花崎圭司のパンチアウト!

花崎の日常や好きなことをつらつらと書いております。誤字脱字はご勘弁を!

ツイッターもやっております。ツイッターアカウントは
@hanasakikeiji
です。

ツイッターは雑事&わりあいこまめに。
ブログは140字やおさまらないことや、日記や残しておきたいことを書くという感じになんとなくしています。

 

テーマ:
ひさしぶりのブログです。

最近はShowroom さんで、いろんな方とお仕事させていただいています。


昨日は小桃音まいさんと番組をさせていただきました。
小桃音さんは、結構無理な企画を提案しても、すぐに否定するのではなく、いったん飲み込んで考えてくださります。(たぶん提案した企画をやらなかった、ということはなかったと思います)
今回も「ラジオ体操」を、スタジオが暑い中、全力でやってくださいました。かわいかったですねー。

今日もShowroomで、僕が構成をしている番組が生配信されます。
どの番組かは、見て予想してみてください。

いくつか番組はやっているのですが、このブログでは話がとっちらからないように、基本1番組だけの紹介という形でやろうと思っています。
紹介できなかった番組の中でも、おもしろいのはたくさんあるので、Showroom、のぞいてみてください!


あと、番組の感想などもコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ではでは。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます。
花崎圭司でございます。

去年はなんとなくブログはやらないでおこうかなと思って放置していました。
今年は、またなんとなくやってみようかと思います。

仕事のことや趣味のことやアイドルのことやAKBのことやNMBのことや近況のことやを書いていくと思いますのでよろしくお願いします。

花崎圭司
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

さて。

前々回のブログで途中になってしまった

「CRぱちんこ AKB48」の推しメンを決めよう!


というわけで話の流れをざっくりおさらい。
前回は、北原里英がいい! だけど……
ということでした。(ものすごいざっくり・・・)


では、なんで「だけど……」なのか。

AKBじゃんけんには「予選」と「決勝」があるのです。

決勝にいくとアツい!

当たりの平均確率は52.5%と予選に比べて倍になります。
確率が50%であれば「激アツ」とまではいかなくても「アツい」といっていいでしょう。

そんな中、確率が高いのが、


前田敦子
指原莉乃


とくに指原は勝率70%越えが7人中3人もいるという強さをほこります。


じゃあさしこに決定!


──とはいかないのです。
最初に行ったように「予選」に勝たないと「決勝」には行けないのです。
カイジの「沼」でいうと「第1クルーン」を超えなければ「第2クルーン」の皿に乗ることはできないのです。

ではさしこの予選の力はというと、16人中なんと最下位! 一芸入試には強いけど、センターテストではボロボロというタイプです。センターで足切りにあったら元も子もないのです。


そんなわけで予選の検証の時も使った「カウンティング」を使います。
今回は対戦相手の勝率が50%未満を「-1」、70%以上を「+2」、それ以外は「0」として、それを合計します。
その中でプラスになったのは


指原莉乃
峯岸みなみ
柏木由紀
前田敦子
篠田麻里子


の5人。
特筆すべきなのは前田敦子

あっちゃんは予選では平均的な力を出し、決勝では一発結果を残す。
まさに優等生なのです。


というわけで推しメンは「前田敦子」!


……というのが普通でしょう。実際「推しメンは誰がいい?」と聞かれたら「あっちゃんがいいと思うよ」と答えるでしょう。あっちゃんはあなたの期待にこたえてくれます。


でもね。

僕はちょっと考え方が違うの。

予選と決勝の考え方。


予選=決勝

予選と決勝は同等

そう考えるなら前田あっちゃんです。


でも僕は

予選>決勝

と考えます。


予選でがんばれる人がAKBを引っ張るのです!
ここにきて全然数学的な考え方じゃないですが(笑)、予選で勝たないと話にならないのです。
予選に勝たないと「チャンスの順番」は回ってこないのです。

といって決勝で勝てる確率が低いのもいけない。参加することに意義がある、わけではないのです!

前回ブログに書いた、予選メンバーベスト3の北原、横山、高城。
その中でも予選を勝つ力が強いのが7人抽選組の北原、横山。
そして決勝はというと、横山が圧倒的に弱い。なんとカモがいないのである。
一方北原は平均的。カウンティングも「-1」で踏みとどまっている。


ここで注目すべきは峯岸みなみ

カモより天敵の方が多いが、指原ほどムラがない。AKBを陰でささえている感じなのです。予選もカモより天敵のほうが1人多い。だけど峯岸は「8人抽選組」。これは逆に天敵遭遇率がさがり、いい方に作用している。平均勝率も実は北原、横山、高城に次いでの4位なのです。


これは峯岸みなみで決まり!

 


──とはいかないのです。
いや、峯岸みなみはすごくいいと思います。いまでも迷っています。
ただ予選で天敵が8人中3人いるのは痛い。


じゃあ誰か。

もう結論から言っちゃいます。
僕の推しメンは──



島崎遥香!



ぱるるです!



じゃ! 次は実戦編で!


──といったら無責任ですよね。いままで名前が出ていなかった島崎遥香を推してるし。
もちろんちゃんと理由があるのです。

最初に戻るのですが、予選で勝率が一番高いのが島崎。
カモが2人で天敵が1人、そして「7人抽選組」ということで期待値も高い。

だったら北原でもいいのでは?


そう北原でもいいのです。
少なくとも予選では同等。
つまり決勝データで北原ではなく島崎を選んだわけです。
どこに違いがあるのか?


実はここもほぼ同じなのです。
勝つ確率は島崎が41.1%、北原が41.0%。

じゃあなぜ島崎を選んだのか。


島崎の方がハードパンチャーなのです。

「私のマジに触んじゃねえ!」です。



まず予選。
島崎は対高橋総監督に50%という高確率。その分対柏木は16%の分の確率の偏りがでているのですが、それは他のメンバーも同じ。前回は対柏木をマイナス要素として書きましたが、それを補っておつりがくるプラス要素があるのです。それは──



「良質な確率の偏り」



これがぱるるスペックにはあるのです。
「良質な確率の偏り」=「ぱるるスペック」と名付けましょう!


さらにぱるるスペックは、決勝になると大変なことに。
カモがたった1人、そして天敵が他全員(7人)というえらいぱるるスペック。しかもそのカモというのが指原で勝率は93%。さしこボコボコです。

「おい、確率重視といっていたのに話がちがうぞ」という声が聞こえてきます。


そのとおり。
確率でいけば前田敦子、峯岸みなみがいいです。


でも決勝のぱるるの勝率をよくみると、天敵相手も全員40%後半。まわりとくらべると悪いけど、数字はそれほど悪るくない、
ハイスペック、ならぬ「廃スペック」なのです!


弱点が致命的ではなく、強みが突出した凸スペック。


ぱるるはリスクが大きいと見える「廃」と思いきやよく見ると「ハイ」。

悪く見えて、実はいい。
この「廃スペック」をもっているのが「ぱるるスペック」なのです。

というわけで改めて。



僕の推しメンは島崎遥香です!



ただこれは机上の空論。
そして「CRぱちんこ AKB48」においてじゃんけん大会はいろんなファクターのうちのひとつです。そこを自分の肝に銘じておきます。


次は実戦編になるのか!?


ではまた次回!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。