hanareha-hokkaidoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
こんにちは。

昨日・一昨日と6月外部講師特別セミナーを開催致しました。

{A1D1FC9B-8A32-4934-B776-2561D763A69D}

『体験して活かす!機能解剖に基づく肩関節運動の基本・肩甲骨の運動異常』

1日目は肩関節運動の基本について

まずは関節の3大機能について

関節が動くためには可動性、支持性、無痛性が必要であり、これらのどれかが欠落していると不具合が生じます。


{A55C497D-08C2-4E74-9A35-083A8CBDD9E7}

{BA85C23B-26BC-468F-963E-6D1874ACF4AD}

では肩関節は何によって構成されているのでしょうか?

また、どのように動くのが正常なのでしょうか?

これらに対して、

肩関節屈曲・外転、結帯動作をメインに
肩甲骨や鎖骨、胸骨、脊柱、肋骨の動きを学びました。

一般的によく言われる肩甲上腕リズムの他にも、臼蓋骨頭リズムを知ることで、上腕骨頭が肩峰下をどのように通るかイメージしやすくなりました。

{FF9ED380-6A51-4C7B-9096-A67EF11CDBFF}

肩関節の運動は肩関節複合体だけをみれば良いわけではなく、座位や立位姿勢とも関係しております。

脊柱の弯曲、足部のアライメントなど、
評価する視点を少しずつ広げることで解消される問題も多くあります。

{2006A818-9CAD-48FB-AEAA-FFE56001968F}

{3B27C39C-00D4-4E9A-AA55-7BA92111A4BA}

2日目は肩甲骨の異常運動について

肩板病変の発症アルゴリズムから外因性メカニズムと内因性メカニズムを知りました。

外因性メカニズムとして肩峰下スペースの狭小化があり、それらを生体力学的因子と解剖学的因子から紐解いていきました。

{BADAC5BC-C68F-4C59-9C00-67F242C90F11}

実技では実際に肩関節の動作を評価し、
ストレッチやスキンロール、組織間リリースなどを行いました。

{C9FE5C5C-E13D-4607-8F20-8BD42EE7F8EC}

{9AE436A8-48D5-4CB2-B5B0-7B252F4BBBCF}

自分の身体が変化することを知り、
本日からの臨床に活用できる期待感を感じられる研修になったと思います。

{234DF525-EED2-4AEB-94B7-66781C4E49AC}


講師を務めてくださった吉田一也先生、受講してくださった皆さま、学校を解放してくださった先生や学生さん、お疲れ様でした。

2日間、本当にありがとうございました。


吉田一也先生からもご案内がありました、7月の外部講師特別セミナーはこちらになります。

自律神経について学べる機会はあまりないと思います。


{5849558B-9FFE-4859-86EA-2CA4A95243E5}


是非、皆さんのご参加をお待ちしております。

最後までお休みいただきありがとうございました。

花畑リハビリテーション研究会
代表 山下 翔平



~今後のセミナー予定~

6月26日(月)札幌支部Night Seminar(担当:中村)

7月30日(日)外部講師特別セミナー
(定員:40名)

※満員とりましたセミナーにつきましては、メールにてキャンセル待ちを受け付けております。
件名に「セミナー名、開催日、キャンセル待ち希望」を記入の上、ご連絡お願い致します。

また、メルマガよりセミナー情報等を受けとることもできます!
是非登録してみてください♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hanareha-hokkaidoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。