イソガシイですね汗仕事を辞めたのに、あちらこちらに貯めておいた、とっておいた、残しておいた…ちょっとしたことがけっこう面倒ヤレヤレ・・・

だから、やっていなかった・・・んですけれど。

時間はあるハズなのにね、どうしてなのかしら(だらだらしてるから~苦笑

 

もうずいぶん前になりましたが、今回の『髑髏城の七人』シリーズの〆なのかな!?「極」を観てきました。昨年の「花」から始まったシリーズ、小栗旬さん捨之介スタートでしたが、〆は天下の天海祐希極楽太夫でした。ライブビューイングも、もうあったそうで、やっぱりしびれますよね、あの啖呵きらきら心きらきら嬉しい

 

 

 

 

劇団新感線『髑髏城の七人~極~修羅天魔』 

4月8日(日)14:00~公演

IHIステージアラウンド東京

後方通路よりは前、センターだったので、良かった。

 

<CAST>

天海祐希…極楽太夫…美と義を兼ね備えた太夫さん。言うことありません(ハハー)

福士誠治…兵庫…「花」の青木崇高さんと同じくらいステキなイカシてる兵庫でした。
竜星涼…夢三郎…ちょっとイッちゃった感とアホ息子感がすごく良かった(ホメテマス)
清水くるみ…熊木衆の沙霧…シャキシャキと元気な沙霧でした。わりと長身の沙霧でした。

三宅弘城…カンテツ…面白かった、この人にこ 何でもかんでも研いじゃう。道具の持ち手も研いじゃうから、持った人の手が切れてるよ…汗
山本亨…狸穴次郎左右衛門…今回、この役の出番が多かった。
梶原善…ぜん三(兵庫の兄)…他のシリーズで狸穴次郎左右衛門の時もあったよね。

古田新太…天魔王…古田さんがこんなにかっこいい人とは知りませんでした。本当に初めて知ったかも汗(強調してどうする)

原慎一郎…髑髏党員…さすが元四季の方。響き渡るオペラチック歌唱~(場に合わなくてホントに笑った。とっても美声でした。)

 

 

・何より天海極楽太夫がかっこよくて、ホントに痺れましたおぉ!!

そんなに立ち回りをしているわけでもなく、動いているのは他のCASTさんだったり(オイ)するのですが、真ん中に立って、居並ぶ蒼々たるメンツに全く見劣りしない…というより「主役でしょ、この方がきらきら!!」と思わせる存在感どんと来いっ*!きゃー

ラストには、「浮き世の義理も昔の縁も三途の川に捨之介」と言い放つ…きらきら

このせりふをこんなにかっこよく言い放つことができるだけでも、天海さんってスゴイワはなまる(ホメテマス)

 

・新感線芝居に、天海さん、合いますね~。ま、確かに美しいけれど、女性として色っぽさのようなものが少し薄いような気もするけれど…(コラ)

でもね、それは他にもたくさんステキな女優さんが表現してくれるから。

花魁姿も若衆っぽい姿も、ホントに似合ってセンターが似合うのですよね。

 

・『髑髏城の七人』シリーズのお話と今回は、かなり違ってました。毎回、CASTに合わせて、うま~く脚本を変えて上演しているのですが、今回の「修羅天魔」は、天海さんにスポットを当てたために、捨之介も蘭兵衛も出てこない…それでも、芸達者さんをそろえて、それぞれに活躍!?場面がありました。

 

・髑髏党の原慎一郎さんと髑髏党員で歌とダンス~おおお、タカラヅカ~ニッきらきら

天海さんもウケてましたにこ

 

・次から次へと、華があって個性があるCASTを見つけて出演させるわね~新感線は。

夢三郎の竜星涼さん、「ひよっこ」に出ていた、あの警官役の方なんですね。

イヤイヤ、イメージは全く違いましたが、二幕のイッちゃった感は見事でしたよビックリ

 

・よくおじゃましているJさまも書かれていましたが、舞台が八百屋舞台になっていたり、二階屋があったり、回転したり…のためか、フラットな舞台が意外に低い。客席に段差がないわけではないのですが、フラットなところに立たれると、見えづらいくるくるときがありました。センター席にいると、ちょっと首をかしげたり少し姿勢を良くするくらいの背伸びをすると、なんとか見えるけれど。

大入り満員の舞台なので、ちょっと検討の余地があるかも。

 

 

・1回だけのつもりでしたが、もっと観たくてたまりません。

「天海さんもそんなことある!?」(コラ)…シツレイしました…ニッ

 

 

 

友達となんとウルトラマンのお店でランチビックリ

怪獣の模型もたくさんあったけれど、あんまりよく知らないので、ワタシ的には、顔でした。

マニアックなしつらえでした。が、マニアでないとホントに???は?

マニアの方すみません^-^;(ナゼ、入ったか。それが問題だくるくる

4月からフリーになりましたが、まだ家にいられたのは合わせて2日間だけ。

なかなかしがらみからは抜けられないわね(ホトンドは観劇ですケド汗

 

それでも、山のような不要品を友に(オイ)、不要品の中で生活していた(自慢してどうする…汗)ですが、ホンノ少しずつ片付けています。

TVで、時々断捨離番組を見てたので、とにかく「捨てる!」、「容量の70%にする~」

フムフム、7割ね、ハイハイやってみましょう~キメ

 

・・・が、アナタ、7割にするってたいていのことじゃないですふー

だいたい今まで、収まっていなくてあふれてあちこちに積んだり箱に放り込んだりしていたのですから、たいへん~叫び

で、玄関と、靴箱と2階の階段前だけ、片付きました。

きゃー、スッキリきらきら!! やればできる!? 

いえ、これからがねー…ヅカ部屋となっている和室は、いったいどうしたらよいのじゃ…泣き

まー、時間があるので、がんばります力こぶ 

がんばるつもりですの方がいいかしら~(コラ)

 

 

 

さて、

<3月のまとめ>

宝塚では、花組『ポーの一族』本公演3回と新公、月組『カンパニー/BADDY』1回

これで、おしまい^-^; 3月は地味だったわね…汗

 

<4月は>

宝塚では、月組『カンパニー/BADDY』1回、雪組『誠の群像/SUPERVOYAGER!』2回

以外では、『メリー・ポピンズ』1回、新感線『修羅天魔』1回、『1789』2回、『ゼロトピア』1回

 

派手~やったーおんぷラブ

だけど、『1789』と『ゼロトピア』以外は、すでに観劇済み苦笑

…って、つまり過去ってことねヤレヤレ・・・

 

4月は、前半集中汗

 

 

 

 

これからは、上手にやりくりをしないと公演を観ることもできなくなってしまうから、うまく観劇していかないとねゴロゴロ

 

 

4月から無職でしたが、休日は2日間だけ。

毎日、イソガシイです。これくらいが良いのかもね。

 

寒かったり、暑かったり…どの辺が普通なのかしら~、何を着て出かけたらいいか迷う迷う~汗

 

 

ところで、話題の『メリポピ』観てきました。

 

シアターオーブ『メリー・ポピンズ』

4月2日(月)18:00~公演 ヒカリエ

1階後方通路横席

 

 

<主なCAST>

メリー・ポピンズ:濱田めぐみ

バート:柿澤勇人

ジョージ・バンクス:駒田一

ウィニフレッド・バンクス:三森千愛

ミスアンドリュー:鈴木ほのか

頭取:パパイヤ鈴木

ミセス・ブリル:浦嶋りんこ

ロバートソン・アイ:小野田龍之介

ジェーン・バンクス:渡邉おとは

マイケル・バンクス:加藤憲史郎

 

 

・観に行きたかったけれど、何しろ高い!!くるくる しかも忙しくて先行抽選に乗り遅れたーあ゛~

で、あきらめてたのですが、後方ですが、少しお安いチケットが手に入ったのと、やっぱり濱田さんのメリーが観たい~で、3月末からの怒濤の観劇に追加してしまいました。

 

・行って良かった~はーと

映画もたぶん見たことがありそう(たぶん名画シリーズとかで見た!?)ですが、あんまり記憶にありません苦笑

音楽が楽しくて、あちこちで耳にする名曲ばかりおんぷ それだけでも楽しいの。

 

・劇団四季風のつくり…というか、なんだか四季劇場で上演しているような錯覚が叫び

ま、あちらからそっくり舞台構成も買ってる!?らしいから勝手に変えることはできないらしいし、そういう点でも、『アラジン』などと同じ、四季風…に感じたのかもね。

 

・濱田めぐみさん、いやーーーー、ステキですおぉ!

かつて、『Wicked』の緑の魔女で、濱田さんに大感激、大感動した記憶があります。

小柄の女性が、パンチの効いた伸びやか声の緑の魔女(…ちなみにアメリカの『Wicked』の映像を見るとBIG LADYで、びっくりした覚えもあります…^-^;

その頃に比べたら、もしかしたら声のハリとか少し落ちてるのかもしれません。が、ぶれずに高音から低音まで、クリアな発音で全て歌いきれる実力、やはり今のミュージカル界でも女性では指折りですよね。

小柄の人だと思うけれど、舞台で大きく見えます~きらきら!!おぉ!

濱田めぐみさんが出演するだけで、舞台の質が上がるような気がします(ベタボメしたい方デス)

 

・飛ぶ、飛ぶ~演出。友達に聞いたら、「アメリカでもおんなじだよ~」だって。

ま、そりゃそうだケド^-^;

舞台の縦横を歩いたり、最後の飛びサプライズはやっぱり、うわーってなりますよね。

 

・濱田さんの次に楽しみにしていた、駒田さん。 「 レ・ミゼラブル」(テナルディエ役) 「ラ・マンチャの男」(サンチョ役)  「ダンス・オブ・ ヴァンパイア」 (クコール役 )とか…わりとクセのある役が多い駒田さん。ワタシのイメージ、テナルディエですからニッ

バンクスのような役珍しい気がします。スーツ姿の銀行家、真面目そうでズレてそうで、やっぱりおもしろい駒田さんでした。

 

・子役さんが可愛くって。とくに憲史郎君、可愛いの、けなげ~きゃー

 

思わず、リピーターチケットを買おうか~と思ったけれど、イエイエそんな無計画ではダメ。

観ない予定の『メリポピ』が観られただけでも、良し!!

キャー、えらいわ~オトナのガマンができるワタクシ…(オイ)

 

 

 

 

 

ところで、渋谷は大工事真っ最中。2020にはどんな姿になるんだろう。

かつて(もうずっと昔汗)あんなにたくさんの時間を過ごした渋谷…面影がどんどん減っていくわねヤレヤレ・・・

 

 

 

 

 

ワタクシゴトの4月

テーマ:

先月末から今週まで、宝塚4公演に『メリポピ』に『髑髏城の七人~極~』,映画「グレイテスト ショーマン」・・・

友達とランチしたり、飲み会したり、イチゴブッフェに行ったり・・・

時間があるようになりました。

…ハッキリ言え!

 

ワタクシゴトですが、

 

3月末で仕事を辞めました。(太字にする必要もないが…汗

 

とにかく仕事量が、どんどん増えてきて、

ワタシは器用なタイプではないので、適当に~とかうまく切り抜けなくて、

しかも、超遠距離通勤(これが一番キツかった原因かもね)で、

かなりイッパイイッパイ^-^;

 

なので、いったん辞めてしばらくリセット期間をとることにしましたルンルン♪

 

 

 

今は、うれしさいっぱいやったーおんぷ桜

 

 

BLUEのカクテルは「段差に気をつけて」という謎のネーミング汗

友人達とこんな時間をゆっくりとることができるようになった。

 

 

 

とりあえず、半年くらいはムリしてきた自分の体を整えたい。

ユックリ眠り、しっかり動き、窓から外を眺める時間をもちたいと思います。

ま、昼寝をしてもいいわよね~ゴロゴロzzz

 

 

心配なのは、諭吉さんがますます離れてしまうことですケド、半年くらいはなんとかしのいでいけそう!?

 

図書館や美術館にもゆっくり行きたいなぁと思います。

貴重なこのOFF期間、大事にしなくっちゃにこ

 

 

暑い暑い 青森では雪が降ったらしい…都内は真夏か!?

下書きに入れっぱなしにしてたら、今日は、寒いサブッ

でも、さらに今日は、風が叫び(体が保たないわ~汗

 

3月末から4月の初め、怒濤の観劇week(イヤ、旬間か…細かいことデスネ汗

手に入ったチケットの都合で、月組を2回もすでに観てしまいました。

 

 

 

 

月組『カンパニー/BADDY』 東京宝塚劇場 

1回目 3月31日(土)11:00~公演 S席1階13列センター席

2回目 4月  5日(木)18:30~公演 S席2階センター席 e+貸切

 

ムラからのうわさに聞こえてたこの公演…ふーむ、なるほど。

月組のまとまりの良さがとってもよくわかる、お芝居とショーでした(ホメテマス)

月組の熱量が客席までど~んと飛んできましたにこ

 

・1回目も2回目を観て、率直に、…お芝居もショーも「似てる」感じがしました(オイ)

コンセプトも内容も全然違うのですケド…似てる。

どっちも、いろいろな物が山盛り…盛りだくさん。

ぎっちり詰め込まれていたのが、収まりきらず、ハジケテル、ぱーんおもちゃみたいな。

これでもか~ほれほれ~ドンドコドン~ほらもう一丁…(誰か止めて~叫び

 

・タマキチ、ちゃぴ、れいこちゃん、としクン、わかばちゃん…すーさん、まゆみさん、輝月さん、うみちゃん、ありちゃん…そして、お駄賃オダチン、つかさクン、サクサクちゃん…などの若手さん、

みんなにステキなところがあって、見どころがいっぱいあってワクワクきゃー、目があっちにもこっちにも飛んでしまう・・・・・・・・・バタバタ、ワチャワチャしてる…とか(ボソ汗

 

・みやるりちゃんのかもし出すイロケと雰囲気おぉ!はーとがはじけ飛びそうな舞台上をつないでマス(ホメテマス)

バーバリアンメンバーがかっこいい!!オペラで追いかけてしまいますきらきら

 

・ちゃぴは、何を着ても可愛いなきらきら 本当になんてかわいい、それでいてちゃ~んと存在感がばっちり。さすがちゃぴきらきら!!はーとおんぷ

タマキチや輝月ゆうまクン、ゆりちゃんのサラリーマンスタイル、似合いますよね~二人のサラ飯の献立と食べ方が可笑しくってニッ

れいこちゃんのショーのはじけ方がかわいい嬉しい

ありちゃんとオダチンの輝き~この二人はどこにいてもわかる。2階席だと後ろで踊っていても、

キラキラきらきらを発してマス。

 

・ちゃぴ…でも、歌が時々「え苦笑

タマキチは、TOPになる前も思ってたけれど、歌うときに「子音」がはっきりしないので言葉が聞こえにくい・・・うーので、何を歌ってるの~ってなることがあります、特にショーね。

わかばちゃん…美人ですよね。お芝居でも今回すごく良い役!…わかばちゃん、がんばったんだな~。…でもね、ショーの中詰めで歌ったわかばちゃん、座っててコケました(コラ)

 

・お芝居でバレエのレッスン場面や、踊る場面がたくさんあって、ステキでした。

ジェンヌのバレエアンサンブルシーンが好きはーと

 

・ショーは、ロケットもデュエダンもstoryにちゃんと入っているのが、すごいね。

 

 

 

 

前公演の花組は、ぎゅーっっっと引き締まった公演、今回は、外に外に向かって広がっていく公演(あくまでワタクシ目線デス汗)、ホントに宝塚ってキャパがありますね~。

100年続く…ってこういうことかもね。