Yukoのハンドメイド+着物雑記

ソーイング、デコ、編み物など手仕事が好きです。
私が手作りしたものの紹介、作り方や型紙、tetoteさんでの出品情報やイベント情報などを記録しています。
着物も好きで、着物、着付けに関することも。


テーマ:
今回のきものブリリアンツ全国大会では

昨日アップした↓こんな感じのおきもので臨みました。

$Yukoのハンドメイド+着物雑記-田中一村のきもの

今日はコーディネートの詳細を

記録のために書かせてもらおうと思います。



日本和装の修了生や関係者なら

説明不要でお分かりかと思いますが、

着物も帯も、画家 田中一村氏の作品から取った

柄になっています。




今回のコーデは一目惚れした帯が主役です。

夜の海を思わせる引き箔の美しい色合い、

そこに描かれた奄美大島の自然。

ため息が出るほど美しい帯です。

Yukoのハンドメイド+着物雑記-田中一村のきもの(アップ)

帯の前の部分は奄美大島の立神岩(たてがみいわ)

お太鼓には南国の花、赤水木(だと思います)。

このお花の名前が分からず、

自分でいろいろ調べてみた結果、

おそらく赤水木かと。参考にしたページ→花図鑑 赤水木

Yukoのハンドメイド+着物雑記-田中一村の着物(後ろ)

実はこのお太鼓部分は

今回のコーディネートで見せられなかった部分に

美しいお月様が隠れているんです。

お太鼓の上の方にある花のもう少し上あたりに

お月様があるので、お月様を見せようと思うと

下の大きなお花が隠れてしまいます。

今回、どちらをメインで見せようか迷いましたが、

お月様はまたの機会に登場してもらうことにしました。






そして、きものは大島紬の訪問着。

訪問着といっても柄があるのは上前だけという

なんとも贅沢で上品な、無地場を活かしたデザインです。

白糸と黒糸で織られた生地は

白糸が多めなので、遠目には光沢のあるライトグレーに見えます。

上前に描かれたお花は帯にも描かれている赤水木。

着物はとにかくシンプルでシックな印象なんですが、

実は共八掛のお色が淡い小豆色というか、

かわいらしい色合いで、上前の裏には

一輪、小さなお花も描かれています。

ちらっと↓

Yukoのハンドメイド+着物雑記-田中一村のきものの八掛

ぱっと見はシンプルでクール、

でもちらっと見える八掛が女性らしくてかわいいという

なんとも心憎いおきものです。




小物類は、小豆色とシルバーの三分紐を2本使いして

近付かないと見えませんが赤水木が描かれた

小豆色の帯留めをしています。

帯揚げは大島美術館オリジナルのラメ入りのもの。
$Yukoのハンドメイド+着物雑記-ラメラメ帯揚げ

半衿はシンプルに白ですが、重ね衿も2本使いしています。

そして、紫色の髪飾りのお花は花水木です。

「ミズキ」つながり、になりました。






応援に着てくれた母は

きものは祖母の付け下げ、帯は加納幸さんの

生成り色の織り地にやさしくて上品な柄の刺繍入りの帯。

$Yukoのハンドメイド+着物雑記-加納幸の生成りの帯

全体に上品でやさしいコーデになりました。





さて、今回私が身につけた帯ですが、

今度は是非お月様バージョンで結んでみたいです。

いつその機会が来るか分かりませんが、

お月様はその時までお待ちくださいねべーっだ!


よかったらポチッとお願いします
 ↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

ペタしてね 読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

*Yuko*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。