Web手外科研究所

「手の外科無料相談所」で相談を受けたメールとその返事を患者さんの氏名を匿名にする等一部改変して掲載しています。どなたでも読者登録O.K.


テーマ:
 大型トラックの運転手の娘婿の件ですが、1年まえに手首がキーンベック病になり会社の許可を得て居住地ちかくの大学病院で手術をうけましたがその後かんばしくない様で手の外科病院一覧にある病院でみてもらったところ合併症の反射性交感神経性ジストロフイーがダブルで出ていると言われ手術を勧められたようですが、信頼のおける先生と病院名を教えてもらえませんでしょおうか。年齢は30歳です。よろしくお願いします。

 メール拝見しました。
 キーンベック病の術後でRSDが出現しているとのことですが、RSDだけならば手術を行うことはあまりなく、ステロイド入りの局所静脈麻酔(要は腕一本の麻酔)下で授動術(リハビリテーションのようなこと)を検討しながらリハビリテーションを行うことになります。局所静脈麻酔下の授動術自体は技術はほとんど要りませんのでこれを行っているところでしたらどこでもいいかと思います。他に問題があるかどうかの診断が重要で問題があればその診断、治療をしっかり行うことが重要ですが、手の外科病院一覧にある病院での診断ならば信用してそこで治療を受けられて問題ないかと思います。リハビリテーションに関しましてはどこで行うかよりも何回行うかの方が重要ですので近くで通院しやすいところで行われた方がいいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 先生、はじめまして。実母がキーンベック病と診断されました。いろいろ調べていくうちに先生のホームページにたどりつきました。
母は、年齢62歳、女性
慢性腎不全のため週三回、人工透析(血液透析)を受けています。人工透析は四年半前に開始。(人工透析のシャント血管が左手に作ってあります。)左手月状骨が壊死していて、夜も眠れないくらい痛みます。利き手は右手です。現在は専業主婦ですが以前は手を酷使する仕事をしていました。
症状が出てきたのは、10日前です。痛みが強く、翌日、外科を受診し、レントゲンを撮りました。月状骨が黒く映り、壊死しており、キーンベック病であると言われました。そこの外科ではキーンベック病は専門外なので、他の病院を受診するように言われました。二日前に市立病院を受診しましたが、専門外ということで、現在の病院を紹介されました。その病院にはその日は、手の外科専門の先生が不在であり、手の外科の先生には診ていただくことができず、手の外科専門ではない医師の診察を受けました。レントゲンを撮り、左手月状骨壊死・キーンベック病との診断で、シャント肢の手術は考えず、消炎鎮痛剤湿布で様子を見ましょうといわれました。透析患者のため止血が難しくなるかもしれない、との理由で痛み止めの注射を打ってもらえませんでした。痛み止めの漢方薬・消炎鎮痛剤湿布(10日分)が処方されましたが、飲んでも貼っても効かない位痛みます。
そこで先生に質問なのですが、
キーンベック病の痛みを取る方法はありますか?
 壊死してしまっている月状骨をそのままにしておいて大丈夫なのでしょうか?
 他のところに壊死がひろがったりしませんか?
②痛みはいつまで続くのでしょうか?消炎鎮痛剤湿布で様子を見ていて痛みが治まっていく可能性はあるのでしょうか?
キーンベック病の手術をして傷が回復したら痛みは治まるものなのでしょうか?
④シャントのある手でも手術は可能ですか?出血、止血については大丈夫なのでしょうか?
⑤透析患者のシャント肢、キーンベック病 治療で注意すべき点はありますか?
 稚拙な文章、質問で申し訳ございません。なんとか痛みから解放してあげたいとの思いからメールをさせていただきました。お忙しいかと思いますが、回答を心よりお待ち申し上げております。

 メール拝見しました。
 キーンベック病の治療についてですが、
①湿布(貼り薬)や漢方薬ではさすがに鎮痛効果が小さいので消炎鎮痛剤(痛み止め)や座薬等を併用された方がいいかと思います。
②長期的には痛みは軽減する可能性も十分考えられますが時間が相当かかります。手術を検討する方が一般的な治療だと思います。
③術後経過は一般的に良好です。
④駆血帯を使用しなければ手術可能です。
⑤特にありません。
 整形外科の中でも手の外科が専門の医師の診察を受け、駆血帯を使用しないで手術すれば問題ないかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 夫の、キーンベック病についてご相談です。夫は、風邪で寝込んでいますので・・・ 41歳で、職業は、ダンボールの製造会社で、手首を酷使するようです。以前は、溶接工でその頃からちょっと痛かったようです。1年前、左手首が痛く、整形外科に行ったところ、キーンベック病と診断されました。そのときは、心配になり、総合病院の紹介状をもらいましたが、そんなに深刻な感じではなかったようで、仕事も何とかできていたし、会社も休めなかったので、1年経ってしまいました。最近、痛みがひどくなり、三週間前に、先生の診断を受け、昨日MRIをとり、レベルがB4ということで、骨がかわいそうだからと言っていたらしく、手術ということになりました。手術の内容は、夫に聞かないとわからないのですが、術後、6ヶ月間ギブスで、その後治るかは、「神のみぞ知る」といわれたようです。セカンドオピニオンをするかどうか悩んでいます。主人は気後れしていますが、ネットで見ると、手術は、最終手段で、まず温存療法とありました。手術をしても、治る病気ではないようで、その後も同じ仕事を続けるとしたら、またひどくなるかもしれないし・・・会社側は、6ヶ月間は、現場監督をしてくれれば良いといってくれているようで、主人も、手首を酷使する仕事は、ローテーションでやるようにする。といっているのですが、人が少ないので、やらざる終えない状況になるのでは・・・と心配です。先生は、仕事を変えるほどではない、と言っていたようですが、手術より、温存療法が良いなら、思い切って今より手を使わない仕事に変えるべきでは?とも思います。お返事お待ちしています。

 メール拝見しました。
 キーンベック病の治療についてですが、B4という分類はなくBのつく分類はstage3Bになります。もしそうだとすれば手術による治療が必要になります。また術後ギプスの期間は六ヶ月も要することはなく(万が一そうなら手術はすぐに止めるべき)六週間の間違いではと思います。手を使わない仕事に変更してもそれほどメリットはありませんので基本的には手術を受けられるべきだと思います。キーンベック病の術式は多数あり、医師によって術式が相当異なりますので(逆に言うとどれも一長一短で決定版の手術がない)セカンドオピニオンを求められた方がいいかと思います。受診の際にはレントゲンやMRI等の検査結果は出来るだけ病院で貸し出しの手続きをとって持参された方が同じ検査を二度しなくて済む分時間的にも金銭的にも効率がいいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)