昨年から開催されていた ラブ

マリー・アントワネット展

(六本木 / 森アーツセンターギャラリー52階)

やっとこ やっと 行ってきましたっ↑ひよざえもん ラブラブ


注※ 前置き含め 長いので お覚悟あれ〜ひよのしん
フフフ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


入場前から混むのは知っていたので
空いてそうな時間帯と思い

しかも平日

わざと夕方近くに出向く事にしたのです

で、夕方4時半頃に着き

チケット売り場へ急ぐと

えっ えっーーーー!!!!!!!!ビックリ

そこには 長蛇の列

でもって 会場まで[70分待ち]となっなく

マジでっひよざえもん がーん

噂に聞いていたとはいっても

さすがに その光景を目の当たりにすると

気が遠くなりそうだったわよっとのさまどーん

とにかく 待った甲斐があったと

ぜーーったい思う事間違いないっので

まだか まだかと…音楽を聞きながら待ちましたよ

チケットゲットしたら

今度はエレベーターに乗るまで…

さらなる 長蛇の列 ガクリ

そして そして

やーーっとこさ エレベーターに乗れて

52階に着き サクサクと早足で会場入り口に向かって

レッツらゴーおんぷおんぷ

っつ え゛!

[入場制限]の為の長蛇の列

おいおいっっつーーー苦笑

(心の中で今日は何回突っ込み入れているんだワタシっ)

そして やっと  ほんとうにやっと

入場でけたーーー泣き1↑↑↑↑

すでに たどり着くまでに

1時間以上は経っていたので…

パワーは(もち観賞するべくパワーさっ)

完璧に充電できましたからねっひよのしんきらきら!!

気合い入れて 潜入しましたぁ〜キャハハ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


会場へ入ってゆっくり くまなく

説明文は勿論のこと

絵画を穴があくほど見つめ

感激と感動が入り交じり

クラクラするとはこのことかっっWハートおんぷ

っという 状態なワタシ ↑

関連書籍や映画(DVD)を結構 集めているので

そこに載っていた絵画の写真の

実物を

(しかも殆どが想像していた以上に大きいサイズだった)

見られた事に 心が震えましたよハート

(過去 ヴェルサイユ宮殿は訪れた事がありますが
これだけの点数をしっかり見た記憶はありません←ツアーで行くと時間が限られていたからね)

場内は相変わらずの人の多さでしたが

とにかく一番見えるポジションが確保できるまで

ゆっくりと(絵の前が)空くのを待ちながら

じっくりを場内を進んでいきました




このポスターにもなっている絵

とにかく見上げるほど大きいサイズで

まるでアントワネットの等身大じゃないでしょうねっ

ってくらいのサイズに驚きましたよキャハハWハート

また逆に大きいと思っていたのに

案外 小ぶりなサイズの絵だったとか

とにかく

今までいくつもギャラリーを見に行ってきましたが

やはり私の中では一番ラブなギャラリーでしたよ(サイコー上げ上げ)

で、その展示の中でとても今時なコーナーがあり

それは今回の展覧会の為に国立公文書館に残されたデッサンをもとに最新デジタル技術で再現されていたのが

凄かった (頭がくらぁ〜り)

その部屋を歩いて見渡しているような錯覚

全て映像がなせる技によって

宮殿の一角にいる錯覚と窓から飛び出て

ヴェルサイユ宮殿、庭園、プチトリアノンを

俯瞰

まるで空を飛んでいるような錯覚に

(TDLのスターツアーズ的な…映像による体感みたいな)

ただその映像空間に立って見ているだけなのに

自分が動いているかのような…

こういった企画が組み込まれているのは

凄く斬新だと思いましたっにこ


今回 購入した展示会の全てに詳しく説明がされている書籍




結構 厚さがあります

写真が綺麗です

何よりも 詳しい説明が(会場内より)書かれているので

これを読んでから 見たら

もっともーーっと 感動は深まる事間違いないなぁ〜と

再度出向く事ができるか

検討してみようっと ぺこ (可能性は低いけど)

(だってさ この先 生きてる間にもう一度見られるか分からないって気がするし…わざわざフランスへ行くことだってできるのかこの先の事は分からないからねぇ)

見ておけるならば 入館料1800円なんて安いものじゃっひよざえもん ラブラブ

ハッハッハッハ



終盤になると 王妃の最期に向かって

展示内容が なんとなく地味な感じへと変わっていくんですよ

私がいくつか持っている書籍でも

知り得なかった物を見ることができたのですが

それは王妃が幽閉中に来ていた

リネンとコットンでできたシュミーズが

展示されていたのですっ!!!!!!!!

あまりにも粗末すぎな物に驚いた……

扱いが酷かった事が伺えます



その実際のシュミーズは…

襟元は大きく開いていて

5分袖位でストンとした

幅広く若干Aラインのワンピースのような

シュミーズ

(透け感があって薄地)


そして最後の展示の物は…

処刑台に向かう階段を急いで登ったせいで

片方の短靴が脱げてしまった

……その片方の短靴が展示されていました


なぜにそれがその時の靴だったのか

この短靴における価値が生み出された理由が

それを意味する内容が

短靴の中敷きに記載されていたからでした
(19世紀に書かれたもの)

短靴はすぐにランヴィル伯爵に購入された…という事も記載されいます


絵画の美しさと迫力も素晴らしい物でしたが

実際 王妃が身につけていた物や使用されていた化粧ビンとか食器とか

見ると…

書物などを読みまくってきた者としては

想像していた物の[本物]を見ることができたことで

その時代への想像力に
よりリアル感を加えることができましたキラキラ


で、会場を出る手前に関連SHOPがあり

すでにその時点で

閉館10分前であった事に

ビックリ !!!!!!!!

そんなに長い時間 見学していたのかっっえ゛!

(まぁ 人が多いから進みが悪いのはともかく
私自身…一つを見る時間が長かったからね)




そこで購入したのは

今回の展示内容が全て解説された書籍と、

[original マリー・アントワネット teabag]
(ローズの香り付き)

実は私…ローズの香りの紅茶

あまり好んで飲みません苦笑

(ハーブteaとかも実はニガテだったりするひよざえもん がーん)

ですが

(フランス パリからの商品に日本語の内容表記のシールご貼ってあったの)

これは[記念]に買っておこう〜キャハハ

てな感じで購入したわけですにこハハハ


帰りのエレベーター前でも並んだし

やっとこ外に出て

風が強かったせいで夜空には雲一つなく

ビルの明かりが綺麗で

ヒルズのビルを見上げ 思わずパシャぺこ






52階で会場を出たら展望台の通路と繋がっていて

あまりにも 綺麗な夜景(久しぶりに見た)

だったので




どっち方面かはわかりませんが

これを写してみて……

スマホって凄いよなー

あんなに遠くまで美しさをとらえるんだぁ

と、スマホのカメラ機能に感心しちゃった上げ上げ

(夜景の感動はそこそこで…てれ(苦笑))


家を出てから…ギャラリー…家に帰り付くまで なんと

       5時間を費やしていたっっ え゛!

(その内 交通手段に費やした時間は往復でも70分位)

  ギャラリーのみ目的に費やした時間としては

私の記憶では初めてだった

この文章の冒頭のほうで

再度 行こうと思っていたとしていたけれど

うーーーん 5時間を作れるほど

開催残り一週間とせまった中で

私は予定が組み込められるのか………

難しくなってきた  ほろり


次の日の朝…… 体の特に背中や足腰

      筋肉痛 だった ガクリ  (柔なワタシ😅)
























AD

あまりにも好き過ぎがこうじて…ラブ

とうとう

【スターバックスコーヒーセミナー】

に、参加しちゃいましたよっっキャハハ

ハハハ〜〜

ワタシを含め10名参加しておりました

やっとこ申し込みできたので

念願かなって…て感じですよん↑

参加した店舗は《池袋西口店》

場所的にも池袋にあるいくつかの店舗でも

セミナーは開催されていますが

交通の便利もいいせいで わりと早い段階で

すぐに満席になってしまうので

今回 やっとこ参加できたーっわけです


で、セミナーの種類がいくつかあって

今回私が参加したのは

《フードペアリング編》でした☕🍫

これは 前半でコーヒーの[香り][酸味][コク]について3種類のコーヒーから学び…

後半はコーヒーとチョコレートデザートとの組み合わせで

チョコレートの味を生かす 相性のいいコーヒーを学びました

家ではなんとなーーくドリップコーヒーを飲んだり

はたまた 豆乳を入れたりと

かなり ザックリとコーヒーを飲んでいる私にとって

豆の香りを真剣に嗅いだりひよのしん

入れたてのコーヒーの香りの違いをさぐりながら
これまた真剣に香りを嗅いだりひよのしん

これほどまでに

コーヒーに味覚と嗅覚を総動員して

集中したことなどなかったのでえへへ…

奥が深いと…今更ながら思ったワタクシでありましたよ

説明をしてくださったスタバの方

コーヒーに対する疑問点については

パーフェクトに回答してくださるあたりは

さすがでしたきらきら!!

ついでに豆知識なんかも…

常連さんが半数もいてちょっと意外でした

というのも

だいたい セミナーの内容は毎回同じようなので

一回参加したら充分な気がしていたのですが…

ところが…「今回はいつもとは違った…」というフレーズが

ちょいちょいあったので

何かしら毎回ちょっとは違った事を組み入れているから

常連さんがいるのかもしれないし

他のテーマでのセミナーもあるから

何度でも楽しめるようになっているのかもしれませんね

コーヒーの入れ方のセミナーも凄く興味ありますもの

[エスプレッソ編][ハンドドリップ編]まあります

フードペアリングの時間では

最初はチョコレートチップが沢山入ったスコーン(一個)と

それに合ったコーヒー

次はシナモンロール(2分の1個)と

それに合ったコーヒー

最後はザッハトルテ(一個)生クリーム付き

それに合わせたコーヒーはなんと3種類

そのうちの1つは 最初にザッハトルテを販売したときに

合わせて出していたというコーヒー

これは今回のセミナーの為だけに

ブレンドを再現したそうです
《ベーニーズブレンド》とおっしゃっていました

現在は《グァテマラ カッシシエロ》が合うとのこと

で、もちろんこちらも出ましたので飲みました

あと《カフェ ベロナ》もザッハトルテに合うコーヒーとのことで

これも出ました







焦って写真を写す前にザッハトルテに

フォークをガッ ひよざえもん がーん

跡を付けちゃいましたが…とりあえず写しておきましたよ

下の写真

[コーヒー パスポート]という手帳を頂きました

そこにコーヒー豆の事も色々載っているので

飲んでいるコーヒーのページには

感想などを記入しましたよん

小さな紙コップとはいえ…

何杯位飲んだのか

真剣に味わいながら飲んでいるので

その時はお腹がいっぱいとは感じなくて

チョコレートフードだって

大抵はそんな3種類もいっぺんに食べる事ないし

お腹いっぱいなのに

[学んでいる]という意識のせいか

そのあたりの

…満腹中枢のピントがずれていた


お土産までありましたよっあひる

どうも セミナーごとに違うようです






丁度 コーヒーとケーキが一人分乗るサイズですね

裏には コーヒーセミナーの文字が

まさに 参加した人が貰える物

そして今回

たった一枚しかない かなり前に店内に貼っていたポスターのちっさい版

(パウチされたもの)

お土産トレイとほぼ同じサイズでしたけど

「欲しい人〜」って言われ

思わず 「はーい」って手をあげたらよろこび

私の他にもうお一人いました

スタッフさん「じゃージャンケンで」って

うーーーん汗

ジャンケン弱いからなぁ

と、弱気でいどみ

あいこが3回も…ジャンケンなのに皆に

注目されて え゛!汗

緊張もピーク気味なワタシ ガーン

もう 目をつぶって4回目

えっ   ワタシ 勝ってた !!!!!!!!




なんか スタバ好きとしては

嬉しい限りでありましたっひよざえもん ラブラブ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


セミナーの帰りに

バレンタインが近いので

西武デパートへ

催事場は当然バレンタイン一色 Wハート

信じられないほどの人 ガーン

今まで平日潜入だった私

週末のスゴさは予想以上で

チョコレートの香りは

スタバで散々食べたチョコレートの感じが

時間差で胃に押し寄せてきていた為

その場にいると

クラクラしそうだったので ○| ̄|_

会場内を最短距離でざっくり通り抜けて

退散


で、とりあえず 東武デパートの方へ(懲りずに…)

(胃がもんもんとしていたが…頑張って向かったのでした)

東武は売り場が分散していたりと

一ヶ所に集結していなくて

催事場はあるけれど

地下の常設のお菓子売り場でも

地下で特設されたブランドチョコレートもあるし

買いやすさと人が多くてといったストレスは
西武よりはなく

何よりもラッキーなことに

私が購入しようとしていたチョコレートブランドが

隣合わせで出ていたので

横に移動するだけで 買い物が済んでしまったから

良かったわ好

そこで チョコレートの試食を勧められて

一瞬    「うっ」と思ったけれど😅

高級チョコレートだから

食べておくか

と、(胃の具合は置いておいて だいかん)

食べましたよん😁

(スッゴク美味しかったぁ)きらきらハートげんきんな胃ですな



でもって      なんか 無性に

緑茶 🌿 が飲みたくなった てれ(苦笑) ハハハ



AD

新作でけたーっ(^∇^)

テーマ:

寒いので最小限の外出に…ひよざえもん がーん

せっかく ほぼ引き込もっているんだから

制作するべしっっよろこび

で、Instagram 始めた事もあって

作品載せないとなぁ〜もありで

途中で止まっていた作業を再開したのです
(やっとこ…えへへ…)


色は5色展開

一色づつ 仕上がったら掲載していく

…といった スローなペースですわ

毎度の事ながら

【keica ball】の色の組み合わせは

その時の気分なのですひよざえもん やったね音符

目の前に糸と極小ビーズを

ガーーーっと広げて

まずは 絹糸から選出

で、その糸をケースに並んだビーズの

上にかざし 撫でるように合うカラーを

探す    探す ひよのしんきらきら!!

一個の巻き玉に最低ビーズのカラーは

4色使用します

なぜか毎回 3色まではスムーズに選べるのに

あと一色が なかなか決まらないのですよ

それは その一色によっては全体のバランスや

印象が変わってくるからなのです

今回のカラーは

なんというか…和装に似合うのかなぁ〜

と感じています好

イメージは大正時代の華やか且つ斬新な

柄やカラーの組み合わせの着物とかに

合いそうな ピアス(イヤリング)っぽい

一応 【keica ball】パーツとして制作

ピアスやイヤリングやチェーンやビーズ…など

あとはそれらを付け足していただけれぱ

ほいっ   完成〜〜〜みたいな

で、まずは 一色目ね



大きいサイズの方はビーズ装飾入れて

直径17㎜位

コットンパールをしゅわしゅわ〜✨

と、下げてみました

小さい方は

今まで制作したサイズでは

最小になりますっっ
(ちっさいけど手間は同じなのよねぇ〜)

木玉(10㎜)の時は小さいなぁ〜と思っていたのに

絹糸巻いてビーズ装飾したら…

直径13㎜位になっちゃった

スワロフスキーのパールを下げましたわ

巻き玉の上下にもスワロフスキー使用


あと…4色 (頑張っ💪なのだっ)

順番に載せていきまぁーすキラキラ


★Instagram★

http:/instagram.com/keicastyle


スマホでご覧になっている方だと…
(今では100%スマホで大抵の事は足りている為 PC版の方は確認してない)

そのリンクは[読者になる]となっている枠内のプロフ写真側にありますので

毎回 blogの文章最後にURLを載せないかもしれませんのでそちらからポチっとしてねぺこ

よろしくどうぞですぅ あひる






AD