2005年05月29日

ジョージ・ワシントンと桜の木

テーマ:

ワシントンの正直桜の話
 アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンは子供の頃、
お父さんが大切にしていた桜の木を切り倒してしまいました。
「これは誰がしたのだ。」とお父さんが尋ねたので、
「私が切り倒しました。」とワシントンは正直に答えました。
お父さんはワシントンの正直な事を喜びました。

このワシントンの桜は日本の桜とは違う、セイヨウミザクラで、
しかも、この話は作り話だそうだ。


M・ハーシュ・ゴールドバーク著 「世界ウソ読本」
M..Hirsh Goldberg[The BookOfLies]
 それによるとロック・ウイームズという

1759年メリーランド生まれの自称牧師?

が出版社に「ワシントンの伝記」で一儲けしようと持ちかけ

彼がワシントンの逸話をまとめた伝記を作り、

1800年「ワシントンの生涯」という本を出版した。
本は売れたらしいがワシントンと桜の木の逸話は嘘で

彼がでっち上げた話だった。
正直である事を教えるために嘘をついた訳です。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年05月29日

ワシントン市 ポートマック河畔の桜

テーマ:

ワシントンの桜といえばポトマック河畔の桜が有名

衆議院議員で東京市長の尾崎行雄(安政5年1858~昭和29年1954)が
明治45年アメリカのワシントン市に桜の苗木(3000本)を送りました。

尾崎行雄が昭和29年10月6日に神奈川県の逗子で亡くなられてから
平成16年で50年、これを記念して国会前の憲政記念館では
平成16年5月20日~6月11日まで、
「尾崎行雄と議会政治特別展」が開かれました。

特別展でワシントン市に桜を送った経過が展示されていました。

1909年(明治42年)8月18日
 衆議院議員で東京市長の尾崎行雄はその頃、
日露戦争を講和に導いてくれたアメリカの恩義に報いようと考えていた。
丁度、アメリカのタフト大統領夫人が日本の桜を
ワシントンに植樹したいとの希望があることを知り、
尾崎行雄はワシントン市に桜の苗木を贈る事を決めた。
10種2000本の桜の苗木をワシントンに贈った。
しかし、桜の苗木は病害虫のため、防疫検査が通らず、
全て焼却処分された。この失敗から尾崎は健全な苗木の育成を考え、
当時の農商務省興津園芸試験場に委託して、
苗木を育て3年後の明治45年(1912年)
染井吉野ほか9種類3000本の苗木をワシントンに贈った。
その桜はポートマス河畔で見事に開花した。
贈られた苗木は染井吉野1種類ではなく、
10種類もの種類があつたために桜の交雑があり、
アメリカの気候風土に適合した二代目、三代目の桜が生まれた。
ポトマック河畔を始め、全米各地に広がり日米親善のシンボルとして
今日に至っている。

特別展で配られていた無料の小冊子に
尾崎行雄の三女 相馬雪香さんの
「父・咢堂の思い出の数々」が載っていました。
その中で尾崎行雄が娘相馬雪香さんに与えた言葉は
尾崎行雄の優しさと心の広さがにじみ出ていて、
今の世界を考える一助になると思い取り上げます。

「尾崎行雄と議会政治特別展」編集・発行・衆議院憲政記念館 
相馬雪香「父・咢堂の思い出の数々」  10ページ

 「父は東京市長時代、アメリカに桜を三千本寄贈しました。
それは、日露戦争の折、アメリカのルーズベルト大統領の
好意に満ちた講和斡旋に対する感謝の気持ちからでした。
時の米大統領タフトの夫人が、
沼地の多かった当時のワシントン市を美化するために
日本の桜を植えたい希望をもっている事を知り、
市民を代表する意味で行った事でした。
しかし、私が小学校の地理の時間に先生が「桜は日本の魂だ、
それを外国に売ったヤツがいる」と言われたのです。」 同書10ページ

この桜の返礼にアメリカから30本のハナミズキの苗木が贈られました。
日比谷公園など日本全国16箇所の公園に植えられました。
ワシントン市のポートマス河畔の立派な桜並木に比べて、
この時、桜の返礼にアメリカから贈られた「ハナミズキ」の木は

現在、小石川植物園や世田谷の都立園芸高校の校庭の裏のほうに

人目を避けるように植えられています。
しかも数本しか残っていないのです。
相馬雪香さんの文章でその理由が少し判ったように思いました。

尾崎行雄の記念展覧会に配られた小冊子に
政策研究大学院教授 伊藤 隆氏が
「政治家 尾崎行雄について」という文を書いている。

尾崎行雄は慶応義塾で学び、福澤諭吉の推薦で
明治12年「新潟新聞」の主筆となりました。
翌年、統計院権少書記官となりましたが明治14年の政変で退官し、
その後、政治家になりました。

大正8年(1919)3月、尾崎行雄は第一次世界大戦後の
欧米の情勢を視察するため、横浜を出航しました。
この視察の途中、尾崎がワシントンで桜と再開した時詠んだ歌

「異国(とつくに)の春の光を添へなんと
        寄せし桜の花 この日咲く」       咢堂翁61歳

尾崎は戦争に荒廃した戦渦のあとのヨーロッパを目のあたりにし、
あの大戦は何のための戦争であつたのかと疑問を強く持った。
「全然無意味、無目的の悪戦苦闘に過ぎなかったのだ、
幾百万の戦死者こそ、気の毒なれ」尾崎行雄著「軍備制限」
尾崎行雄は戦争の悲惨な現場を見た事で
人間として、政治家として大きく成長したのでした。
この経験から尾崎は軍備縮小論者となり、
軍縮決議案を第44議会大正10年(1921)に提出しました。

同書 56ページには
「昭和19年6月、尾崎は大審院で不敬罪事件の無罪判決を受けるが、
その政治活動は閉ざされてしまっていた。
尾崎は敗戦に至る間、池の平の山荘にこもり、わが国の敗戦を見越して、
日本の休戦と新世界の建設を提案する論文を執筆した。
終戦後、尾崎は議会に未発表の論文を基にした世界連邦建設に関する
決議案を提出した。」 咢堂翁87歳
これは世界連邦の提唱であるとともに、
国際社会での日本のあり方を示すものでした。

つぎの文章は尾崎行雄が娘さんの相馬雪香さんにお話したことです。

同書 相馬雪香「父・咢堂の思い出の数々」から

「大正12年の関東大震災の時、私どもは軽井沢にいました。
たまたま父を訪ねて来た人が、不逞鮮人が井戸に毒を入れたということで、
自警団が組織されて大混乱だという話をしていました。
父は「(毒を入れたなどということは)流言飛語だと思うけれど、
一歩譲ってそうだとしたら、なぜ、そのようなことをするほど追い詰められた
気持ちにさせられたか、こちら側に反省が無いとだめです」と言っていました。
相手だけを責めるのではなく自分を省みるということも
私の心のどこかに根づいたと
言えましょう。何年か経って、排日運動が中国に起こり、
こらしめるべきだという意見がマスコミを賑わした時も、
父は「排日になるようなやり方を反省しないのはおかしい」と言っていました。
物事は一方からだけ見て判断するのではなく、
両方から公平に見ることが父の特長だったと思います。」 同書10ページ

  尾崎行雄が娘さんの相馬雪香さんにお話した事はこれからの日本の問題について、私たちが考え行動するために大切な事だと思うので、ここに書き留めておきます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月20日

石橋健一郎歌舞伎講演会

テーマ:歌舞伎
花の会20周年記念講演会

Ⅰ 日時  平成17年6月16日(木)午後2時~4時
   演題  「座元の人々」
   講師  国立劇場芸能部次長
                          石橋健一郎氏
   会費  900円
   会場  烏山区民センター
   
Ⅱ 日時  平成17年7月14日(木)午後2時~4時 
   演題  「世界に羽ばたく歌舞伎」
         歌舞伎の海外公演を中心に戦後歌舞伎の思い出 

   講師  早大名誉教授 河竹登志夫氏

   会費  900円
   会場  烏山区民センター
        東京都世田谷区南烏山6丁目
        京王線 千歳烏山駅北口1分
 http://www.city.setagaya.tokyo.jp/cgi-bin/sisetu/sisetu.cgi?mode=view&no=57

連絡先  nmwtg303@ybb.ne.jp    長谷川まで
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月06日

さくらの語源

テーマ:

サクラの語源

漢字の「櫻」は中国では日本の「さくら」ではなく
バラ科の落葉高木「ユスラウメ」の木をいう。


ユスラウメは中国原産の植物で日本には江戸時代初期に渡ってきた。
ユスラウメの語源について、二つの見解がある。
①牧野富太郎博士の「枝をゆさぶって果実を落とした」からという説と
②深津正の朝鮮名の「移徒楽(いさら)」「イスラ」がなまったという説がある。

櫻の中国での意味は
「嬰(えい)」の字は
①みどりご(子供の泣き声がえんえんと続くさま)
②首飾りの事
③つなぐ、たてこもる等の意味があり
④音楽で「半音あげる」ことをいう、語源は雅楽から出た。
この場合は「赤い貝の首かざり」を意味する。

日本語の「みどり」は「みずみずしい」から
新芽・若芽を意味し、「みどりご」とか「みどりの黒髪」とか使われる。
赤子の事を「嬰児(みどりご)」と言うが中国では女の赤ちゃんが生まれると
赤い貝の首飾りをつけてその子の健やかな成長を願う行事がある。
「櫻(ユスラウメ)」の赤い実のつき方がちょうど赤子の成長を祝う時の
赤い貝の首飾りに似ているからだと言う。

「ゆすらうめ」の写真
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/yusuraume.html

日本で最初に「さくら」という言葉が出るのは
「日本書紀」で弁恭(いんぎょう)天皇が
衣通郎姫(そとおしのいらつめ)を思って詠んだ歌
弁恭天皇は仁徳天皇の息子
(日本書記巻13 弁恭8年2月)

花ぐはし 佐区羅(さくら)の愛(め)で、こと愛でば、
早く愛でず 我が愛づる子ら 

「花が美しい桜のめでたさ、同じめでるなら
 早くめでればよかったのに
 遅すぎたことだ、私の愛する女よ」

日本の「さくら」の語源は
①作 楽(さく ら)説と
②佐 案(さ くら)説
③佐神説の3つある。
①の(さく ら)説は海彦・山彦の母上
木之花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)の
木の花「さくや」がなまって「さくら」になった。
「咲く」と
「たから」「ちから」「はしら」「かしら」等の語尾の
大切なもの、貴重なもの、中心となるものを意味する
「ら」と結びついて「さくら」になったという説

②は「早苗」「早乙女」と農業に関係する「さ」と
座 蔵 倉 鞍などの神が宿る「くら」が結びついて
「さくら」になったという説がある。
和歌森太郎氏の説

③佐神説
慶応大学名誉教授西岡秀雄先生が昭和25年に
発表され、学界で認められている説
西岡先生は世界中のトイレット・ペーパーを集めて
授業の材料した「トイレット博士」として著名な先生。

「佐」は太古における山の神の呼び名
クラは「高御座(タカミクラ)」のクラで
神が依り鎮まる「座」を意味している。
古代人の生活は何かと神に頼る事になる、
特に農作業の開始にあたって神事が行われる
「佐下ろし、田の神おろし」の行事がある。
佐の神は「さくらの木」に宿り、桜の花が咲く、
桜の花の咲く状況から農作業の手順を決めたり
その年の豊凶を占った。


各地の鎮花祭(はなしずめまつり)
奈良県桜井市の大神神社
滋賀県大津市の長等神社(三井寺)
「幣として 桜の花を枝ながら 
  山の主に今ぞ手向ける」
埼玉県大宮市氷川神社
京都市今宮神社の「安良居祭」

この他に
「サキムラガルがちぢまって桜になった」
「サクウルワシキに由来する」
「樹皮が荒くさけるゆえサクアラから桜になった」
などの説もある。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年05月02日

一葉の肖像

テーマ:文学
5月2日は樋口一葉の133回目の誕生日です。
昨年、暮れから、一葉の日記を読み、
一葉の事を考えていたので
一葉さんが昔のクラスメートのような気がします。


4月17日のメールで私は下記のように書きました。

明治5年(1872)3月25日(新暦では5月2日)
    樋口一葉は東京府構内砲地の武家長屋で生まれた。
    現在の「千代田区内幸町 現日比谷シテイ辺り」
    (昔、NHK放送会館.三井物産があった辺り)
    父41歳、母37歳新緑の美しい頃で「なつ」と名付けられた。

この記述は間違いでした。
今年、旧暦で一葉の誕生日に当たる3月25日に
樋口一葉の生誕地である内幸町に記念碑が建てられました。
一葉の生誕地は東京府構内の武家長屋で
現在の千代田区内幸町1-5-2とあります。

http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/news/release/20050325/0325_2.htm
http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/tokusyu/chiiki/koujimachi/20050414/0414.htm
わたしの持っている多くの本が一葉の生誕地について、
日比谷公園の近く、日比谷シティあたりと書いてあります。
それで良く調べずに記述してしまいました。
まだ、実際に今年できた一葉の記念碑を見ていないのですが
内幸町1丁目5番地2は山の手線の新橋駅の近く、
第一ホテルと東京電力本社の間にある
T&Dファイナンシャル生命本社ビルのあたりのようです。

去年の秋、新5000円札は新渡戸稲造から一葉に変わりました。
5000円札の一葉の肖像を見た時、
普段見慣れている一葉の顔に比べて、
一葉の顔があまりにも痩せていてびっくりしました。
田中優子さんが去年出された本の題名のように、
「お金の肖像だけでも嫌なのに、私ではない いやだ」と
天国でさけんでいるような気がしました。

去年の秋、新5000円札が発行された時、
メールや雑誌で話題になったのは
第一は樋口一葉の肖像の事でした。
第二は一葉の男女関係でした。

①一葉の肖像については
半井桃水や一葉の家に遊びに行っていた「文学界」の仲間の人たちは
追悼文で一葉よりも、妹の邦子さんのほうがきれいだったと書いています。
皆様、家庭を持つ男の身ですから、何となく、わかりますが、
これでは一葉がかわいそうです。
一葉の写真は現在、10枚くらい残っています。
どれも、それほど不美人とは思えません。

医者で歌人の太田正雄(木下杢太郎)のお姉さん太田たけ子と一緒に撮った
おさげ髪に袴の女学生スタイルの一葉が一番現実の一葉に近いと思います。

新5000円札の肖像画は下記の写真3枚の合成のようです。
樋口一葉の肖像
http://fkoktts.hp.infoseek.co.jp/ichiyou_2photos.html

下村為山「一葉像 落花」明治30年
http://fkoktts.hp.infoseek.co.jp/10.html

今でも5000円札の一葉の肖像画になじめません。
私は下村為山が書いた「一葉像」を
そのまま、お札の肖像画にすればよかったと思います。

一万円札の福澤諭吉先生の肖像画は素敵なのですが
私にあまりいついてくれません。
先生にはどうも見捨てられたようです。

②一葉の男女関係について、
これについて、メールや雑誌でいろいろ書かれているのを読みました。
ひどいのは一葉が売春に近い事までしていたという記述もありました。
それまで読んでいた本でつぎのような意見があるのも知っていました。
1、多くの学者は男女の関係はなかった。
2、瀬戸内寂聴さんはあったという、
3、森まゆみさんはあつたかなかったかわからないがあったらよかったのに、
4、田中優子さんはそれが女性に対する偏見であり、女性蔑視、差別だ。
5、田辺聖子さんはそれには触れずにそこまでの過程を上品に詳しく書いています。

瀬戸内寂聴さんの本を読んだ時の印象は強烈でした。

前から一葉に感心があつたので
昨年、暮れから一葉の日記を読み始めました。
私の結論は男女関係はなかったように思います。、
一葉の日記を読んでいると男性や世間に対する評価が
あまりにも原則的できびしいように思うからです。
異性を愛する経験をすればもう少し心に余裕が生まれ
他人に優しくなるのではないかと思うからです。
以上
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。