断裂して手術したことがあります。25年ほど前に右額部分を骨折したことがあります。その他大きな怪我・病気はありません。
7.職業 製造業(セラミックス部材)の加工技術担当。製品試作や試験を行うことが多く、機械(ボタン・ダイヤルetc)の操作や、セラミックス素材・ジグ類の持ち運びや組み立て、PCでのデータ整理などが主な業務。ジグなどは10kg以上の重量物を取り扱うことも多い。また、セラミックスの角を手作業で0.2mmの面取りをするなどの手作業もあり。
8.現在行っているスポーツおよびレベル(遊び程度からプロ級まで)
 冬季:スキー(趣味中級,経験15年)
 通年:バドミントン(中上級,市民大会などに定期的に参加,学生の指導なども行う、経験23年)
相談メールの書式
 以上、よろしくお願いいたします。

 メール拝見しました。
 橈骨遠位端骨折の術後についてですが、文面からは長母指伸筋腱損傷の可能性が考えられます。実際に診察してみないと断言は出来ませんが、整形外科の中でも手の外科が専門の医師が診察すれば診断可能なはずですので整形外科の中でも手の外科が専門の医師の診察を受けられるといいかと思います。断裂していれば腱移植術か腱移行術の適応になります。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)