みんなの思い

テーマ:

2011.7.17 結成10周年

Anniversary One-man Live 

at 渋谷クロコダイルにて

東日本大震災義援金募金へ

皆様の心温まるご協力を賜りまして、

誠にありがとうございました。 

皆様からお預かり致しました義援金の総額は

下記の通りとなりました。 


¥50,539 

皆様の思いを2011年8月10日

福島県 飯舘村 菅野典雄村長へ役場の村長室にて

代表して福島県出身であるCho:keroが直接お渡ししてきました。

Cho:keroからご報告をさせていただきます。


飯舘村は6月22日より

福島市の飯野町へ村役場を移転しています。

飯舘村村長 菅野典雄氏と村の議員さんとお話して参りました。

現状は厳しく、現在(8/10現在)は土壌の除染実験をしているそうです。

「飯舘村のため、未来の子供たちのために役立ててください。」と

お伝えし、しっかりお渡ししてきました。

温かいハンダワンダのお客様からのご支援と気持ちです、と。

10周年LIVEに来てくださり、募金にご協力くださった

皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

「皆様のお気持ちに感謝申し上げます。

必ず、役立てさせていただきます。」

と村長より皆様へメッセージをいただきました。


本当に大変な状況の中、村のため村民のために目標を定め

必死で仕事をしている方々の姿を目の当たりにし、

飯舘村の皆様の絆と故郷への思いを実感しました。

笑顔を取り戻し、希望を見つけ未来を見据える菅野村長。

私も自分にできる支援を、考え続けていこうと

決意をあらたにしました。

飯舘村は「までい」の村。

「までい」とは「真の手」と書いて「真手(まて)」のなまったもの。

意味は左右そろった手、というところから深みのある理念へと広がっています。

※ご興味のある方は是非調べてくださいませ!

こちらの2冊は書店でもお求めいただけます。

グリーンの本は飯舘村の皆様の笑顔がつまっています。

(購入いただくと支援へとつながります。)

白い書籍は、菅野典雄村長が現在までの経緯と

思いを綴ったもの。

飯舘村への思い、震災、放射能、村民の避難、土壌汚染・・・・

現実とは思いたくない現実が。お読みいただければと思います。

Cho:Kero


皆様の温かいお気持ちに感謝しております。

被災地の皆さんが笑顔で毎日を過ごせる事をお祈りし

微力でございますが、お役に立てることを続けていきたいと思います。



AD