魔法使いになって、

ほうきに乗って空を飛ぶんだ!って、

数日前、子どものようにはしゃいでいたのに、

気が付くと、つい「調子に乗ってはいけない」

「理性的に、大人らしく・・」なんて、つぶやきを、

いつのまにかこぼしているらしく、

結局、昔に戻ってしまったりしてる。

 

本当の私は、

こどものように無邪気で、天衣無縫で、天真爛漫なのに・・・

長年の習慣はおそろしく、なかなか身につけてしまった仮面ははがれきらない。

 

お調子に乗って、空を飛ぶべきなのになぁ・・・

 

今日は、マヤ暦でも、刻印に良い日なのだそうです。

何かを始めたり、再始動させたり、約束したり、宣言したり、

そういうことに向いている日らしいのです。

 

みんなで、空を飛びませう!

心だけでも、自由になりませう!

 

森は、春が来ましたよ。

野鳥たちが、恋のさえずりを始めました。

 

雉が、キツツキが、鳩が、恋を歌い始めましたよ。

 

 


AD

ご飯を食べない子どもに苦労してるママたちに!

 

と言うのも、私のたった一人の孫が、本当に食べない子で、

しかも、成長も遅く、体が小さい。

でも、実は、エネルギーが食べ物からしか採ってないとは

限らないわけで・・・

食べない子どもに、悩んでるお母さんに、一つのアイデアです。


AD

ふと・・・

テーマ:

ニュースやゴシップ見て、何をつぶやいているか?

そのつぶやきは、実は、自分にあてたものだとしたら・・・

 

批判的なつぶやきをつぶやく人は、

自分に対しても、批判的で優しくない。

反省しろとか、まじめにやれとか・・

そういうせりふを吐いている人は、きっと、自分にも厳しいんだろうな。

 

自分に厳しいよって、気づくと良いかも知れない。

 

 

私の場合、最近、つぶやくのは、

「もっとみんな、ふんわり、受け止めてあげたら?」ってせりふ。

たぶん、だいぶ、自分に甘く、優しくなって来たんだと思う。

 

でも、もっと、ふんわり優しくなれるよって事なのかなって思う。

 

だって、「もっとふんわりしなさい」って言ってる自分だから。

ふんわり出来ない人を、残念に思ってる自分がいる。

ふんわりしても、ふんわりしなくても、どっちでも良いのに、

ふんわりにしないといけないって思いこんでるんだ。

ふんわり出来ない人に対して、厳しい自分がいるってことだから。

 

もっとふんわりを、まだ、学べるね!って、つぶやきが教えてくれてる。

 

他人は、自分を映す鏡。

他人に吐く言葉は、自分に吐いてる言葉。

 

もっともっと優しくなりたいなニヤリ

 

 

待つことの大切さ。

 

私も、いろいろ、色々あって、今日があります。

なんだかんだ、いっぱい学んできました。

チャクラも、ホ・オポノポノも、フラワーエッセンスも、アロマも、

瞑想も、エゴの断捨離も、体の声も、仏教も、神道も、

天使も占星術も、手相も、チベット死者の書も、バシャールも・・

植物からも、心の声も・・・

 

結局、何にたどり着いたか?

 

それは、待つこと。

焦らないこと。

 

でも、それが、とにかく難しいことも、よくわかっています。

人が一番苦手で、難しいのは、待つこと。

自分でも、嫌と言うほど、経験していますので、

その難しさと辛さは、ほんと、よくわかっています。

 

結果をすぐに確かめたい。それが、人の本能。

でも、今、一番大切なのは、待つこと。

できることをやったら、あとは、委ねること。

 

結果は、ゆだねることができて、やっと手に出来る。

足掻いている間は手に出来ない。

諦めてしまうこと。

その先に、答えや、欲しいものが現れる。

 

ただ待てばいいのか?

待っている間に、何か必要ではないのか?

必要だと思えば、やればいいけれど、

でも、ただただ待つだけが、必要なことがある。

待つ以外何もしないと言うことが大切なことがある。

そのただ待つだけと言う、最後の苦行が、本当に辛い。

 

でも、待って、そこから始まる何かがある。

 

私も今は、ひたすら待ってる。

呆けて待ってる。

呆けること以外、何もすることが無い。

毎日、辛いっす・・・

でも、待つことしか残されてない。

 

自分を育てる最後の試練とも言うべきか?

「やっと」と言う台詞を吐く、そのときを待つ。