Web手外科研究所

「手の外科無料相談所」で相談を受けたメールとその返事を患者さんの氏名を匿名にする等一部改変して掲載しています。どなたでも読者登録O.K.


テーマ:
 はじめまして(男性 45歳)。6日前にバレーボールで右の薬指第一関節と左の小指第一関節をつき指しまして、傷みはあまりなく(たてについたりすれば痛む、腫れはまったくなし)しばらくしても指が曲がったままになっていたため、おかしいと思いインターネットで調べると腱がきれているとわかりました。仕事が忙しくなかなか病院にいけませんでしたが、本日病院へ行ってまいりました。レントゲンの結果、骨は異常なしだが腱がきれているため即手術をすすめられました。手術は、手術がたてこんでいるため1泊2日の入院して3日後のあいた時間に手術ということです。また術後、6週間くらいの間も仕事はできないでしょうといわれました。仕事は病院の給食課で配膳、もりつけ、荒い上げ等水仕事ですので両手がふさがってしまうとできない仕事です。突然の手術と仕事を6週間休まなければならなくなってしまう事で悩んでいると、手術するしかないですよとのことです。また先生(生田先生 30代)は、傷み腫れがないので本当バレーの時につき指した怪我なのか何度も聞かれ、首をかしげていました。先生は、もともとその指が少し曲がっていたのではないかということでした。高校時代バレー部でしたのでそうだったのかもしれませんが。私としては、会社を6週間休むぐらいなら、このままでもいいかという思いもあり、多少指がまがっても、手術をやめてしまおうかまたは固定でなんとか少しはましにならないのかどうかセカンドオピニオンさせていただきたくご相談させていただきました。バレーボールは、趣味でソフトバレーチーム入っています。いまままでこのようなことはなかったのですが、この、6日前は、高校の同窓会でバレーを行っていました。同窓会のボールは、本物(堅い)なのでつき指にしたのだろうと思います。今後は自粛するつもりです。3日後の手術をキャンセルして少し考える時間があるといいのですが。。。先生のご意見よろしくお願いします。

 メール拝見しました。
 文面からは腱性の槌指でしょうが、槌指でも腱性(骨折を伴わないもの)の場合は手術成績は良くなく添え木等の外固定で治療する方が成績が良いと言われています。ただ固定期間は六週間では厳しいことがしばしばあり、八週間から九週間必要なことも少なくありません。それからリハビリテーションになりますので正直手術の方がましかなと思うぐらいです。そのあたりを考えて判断することになると思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 お世話になります。私、二ヵ月半前、不注意から右手中指第一関節のところで、腱断裂、マレットフィンガー、下に70度ほどまがってしまいました。病院で、2ヶ月、金属製の指にはめる装具をつけていました。なんとなく少しずれたり、しっくりしてなかったのですが、やっとはずしたところ、まだ30度ほどまがっているし、第2関節もかたまってまげることができません。病院ではリハビリができないため、最寄の病院で、マッサージなどしてもらっていますが、7回ほど、手全体も、少しむくんでいるし、つっぱり感あり、ほとんど変わっていません。ピアノを弾くことをしているので、不安です。第1関節もまだ鍵盤押さえる状態でありません。このまましばらくリハビリを続ければよくなるでしょうか?1関節の曲がりもこれ以上無理でしょうか? よろしくお願いします。

 メール拝見しました。
 槌指の治療についてですが、基本的にはDIP関節(第一関節、爪の付け根)の伸展障害を治したいので夜間だけでも装具を継続するべきだと思います。ただPIP関節(第二関節)は可動域制限が出るとかなり指が使いにくいのでPIP関節(第二関節)のリハビリテーションはしっかり行いたいところです。異なる治療を隣どおしの関節で行わないといけないので難しいですが整形外科の中でも手の外科が専門の医師に相談されるといいかと思います。リハビリテーションは良い病院と言うよりは近くの病院を選びその分回数を増やす方がいいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 指骨折後の球技
 とあることで、5ヶ月前に薬指を骨折(剥離ですが)をしました。マレット指と呼ばれるものです。今では多少の変形はありますが良くなりました。手術はしていないので伸展をしての固定でした。問題はと言うと、この怪我をしたのが球技だったのでボールに対して恐怖心が生まれてしまっていることです。まして、今の球技大会が近づいてきているこの時期は専ら体育の授業はバレーです。もちろんアンダーハンドだけでなく、オーバーハンドもやらなくてはいけません。でも、どうしても指がすくんでしまいます。普段の生活でも長く薬指を気にする生活を送っていた為か慎重になってしまいます。強く上から押さえられたりすると不安になります。先生は去年、クラス担任だった先生なので私が3ヶ月近く体育に出ていないことは知っているので「無理はしないでね」と言ってくれますが試合などで取れなっかたりすると迷惑がかかります。どうすればこの恐怖心はなくなるでしょうか。回答お願いします。

 メール拝見しました。
 槌指についてですが治っていてバレーしても問題なければどんどんバレーをしていけばいいかと思います。恐怖心についてですが、バレーに集中していれば自然と消えてきます。基本的には競技に集中してドンドン体を動かしていけば自然と恐怖心が消えるかと思います。余分なことを考えないようにしようと思ってもなかなか難しいので、とりあえず精神状態は関係なく競技をドンドンされるといいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)