Web手外科研究所

「手の外科無料相談所」で相談を受けたメールとその返事を患者さんの氏名を匿名にする等一部改変して掲載しています。どなたでも読者登録O.K.


テーマ:
 「手の外科」管理人様
 HPからこちらの相談コーナーをみて、お便りしています。主人の指の痛みのことでご相談をさしあげました。彼はリュートという弦楽器(ギターのような奏法)の演奏を職業とする者ですが、3日ほど前から急に右手の中指がはれて、時々痛みがあるといい、腱鞘炎ではないかと心配しています。これまで腱鞘炎になったことはないのですが、このところ 年齢的なこともあって、肘や手首に痛みがでることがしばしばです。指は仕事に使うので、とても気になっており、様子をみるか、病院にいったほうがいいか、アドバイスをいただ ければ幸いです。よろしくお願いいたします。
[症状]
 64歳 男性 音楽家(撥弦楽器奏者)
 右手(右利き)の中指の第一関節と第二関節の間の甲側に違和感があり、根本あたりまで少し腫れて太くなっている。普通にしているとなんでもないが、指をぎゅっと握った時や、反らしたときなど小さなぷちっという音がして第一関節と第二関節の間の甲側に微かな痛みがある。今はテーピングをしてあまり使わないようにしていますが、このまま休ませていたらよくなるのか?積極的に治療をしたほうがいいのか?これだけでは判断がつきにくいかもしれませんがご助言、どうぞよろしくお願いいたします。

 メール拝見しました。
 文面からは指の使いすぎ等の理由で炎症が生じている可能性が考えられます。とりあえずは湿布(貼り薬)や塗り薬や消炎鎮痛剤(痛み止め)で様子を見られ、症状が軽減しなければ整形外科の中でも出来れば手の外科が専門の医師の診察を受けられるといいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 66歳、男子です。楽器(ヴィオラとチェロ)の練習のし過ぎで、左手人差し指の3つの関節が痛みます。日常痛みはありませんが、特にヴィオラの弦を指を曲げて強く押さえると痛みます。また、ピアノは(指を曲げたり、強い力を必要としないので)普通に弾くことができます。二週間前になって腱鞘炎かもと気付き、練習を一切控え、寝るときにサロンパスを指に貼り、人差し指を極力使わぬように心がけていますが、症状は改善しません。腱鞘炎でしょうか。もうしばらく様子を見るか、あるいは早目に整形外科医に診てもらった方がよいでしょうか。
以上

 メール拝見しました。
 文面からは腱鞘炎の可能性が高そうです。湿布(貼り薬)や塗り薬や消炎鎮痛剤(痛み止め)を使用しそれでもだめならばステロイドの注射を受けられるといいかと思います。市販の薬で対応できればそれでいいですし、そうでなければ整形外科を受診されるといいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
1、年齢:24歳 性別:男
2、痛む場所:左手
3、利き手:箸や鉛筆などは右で、ボールを投げたりテニスラケットを持ったりは左です。ギターは右利き用のを弾いています。
4、症状が出た時期:曖昧ですが一年半ぐらい前くらいです。ギターの練習中に初めて痛みを感じました。
5、左手親指の第一関節と第二関節の間で掌側、痺れなどはありません。
6、半年前から鍼灸院に通い、鍼とお灸の治療を受ける。現在も週一回定期的に通っています。三日前に整形外科に通いケナコルト―A 皮内用関節腔内用水懸50mg/5mL 10mg 0.5mLVをトリガーポイント注射してもらう。こちらは来院はこの一回 のみ。
7、職業:半年前より会社を退社しそれ以降現在までフリーター
8、ギターはほとんど弾いておらず一日15分ほど。スポーツは学生以来といったかんじですがランニングをほぼ毎日30分ほどしています。
相談メールの書式

 お医者様の意見をお聞きしたくてメールしました。拙い文章ですがよろしくお願い致します。私は今ギターを弾くことを職業にしたいと思っている者です。半年前に会社を辞め、一日平均4時間ほどの練習を毎日続け、指が痛くなり鍼灸院に通いだしました。腱鞘炎だと診断されました。その先生はギターの経験者で、主にギター弾きを患者とされている方でした。腕の筋肉と腱の繋がりや、毎日の運動の大切さや、同じ体制で練習し続けることの危険さなどを教えていただくと共に、鍼やお灸のおかげで指の方はだんだんと良くなってはいきました。しかし、保険適応されず、金銭的に厳しかったため、近所の整形外科に完治の手助けにならないかと思い最近行ってみました。そこで特に副作用は無いとおっしゃっていたため注射(ケナコルト)を打ってもらい、モーラステープをもらって帰りました。
 ここからが本題なのですが、腱鞘炎に対する注射の中身にステロイドが入っているということは知っていたので、帰ってインターネットで調べてみたのですが、色々とケナコルトの副作用が載っていました。糖尿病や骨粗しょう症など怖い病気が名を連ねる中、私が一番気になったのが「腱の弱化」です。繰り返し注射することにより腱が弱くなっていき、やがて腱断裂するとのことでした。まだ一回しか注射してないのでいきなり断裂は無いと思いますが腱が弱くなることにとても不安を感じています。
 ここで質問なのですが、
①「腱の弱化」の副作用は注射をしたら必ずなるのでしょうか、なる人とならない人といるのでしょうか。
② もしこの「腱の弱化」の副作用が現れていた場合、ステロイド潜伏期間が過ぎれば弱った腱は回復していくのでしょうか。また、過ぎても回復していかない場合、元の状態に回復させる手立てはあるのでしょうか。本当は注射を打ってもらった先生にお聞きするのが一番なのかとは思いますが、副作用は無いといい注射したこと、病院が混んでいるせいかあまり質問させてもらえる雰囲気では無かったこと、手の外科の専門医では無かったこと、視診触診があまり無かったこと、などから不信感があり、他の専門医の方にお聞きしたかったのです。ちなみに注射をして二日と少し経ちますが、少し腫れているものの今現在では特に副作用が出たという感覚はありません。私はギター弾きになりたいのですが、まだまだ技術的にも未熟で夢半ばといったかんじです。プロになる道のスタートラインですでに腱鞘炎になっている私としては、腱が弱くなったままの状態では軌道にのれるとは到底思えず、この副作用の存在を知ってから毎日絶望感を感じています。願わくば注射前の状態に戻りたいと思っています。注射しなければよかったと思い後悔の念があとを絶ちません。しかし、あるインターネットサイトで腱はステロイドで弱っても回復していくとの書き込みがあり、一縷の望みを持って書いている次第です。顔も知らない人間から泣き付かれるのはさぞかし迷惑とは思います。しかし、手の外科を全国的に紹介されており信憑性を感じるのと、お金の無い現状の私としては泣き付かずにはいられませんでした。大変お忙しいとは思いますが、手の空いたときでいいので返信のほう、どうかよろしくお願い致します。

 メール拝見しました。
 ステロイドの注射についてですが、
①理論的には腱が弱くなるのかもしれませんが、私はステロイドの注射は山のような数を行いましたがステロイドの注射で腱が断裂した人は私は見たことも聞いたこともありません。おそらく腱が弱くなって何らかの問題が出る可能性はほとんどゼロだと思います。
②腱が弱くなって何らかの症状が出た人がいないのでそれが回復するかどうかと言われましても何とも言えません。
 基本的には腱が弱くなる副作用は気にしなくていいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)