孫の代まで豊かにする資産づくりと相続のハナシ。

私たちは、長生きリスクにさらされています。
ゆとりある老後を過ごし、孫の代まで「円」と「縁」をつないでいくためのプランを考えるブログです。


テーマ:
ブログランキングに参加中。

ポチっとしていただけると

うれしいですsao☆

   矢印矢印



vol.174



ごきげんいかがですか 


広島で
孫の代まで豊かになる
資産作り
相続を提案する

ナウこと今井絵美です




ブログの師匠、板坂裕治郎さんによる

営業戦略セミナー二
日目(最終日)を

受講してき
ました。



 ※初日のレポートはこちら。
 
こちら妄想から見えてくるもの。




そもそもなぜナウが、

「営業戦略セミナー」を受けたのか?



仕事を始めた頃は、


「営業」=営業職の仕事




だと思っていました。


しかし、
仕事を通じていろいろ
学ぶ
うちに


営業 =


「選ばれるための行為すべて」

と感じるようになりました。




とすれば、


どんな職種であれ、

どんな立場であれ、

「営業」に関係ない人などいない



のです。




ナウは、

相続のこと、資産づくりのことで、
もっともっと
たくさんの方の
お役に立ちた
い。


そのためには


たくさんの方に選んでいただきたい。


そのために必要なことを
学び取るべく、
またまた裕治郎大先生の門を
叩いた、というわけなのです




そんな裕治郎大先生が
営業戦略セミナーのことを
書いたブログ記事がこちら



営業戦略セミナーの中では、


「頭を下げない営業の極意」


2日間、計10時間かけて
学びました。

ポイントは12個。

どれも、


「うわぁ~、そういうことか


と思わされるような


新しい視点、発見の連続

でした。


しかししかし。

自分の仕事に置き換えるとなると

一変。

「うーん、うーん

と頭を悩ませることの連続。




裕治郎さんのセミナーの
すごいところはここなんですよね。


「いいハナシを聞いた!!
 感動した!!」


では絶対帰らせてもらえない。





「自分の商売に置き換えたら
 どうなるんや。」


というのがメインなので、

自分の脳に汗をかいて
アイデアをひねり出さないと
いけない・・・


そのひねりだした、
アイデアに対して、


裕治郎さんはもちろんのこと
他の参加者からも
フィードバックがもらえるので



自己満足でも終わらない。


「どうやったら売り上げが
 あがるのか・・・」

と自分の中、自社の中
だけで考えて、
同じところをグルグル
している方、

必ず(強制的に)
新しい一歩が見えてくる


のでおススメですよ。



参加をしてみて、

まだまだ思考が浅いこと、

発想力が乏しいことを

実感してへこみました。



でも、目指すは
バネ」!!



へこむだけでは終わらずに、
しっかり跳ねていけるよう
コツコツやっていきます





★今日のまとめ


●お客様に選ばれるためにするすべてが「営業」

●いい話を聞いても「選ばれる」ようにはならない。脳に汗をかいて考えること第三者からのフィードバックが大切。



ほいじゃ、今日はこのへんで。





お役に立つブログNo.1を目指して


ランキングに参加しています。



先ほど押し忘れた方は

こちらからお願いしますsao☆

   矢印矢印

 






★毎月15日は相続セミナーの日★


「自宅(実家)を相続の火種にしないために」

   ~遺言・信託・贈与のメリットとデメリット~

講師 相続アドバイザー 今 井 絵 美


日時 12月15日(火)

     14:00~15:30


場所 山下江法律事務所
    広島市中区上八丁堀4-27
    上八丁堀ビル703
    https://goo.gl/43Phy5

参加費 1000円

※ドリンク・お菓子を用意しています。

お申込は下記フォームから
こちらhttps://goo.gl/fY5Gy2
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

相続アドバイザー・マネーバランスFP【ナウ】こと今井絵美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。