神奈川のメイク×フォト レッスンサロン☆TOMOMIのブログ

HAPPYメイク×フォト♪
「自分らしく・楽しく~メイクの力で日常が変わる・私が変わる」


テーマ:

最近、母に似てきたな、と思うところ・・・

寝酒をするようになったこと(笑)

 

赤ワインか日本酒が好き♥

今日の赤ワインはopenして数日経ってしまい

酸化してしまったようで

そうなると、私の頭皮がかゆくなる

頭ポリポリしながら、失礼します♪

 

お客様から教わったことで

毎日実践していることがあります。

 

お客様「私はよく顔を触るのよ」

私   「へー、触るというのは?」

お客様「こうやって、顔を自分の手の平で包み込むように

     触ってあげるの」

私   「そうですか、それはなぜですか??」

お客様「実はね、過去にひどく落ち込んだ時があった時、

     鏡で自分の顔をみたら酷い顔だったの。

     笑えなくなっちゃってね。とてもふさぎ込んでしまったから。

     だけど、そんなことも、心は時が経てば癒えるの。

     だけど、顔は笑顔が出来なくなってしまって・・・。

     そうしたら、ある本に出会ってね、

     自分の顔を触ってあげるといいって書いてあって、

     実践したら、どんどんいい表情ができるようになったのよ。

     それ以来毎日、

     ちょくちょく手のひらで顔を触ってあげているの。」

私   「そうなんですね、(美容の話は置いておいて)

     私もさっそくやってみます。」

 

とお伝えしました。

70代のお客様からは、

笑顔の奥にとても寂しそうなエネルギーを感じました。

時間の許す限り、お話を聴いてさしあげたいと思いました。

そのような中、このようなお話をしてくださって、

まるで私に、「そうしたほうがいいわよ」と

優しく教えてくれているようでした。

 

それ以来、私は

スキンケアをするとき

手のひらで顔を優しく包みこんであげる時間を長くしてします

深呼吸をしながら。

そして、心で願うのです。

自分を癒し、愛しみ、自分のために笑顔でいられ、

そして、誰かのために必要な笑顔でいられるために。

 

 

最近、時間があれば母と会っています。

その時、珍しく私にこんな話をしてくれました。

 

 

母  「工藤直子さんって知ってる?

    NHKのラジオに出ていたの。

    とっても素敵な詩を書く人でね、

    孫たちに詩集をプレゼントしてあげたいと思ったほどよ。

    辛い時、悲しい時、寂しい時、・・・

    鏡に映った人が、世界一の味方だって。

    鏡に向かって話すといいんだって。」

私  「へえ〜。詩集って、

    でもまだあの子たちには早くない??」

母  「大丈夫よ、わかるわよ。

    人は結局自分が一番の味方なんだって。

    いい事をいうな、って感動したの。

    あの子たちにプレゼントしたくて、

    本屋を何件も行ったのだけど、

    取り寄せだって、どこもないのよ。」

私  「(悪い足を引きづってまで探してくれたんだな)

    さっそくアマゾンで検索しよ!」

母  「へ??アマゾンって??」

 

・・・

 

工藤直子さんの詩集は4冊ほどさっそく注文しました。

こども達のため、そして私のためにも。

母はいつもタイムリーに

私の背中を押してくれるものを与えてくれるので

きっと何か出逢えるに違いないと、直感がはたらきました。

素敵な言葉に出会えるのかな

 

おもいやりのある、優しい言葉を紡ぎだせる人になりたい。

 

私は、ぐいぐい土足で人の心の中に入ってしまう。

仕事場では私のウリではあるのだけど

知らず知らず、相手に不快や苦痛を与えてしまうことがある。

「もっとあなたを知りたい。

私にできることを見つけたい。なぜ?なぜ?」・・・

相手が答えにくそうにしていても、

畳みかけるような「知りたい」球を直球で連射してしまいます。

そのようなときは

 

「質問攻めをやめて(我慢して)、そっとして見守り、待ってあげる」

 

仕事場ではこれができるのだけど、

プライベートだと、どうもできません

反省したばかりです。。。

 

お節介がちな私はキャラだと思っていたけれど

場合によっては何もしない、見守るということが

一番相手にとって嬉しいこともある。
それをするには、「信頼」してあげるということ。

 

わかりやすい最近の話では、

娘が友達と原宿デビューをすると言われ、

私は予想通りの質問攻めをしてしまいました。

娘にとっては楽しいはずのイベントが

悪いことをしにいくというイベントに書き換えられそうになりました。
途中で気づいた私は

最低限のアテンションだけ伝え、約束を一つして、

楽しんでおいでと送り出すことができました(苦笑)
結果、娘は無事に帰ってきて、とっても嬉しそうで、

達成感すら味わっているようでした。
きっと、本人もドキドキしていたんでしょうね。

見守る、待つってのは、忍耐が必要。。

そして一番大事なのは


信頼するということ。

相手が素晴らしい人であり
何が起きても味方だよ、って
見守ってあげること。

これも、愛ではないでしょうか。

 

だけど、とっても難関です。

 

まずは、相手の前に

 

自分を癒してあげて、

自分を信頼してあげる

 

鏡の人に言ってもらおう

「大丈夫、私は、あなたを信頼しているわ」

そうすると、

自然と相手を信頼できる人間になれる気がする

そして深い深いところで

繋がれる関係を築けるのかな

 

おやすみなさい

愛&感謝 tomomi

 

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。