ハナモミ流~結婚生活~

結婚して9年☆娘3人の育児奮闘中


テーマ:
ちょっと時間が空いてしまいましたが、1つ補足&裏話しも。

2000年12月10日、離陸直前にお互いの気持ちを知った私たちですが
その後、メールのやり取りはしたものの「つきあおう」なんて野暮なこと(?)は言わない私たち。私的にはDと私の関係がハッキリしていないのは少々不安なことでした。
だって離れている2年間、私は彼の何なんだろ?って思うでしょ?
仕事に追われながらも(冬は忙しい時期なんです)1週間後ぐらいにネパールへ行くことを思い立ち色々調べ始め、どうせ行くなら少しでも長く滞在したいと年末飛ぶ直行便を選択。
格安チケットで旅してきた私には考えられない価格でダウン
結果、12月30日にネパールの首都Kathmanduにあるトリプバン国際空港で再会。短い滞在でしたが、私たちはお互いが特別な存在であることを再確認し(別にいきなりエッチなことしたとかそんなんじゃないですよあせるって聞いてない?(;´▽`A``)その後の生活の張り合いに大いに影響することになります。この突然の私の訪ネはDにとって驚き&喜びの強烈な出来事だったそうです。
ってコレ、記事読んだダーリンが最後私がネパールへ来てくれたという大きな出来事のところが省略されあっけなく終わったのが残念だったみたいなので補足しました(笑)。

ちなみにネパールではKathamnduの汚染された空気で喉を痛めた私は、帰国前日に38.4度の熱を出し、泊まっていたゲストハウスにドクターを呼ぶ騒ぎを起こし叫びあせる初めて海外で医者にかかりました。$60のキャッシュをかき集め(Dにも出してもらって)何とか支払いましたが、帰国後ちゃんと保険会社から払い戻しされましたよ☆ ネパールだから$60で済んだものの他の国だったら払えなかったかも汗

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ところでDには年上の彼女がいたと書きましたが、最後に会った時、「彼女とは9月の上旬に終わった」とDから聞いていました。
私はこれからネパールへ行く意欲と彼女への優しさによる大人の決断だっのだろうと勝手に思っていたのですが、ネパールへ飛んだ後のDとのメールのやりとりで、あれは「嘘」だったことが判明ビックリマーク
その年上の彼女にDがあこがれていただけであって、付き合っていたワケではなかったのです。。。
Dは京都に住む彼女のところに何度か遊びに行ってたようですが、9月上旬「私たちもう会わない方がいいんじゃない?」と電話で言われたらしく、これがDの言う「終わった」なのでした。
確かに終わってるけど・・・
これから2年間ネパールへ行くという年下の男友達と、何の進展も無いままいつまでもダラダラ会うのは彼女にとっては不利益だと判断されたのか?或いは「待ってて欲しい」なんて言わたら困ると思ったのか?それとも、実は彼女が“大人の決断をした”のか?今となっては確認することもできません。

それにしても・・・まったく見栄っ張りなんだからムムム 
くだらないから書かないし全部覚えてませんが、他にも少なくとも3つは嘘をついてました。┐( ̄ヘ ̄)┌

そんなDをハナモミさんは夏の海海のような広い心で許しましたとさ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
その後、ネパールと日本で超遠距離恋愛となるのですが、最初の方の記事に書いた通り、仕事的には発展途上中だった私はDの存在を大きな励みに仕事に集中することも出来て、とても充実した生活を送ることになります。
仕事についてはある程度やってきたという達成感というか満足感があるので、今後社会復帰することになったら、肩の力を抜いて「自分にとっても家族にとっても幸せ」な道を選択していくつもりです。

そしてDが帰国するまでの2年3ヶ月の間(3ヶ月は延長)、私たちが会えたのは4回だけ。日数も数日から1週間程度と少なかったけど、お互い気持ちは変わらずお付き合いは続き、帰国後は帰国後で300kmほどの遠距離恋愛の末、2年1ヶ月ぐらいで入籍したのでした。

あとは、以前から読んで下さってる方はご存知の通り、5月に入籍、8月に新婚旅行、11月に挙式、12月に私が退職&引越、翌年7月に長女コハナ出産と現在に至ります。

これで私たちの「出会い」の話はおしまいです。 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

スタディツアーで知り合ってからDがネパールへ飛ぶ3ヶ月ちょっとの間、私は久しぶりに全力で恋をしていましたメラメラ
最後に会った日の2日前には28歳になっていましたが、正直20代後半であんな風に10代みたいに情熱的に人を好きになることはないだろうと思っていたので、自分でも意外なことでした。

当時は「恋って何歳になってもできるんだ」ということを実感し
今は「結婚はいつじゃなく誰とするかが大切だな」って思っています。
早まって他の人と結婚しなくて本当にヨカッタ。

日頃は日常生活に追われて初心を忘れがちですが苦笑私たちは、たくさんの偶然があって結婚したことを、この「出会い」の記事を書いて思い出すこともできました。

Dとスタディツアーで会えたこと。
本当は2000年4月からDはネパール赴任が決まってのですが、現地で紛争が起きたためプロジェクトは解散。任期が半年ずれ込んだのです。でも、それによってDはスタディツアーに参加することができました。もし予定通りネパールへ飛んでたら私たち会えませんでした。

タイへ行く飛行機の中で座席が隣になったこと

バングラでは、あの運命のジャンケンで同じグループになれたこと。
(高校生Mの存在も大きかった)

Dが途中下車できる町に私が住んでいたこと。

私が休暇を利用してDに会いに行けた環境だったこと。
(まとまった休暇を取れない仕事も世の中たくさんありますから)

私が1人で海外へ行くのが大丈夫だったこと。

遠距離中はお互い仕事が充実していた時期だったお陰で、あまり寂しさを感じないで済んだこと。

Eメールが普及している時代だったこと。

ネパールの電話屋から日本へ国際電話がかけられたこと。
(電話屋へ行って電話したりネットするのは一般的なことです) 

家族を始め、多くの友人や知人にめぐり合えたことで私たちはそれぞれ存在していたワケで、その私たちが出会い、結婚してコハナが生まれ、もうすぐ2人目も誕生することは「奇跡」であり、そう思うと私たちは感謝の気持ちでいっぱいになるのです。私たちは幸せだなぽっ(コハナもお腹の赤ちゃんもね)そう改めて感じています。
きっと良い胎教になったはずだわ♪

長々と書いてきましたが、こんな私の「自己満足記事」に最後までお付き合い下さり、本当に有難うございました。

おしまい
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
Dが東京へ向かった後は気持ちを切り替えるように仕事に集中していましたが、休憩している時や通勤中、あとお風呂に入っている間などは殆どDのことを考えてため息をついていたと思います。

バングラから最後に会った時まで、色々楽しく過ごしてこれたけど
私、ちゃんとお礼を言えなかったよなぁ。。。
とか
一番好きな人と結ばれないっていうのは本当なんだな。
私はきっとこれから生涯で2番目に好きな人と付き合って結婚するんだ。
なんてことも考えたりして。。。

Dが東京を離れる前日は、成田行きの電車の時間も調べて見送りにいくことも考えていました。でも他にも一緒に赴任する人もいるだろうから迷惑かな?じゃあ、陰からこっそり見送ろうか・・・とかね。

そして最後の最後の当日、空港のチェックインカウンターへD宛に電報を打つこともひらめき電球思いついたけどNTTに問い合わせしたら「確実にご本人にお届けできるか・・・」と言われて思いとどまり・・・。

じゃあ、やっぱメールを打とう!と
スタディーツアーから今日まで実際に会った日数は少なかったけど
一緒にとても充実した時間を過ごせたり、楽しく過ごせて感謝していること。
そして、ネパールで頑張って下さい。
といった内容を、当時はメールの文字数に限りがあったため、4回に分けて送信したのでした。フォルァ!!(メール)フォルァ!!(メール)フォルァ!!(メール)フォルァ!!(メール)
出来れば私からのメールで終わりにしたかったので搭乗時間を狙って。

でも、それは少し早すぎたのか、Dから返信が届いたのです。
しかも内容が「それは(充実した時間を過ごせたのは)ずっとハナモミアパ(アパ=ベンガル語で「さん」)のこと好きだったからだよって
Σ(=°ω°=;ノ)ノえぇぇぇぇええ
!!!!!!
もうね、ビックリです。心底驚きました。
驚きのあまり、実家の2階の南の部屋にある誰も使っていないベッドに
1人でひっくり返って言葉を失っていたのを今でもよく覚えてます(/ω\)

どうしよう?返事した方がいいのかな?あせるあせるあせる
オロオロしながら、でも思わず「私もかおとだけ返信しました。
間に合ったかな?ってもうドキドキドキドキでした。

結局、最後は私からのメールではなく、フライト予定時間より少し後にDから届いた「飛んだ!」というメールで私たちの通信は終了しました。

こんな風に、最後の最後で私たちはお互いの気持ちを知ることになったのです。Dはもう空の上だってのにね・・・飛行機

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。