昨日、今日と無料着付け教室と当学院のように無料⇒有料着付け教室の

見分け方を書いていきましたがまとめると以下のようになります。


① 上級コースに他装があるかないか


② 技術統一がなされているかどうか


③ 無料コースにセミナーがあるか


④ 無料コースの次に授業料が発生するか


が見分けるポイントです。


私はきものの販売が悪いことだとは思っていません。

ただ教育が完全に販売の手段となっているのに、疑問を覚えているだけです。


自分自身の長い、骨董の経験から当然買ってみないと自分の目利きの

腕は上がりませんし、時には痛い目を見ることもいい勉強です。


ただすごい無料の上級コースを続けて、2000万円くらい買ったとしても

着付けの腕が何も身についていなかったというのでは、少しかわいそうなのでは

ないかと思います。と言う人に昨日会いましたので書きました。

AD