半田カメラ/気になったら とりあえず行ってみるブログ

カメラマンで巨大仏像写真家の半田カメラが、
「気になったら とりあえず行ってみる」
をモットーに、彷徨いつづける日々の記録です。

NEWS!】
大仏写真家半田カメラのほぼ大仏、たま~に穴な記事
「日本ワタシ遺産」毎日新聞ニュースサイト隔週日曜リリース中です。
ウェブ版です、どなたもお気軽にご覧ください→「日本ワタシ遺産」

日本ワタシ遺産

念願の大仏写真集
「牛久大仏はそこにいる。」 を出版することになりました。
その出版記念という形で
 第2回巨大仏像写真展「夢みる巨大仏」
2016年6月17(金)~22日(水)12:00~20:00(最終日~17:00)
新宿眼科画廊スペースO(1階スペース突き当たり一番奥)で行います!


「夢みる巨大仏」

  2013年11月に行いました、半田カメラ 第1回 巨大仏像写真展の写真は
こちらからご覧になれます→ 「恋する巨大仏 Kyodaibutsu in love」


恋する巨大仏


NEW !
テーマ:

念願の北海道に行ってきました。

いや、北海道は以前にも行ったことはあります。
でもそれは大仏写真家として開眼する前のお話しです。
大仏写真家と名乗りはじめてからというもの、
ずっと「北海道に行きたい、行きたい…」
と言いながらなかなかタイミングがあわずにいましたが、
とうとうこの度行ってまいりました、北海道大仏行脚に!

とは言え、子連れ旅ですので、
いつものようにアッチもコッチも、というわけにはいきません。
かなり「ココだ!」というところを絞って行って来ました。
ということで、北海道大仏行脚の一部をご紹介していこうと思います。

まず、はるばる北海道に来たのなら、
どーーしてもお会いしたかった大仏さまがいらっしゃいます。
それは45メートルの涅槃仏です。

涅槃仏っていうのはお釈迦様が入滅される様子を模したもの。
ですから横たわる巨大仏!
それが45メートルって!
どんな感じで横たわってらっしゃるのか…
とっても気になりますよね。

こんな感じです。

涅槃大佛
正面から見ると建物に隠れてしまうんですが、
建物を通り過ぎると黄金の横たわる巨大な人が現れます。

その時のハミ出てる感ったら!
なんて例えたらいいんでしょう…
まるで巨大な羊羹が包みからにゅっと出てるみたいな…
いや、ごめんなさい!
ちょっと失礼な例えだったですね。
いい例えが思い浮かばないのですが、とにかく!
今までに経験したことのない新手のヌッと感がとても新鮮です。

涅槃大佛

この涅槃像はもともとは函館にあったものなのですが、
いろいろありまして…(そこは哀しい物語なので省きます)
現在はここ札幌の舎利山 仏願寺さんに再就職といいますか、
安息の地を見付けられた、といったところでしょうか。

この日は曇天で納得がいかなかったので、
実は翌日も行きました。

涅槃大佛
言わなくてもお分かりでしょうが、右が翌日です。
ほら、やっぱり黄金の仏さまには青空がよく似合います。

私が行ったのはゴールデンウィーク直前の4月末で、
5月の連休中にある「花まつり」の準備中でした。
「花まつり」というのはお釈迦様の誕生日で、本来は4月8日です。
ですが北海道では4月の初めはまだ寒いので、1ヶ月近く遅らせて行うのだそうです。
私も秋田出身で成人式は夏に行われてたので、その理屈はよく理解できます。

なんて、前置きが長くなりました。
さっそく本堂に入れていただき、
涅槃大佛さまを真っ正面からドーーン
と拝ませていただきましょう!

涅槃大佛
真っ正面からドーーン!!
本堂から出て美しい庭園から見た、
納骨堂の上に横たわる涅槃大佛さまのお姿は、こんなド迫力!
目の当たりにすると迫力と眩しさに言葉を失います。

これだけではありません。
もうひとつお寺さんのオススメの絶景がこちらの光景です。

涅槃大佛
納骨堂側から本堂を振り返ると、
ガラスに映る大仏さまのお姿が!!

これははじめから写り込むように設計して作ったのではなく、
作ってみたらこうだったのだそうです。
アメージング!
なんという偶然の悪戯でしょうか。
設計した方に心から拍手を贈りたいと思います。

花まつりのご準備でお忙しいにもかかわらず、
お寺の方はとても親切に対応してくださいまして、感激しました。
2日つづけて行ったので、完全に覚えられましたね。
しかも子連れでしたしね。

  涅槃大佛

ついつい可愛いぷくぷく涅槃大仏さまのイラスト入りのお守り、
購入してしまいました。これはレア物ですよ!

長くなりましたが、
最後に今回の私のお気に入りの一枚です。

涅槃大佛

飛ぶ鳥の影がお顔に…!
こんなの涅槃像でないとなかなか撮れない瞬間ですよ。
まるで夢見てらっしゃるかのような安らかな表情です。

そうそう、6月17日から行う、
巨大仏像写真展「夢見る巨大仏」 では、
ここには出さなかった別カットを展示予定でございます。
ぜひ写真展にもお越しくださいませ!
と、結局は今日も告知で終わるブログなのでした。
AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は久しぶりに大仏ブログでも告知でもなく、
日々のちょっとしたネタです。
最近どうにも気になって仕方がないことがあるので書いてみることにします。
少し長くなりますが、よろしければお付き合いください。

私のようなダメ人間日本代表みたいなもんが、
人間を育てるだなんてこと、はたして出来るのか?
と思いながらも子供を育てはじめ、もうすぐ一年が経とうとしています。

曲がりなりにも母親になった私が、
今モーレツに気になっているのが「やや怖オモチャ」です。

ここで言うところの「やや怖」は、
ケガをする危険性があるとかいう意味ではなく、
「キャラクターの顔がやや怖い」という意味です。

幼児向け番組「おかあさんといっしょ」のキャラクターが一新され、
ネット上で「子供が泣くだろ、怖い」などと言われていますが、
あんなのぜんぜん怖くなんかないです、可愛いです。

もっともっと怖いキャラクターが
子供のオモチャの世界にはびこっているのです。

今日はそんなお話しです。


子供が出来て最初にいただいたオモチャに「ベビージム」と呼ばれるものがありました。
テントみたいに組み立て、赤ちゃんが寝転がっている時、
上からオモチャがぶら下がるようになっていて、うちの子供も大変お世話になりました。
赤ちゃん目線で見るとこんな感じ。

怖いオモチャ

この中央にぶら下がっているチョウチョさん的なもの、
赤ちゃんにはとっても面白いらしく、うちの子もよく触って遊んでいましたが、
これ大人目線だと、怖いんです。

怖いオモチャ

なんとなく、どことなく、そこはかとなく怖い感、
ないですか?

こういうチョウチョさんだたり虫さんだったりシリーズは、
うちにあるだけでも何種類もありまして。
例えばこれも、もらいものですが、

怖いオモチャ

顔だけ見れば可愛いかなって騙されそうですけど、
この模様とか、色味とか、なんでなんとなく怖い感でちゃうんでしょう。
いや、子供はとても気に入って遊んでました、これも。

子供にはカンケーないんですね。
気持ち悪そうとか、怖そうとか、安いとか、高いとか、
クオリティーとかもぜんぜんカンケーないんです!
(少なくともまだ今の月齢では、ですが)
だったら安くていいやってなって、
最近は100均のオモチャばっかり買ってるんですけどね。

でもまぁこれらの虫さん系は、どこかしら海外の風が吹いてますよね。
なんとなくアメリカンな感じのキャラクターって、
日本人的にはちょっと怖かったりするものです。
それで納得していたんです。

が、つい先日、
パッケージに思いっきり「日本製」って書いてるにもかかわらず、
とってもとってもナイスなキャラ満載アイテムを見付けてしまったんです。

それがこちら

怖いオモチャ

お風呂で遊ぶオモチャで、謎の生き物たちと、
それをすくうらしき網的なもののセット。

生き物たちは、クジラだったりイルカだったり、はたまたラッコ、
ペンギン、イカ、タコ、カニ、などなどがみんな同じサイズ感で盛りだくさんです。

いや、いいでしょうサイズ感がおかしいのは、よくあることです。
でも魚っぽいのが唯一「ヒラメ」だけだったりして、
チョイスが独特でナイスなんです。

怖いオモチャ

イカタコの目もちょっと怖い感がします。
やはり黒目が小さめなのはよろしくない。
アン◯ンマンを見習っていただいた方がいいのではないでしょうか。

怖いオモチャ

ラッコってすくうイメージないなぁ。
ラッコってこんな感じだったかなぁ…
そうかもしれないけど、なんか違う気もします。

誤差の範囲内ぐらいなちょっとした怖さを感じるのは、
私の目が汚れているからでしょうか。

怖いオモチャ

私的にこれがこのシリーズ最大のヒット作だなって思ったのが、
こちらのヒトデさん。

怖いオモチャ

外側だけミョーにリアルなんですけど、
中央にキュートなお顔がついてて、蝶ネクタイもしてる。
これ、うちの子供が握って離さなかったやつです。
恐るべし赤ちゃん感覚。
…いや、ピンクが好きっていうだけかもしれないですが。
赤ちゃんの気持ちは解りません、汚れちまった私みたいな大人には。

とにかく、
最近こういうやや怖オモチャ探しにハマっております。
実に楽しいです。
子育ても楽しいですが、子供の世界にはびこる愉快な仲間たちが、
本当にいろんな意味で愉快です。
そう思っちゃうところが汚れちまってるんだろうとは思いますが、
秘かに新たな世界を見付けてしまった気がしています。

また何か新たなシリーズが見付かったらお知らせするかもしれません。
きっとまだ愉快な仲間たちは潜んでいるはずです。
いままで全く知らなかった赤ちゃんの世界は、
まだまだ謎につつまれています。
AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

半田カメラのほぼ大仏ときどき穴、
ときどき超絶キュートな建造物…
一言で言ってしまえば異空間スポット紹介記事、
「日本ワタシ遺産」毎日新聞ニュースサイト
隔週日曜日リリースされています。

本日5月22日は連載6回目
「登録No.06 はに丸タワー/No.07 木造駅舎」
巨大癒し系建造物二本立てです。

はに丸タワー

この写真の「はに丸タワー」は高さ17.3メートル
その名のまんまのハニワ型のタワーです。
悶絶必至のキュートすぎるルックスに似合わぬそのデカさ!
絶対に癒されます。
東京砂漠で疲れきっている方には超絶にオススメしたいです。

そしてもうひとつ木造駅舎ですが、
ここで写真や内容に触れてしまうと、完全にネタバレになります。
正直、出オチです。
サイトをご覧になって驚き、癒されていただきたいと思います。

ということで、
こちらから前回の記事もまとめてご覧いただけるようになってます。
「日本ワタシ遺産」
どうぞよろしくお願いいたします。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月のブログ「 巨大仏手ぬぐいを作ろうプロジェクト」 で、
オリジナル大仏手ぬぐいを制作するということで、
4種類のデザイン案でアンケートをとった話しを書きました。

その大仏手ぬぐいが出来上がりましたので、
こちらでご報告いたします。
結局、悩んだ末に4種類から2種類を作ることにしました。

まずは「大仏まみれ」タイプですが、
白と青の2案のどちらがいいかとTwitter、Facebookで
ご意見をいただいたところ、白の方が多数でした。
ですので、
白(生成り)に茶色の大仏たちで決定!


最初のデザインから、もう少し大仏の数を増やして、
「まみれ感」をより強くしてみました。

大仏手ぬぐい

シークレット大仏として、ハニベ大仏に登場してもらって、
胸部分に「夢みる巨大仏」というロゴを入れてみました。

大仏手ぬぐい

仕上がりはこんな感じです。
一部なので分かりづらいかな。
でもそれは写真展で販売するときまでのお楽しみな感じで。
わりとデザイン通りに可愛くできたんじゃないかと思います。

つづいて「Gメン75」改め「大仏ずらり」タイプ。

手拭い案1

こちらはこの2案でしたが、どちらも同じくらいの人気で、
どちらにしようか悩んでいたのでした。

で、間をとったと言いますか、
ちょっと修正を入れまして、こんな感じで入稿しました。

大仏手ぬぐい
生地の白地を一部残して、
ポイントと背景に黄色を使う形にしてみました。

これを入稿して仕上がりがこんな感じ。

大仏手ぬぐい
黄色がイメージよりもややオレンジぎみかなと思いますが、
洗濯して何度も使ったら色も変わるかもしれないですし、
これはこれで良いかな、と思います。

この2種類をたたんで帯を付けまして、
これで出来上がりです。

巨大仏手ぬぐい

いかかでしょう、
我ながらカワイクできたんじゃないでしょうか。

これを1パターン限定50枚の計100枚
6月17日から開催する
第2回巨大仏像写真展「夢みる巨大仏」

で販売します。

価格は、数が少ないので上がってしまって申し訳ないのですが、
1500円にしようと思ってます。
写真集より売れてもそれはそれで困りますが…
ぜひともどちらもよろしくお願いいたします!

引き続き制作を頑張ってまいります。
ということで、写真展途中経過情報でした。

いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

育児と仕事と大仏な日々にアワアワしているうちに、
アッという間に大仏写真展まで1ヶ月となってしまいました。
ブログもまともに更新できておらずスミマセン…。

半田カメラ念願の大仏写真集 「牛久大仏はそこにいる。」
はもうすでに、茨城県牛久市の牛久大仏で販売されていますが、
その出版記念という形で
 第2回巨大仏像写真展「夢みる巨大仏」
2016年6月17(金)~22日(水)
12:00~20:00(最終日~17:00)
新宿眼科画廊スペースO(1階スペース突き当たり一番奥)
で行います!


冒頭で書いたような状況の中、準備をなんとかかんとか進めていまして、
やっと、写真展の大まかな構成が決まったかな、という状況です。

今回はメインエリアで半田カメラがオススメする、
日本の厳選巨大仏をご紹介。
そしてサブエリアで、写真集の主役である牛久大仏ゾーンを作り、
写真集に掲載の写真、今回惜しくも掲載を見送った写真を展示します。

それ以外に物品の販売コーナーと、
個人的には今回の目玉と考えています「大仏胎内エリア」を作る予定です。
…言っちゃったから作りますよ…
まだぜんぜんやってないけど…頑張ります。

ということで、今回も巨大仏MAPを作っていますので、
まだ制作途中ですが、チラリとご紹介します。

大仏MAP

イラストのみでどれがどの大仏さまか分かったアナタは大仏マニア!
画廊がけっこう広いので、かなりの数の写真を展示できます。
ちょっと欲張ってアノ大仏も、コノ大仏もってしていたら、
MAPがかなりウジャウジャしてきてしまいました。

このMAPを観てお気づきになった方もいらっしゃるのでは?
そうです、半田カメラの大仏行脚ではまだ未開拓の地であった、
「北海道」に大仏のイラストが!

そうなんです、先日北海道の大仏行脚に行ってまいりました!
まだバタバタとしておりまして、ブログも書けていません、しばしお待ち下さい。
もしかしたらブログより写真展が先になってしまう可能性も…
今回写真展に北海道の2大仏をご紹介する予定です。

九州はいまだ未開の地でございます…
できれば今年中に一度行きたいと思っておりますが、どうなることやら。

そんなこんなで頑張って準備を進めております。
ぜひ皆さま6月に新宿でお会いしましょう~!




いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。