☆ A HAPPY NEW YEAR 2012 ☆

テーマ:

皆様!

おはようございます!


そして!

あけましておめでとうございます!

良い年をお迎えになられましたでしょうか?





私はというとですね。

年末に大きく体調を崩し、元旦にして休養3日目です(>_<)


「急性扁桃炎」だそうで。


倦怠感や痛みも去ることながら、

リンパ付近が膿んで腫れてしまっていて

楽器が構えられない!

試験まで1ヶ月ないのに!!

…という危機を迎えておりますです。


まだ最後まで弾けてないのはここだけの話←(超公開

こういうこともあることを考えて、

やっぱり前々から準備をしておくべきですね。





というわけで。

2012年の目標はコツコツとやること!

…うん。無理。

超絶・追い込み型人間に生まれたからには、

もうその宿命を背負って生きるって決めたんです。(開き直り


いやいや、逃げたらあかん。

コツコツやるのも、体調管理も含め、

(ブログを書くのも含め?笑)




「維持&継続」




これに尽きます。

http://ameblo.jp/hanakoxmusic/entry-10755597915.html

昨年に引き続き、これを目標に1年頑張ってまいりたいと思いますので、

2012年もこんな齋藤羽奈子をどうぞよろしくお願いします。

AD

ポッキーの日に。笑

テーマ:
$Don't think, FEEL!

[藝大定期第348回 学生オーケストラ第45回定期演奏会]

日時 2011年11月11日(金)
19:00開演(18:30開場)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料 1,500円(全自由席)
■曲目
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より
        第1幕への前奏曲
モーツァルト:オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314(285d)
ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 Op.68「田園」
■出演
指揮:高関 健
オーボエ:青山聖樹
管弦楽:東京藝大シンフォニーオーケストラ
      (旧称:東京藝術大学音楽学部学生オーケストラ)
…あれ、いつの間に学生オケの名前変わったんだろう?



自分が慣れたせいか、文化会館やった後だからなのかは分かんないけど、
今ひとつ集中力に欠ける感じがなくもなかったような気が…

もう一度自分を戒めようと心に誓った本番でした。








さあ、打ち上げーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!w
AD

VIVA☆芸祭!!

テーマ:
昨年同様、感想とか書いてたらキリないので・・・
以下、出演記録。(笑)

自分のキャパの問題で、昨年より少ない参加となってしまったのが
唯一の心残りです。。。





<9月3日>
★D年オペラガラ
13:45~15:00 @第6ホール
★藝祭ミュージカルオーケストラ 「PIT ON THE STAGE」
16:45~18:00 @奏楽堂

<9/4>
☆高橋晴美の世界
12:00~13:00 @第6ホール
☆オルガン演奏会
13:30~13:45 @奏楽堂
☆GAME Sound Orcestra!
14:00~ @第6ホール



昨年同様、☆はViolin/★はViolaで
弾かせていただきました!

いやー。
やっぱいいね、芸祭。大好き!

20歳になったのをいいことに、若干ほろ酔いだったのは内緒。






安全管理の都合から今年は完全整理券制だったりして、
慣れない部分も多々あり、ご迷惑をおかけした面もあったかと思います。
申しわけありませんでした。

ご来場くださった皆様、本当に本当にありがとうございました。
AD

最愛の曲♪

テーマ:
$Don't think, FEEL!

[学生オーケストラ プロムナード・コンサート3]

日時 2011年6月28日(火)11:00開演(10:30開場)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料 入場無料
■曲目
L.v.ベートーヴェン:エグモント序曲
J.ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
F.メンデルスゾーン:交響曲 第4番 イ長調「イタリア」
■出演者
指揮:ダグラス・ボストック
管弦楽:東京藝術大学音楽学部学生オーケストラ




私はVa持ち替えで最初の2曲に乗らせていただきました♪

なんといっても、ハイドンヴァリエーション!!!!!!!!←
もう、大好きで大好きで。
お恥ずかしながら芸高に入るまでクラシックに相当疎かったのですが(今でもまだまだ知識不足ですが)、
その頃から自ら好んで聴いていた数少ない曲の1つです。
さらに芸高の音楽理論の授業でこの曲の分析をして、
より好きになったと同時に分析の魅力を知ったきっかけでもあって。
今でも1人で知らない遠方の地に向かうときなど、必ず聴いている曲です。
(ちなみにお気に入りの録音はジュリーニ指揮のウィーンフィル!)

…と、そんな思い出の曲が弾けるなんて。
しかも、ヴィオラ!!
普段はヴァイオリンでもヴィオラでも楽しいけど、
これに限っては絶対ヴィオラ!!
中音域の楽器をこよなく愛していたブラームス様(そもそもブラームスが好きw)は、
他の作曲家にはないヴィオラの使い方をしてくださいます。
(弦楽六重奏なんかが良い例なんだけど。)
もうその中でも最高峰!な曲なんです\(^^)/

いやー。めぐまれすぎてなんかもう。
いまめっちゃしあわせ。笑

学生オケでびゅー。

テーマ:
$Don't think, FEEL!

[藝大定期第345回 学生オーケストラ第44回定期演奏会]

2011年5月27日(金)開演:19:00 (開場:18:30)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料 1,500円(全自由席)
■曲目
R.シューマン
序曲、スケルツォとフィナーレ 作品52
J.ブラームス
交響曲 第2番 ニ長調 作品73
■出演
指揮/湯浅卓雄
演奏:東京藝術大学音楽学部学生オーケストラ





2年生から必修としてあるオーケストラの授業。
1年の時には参加できないので、とても楽しみでした!
(練習が1,2限なのが辛いのはここだけの話。)

芸高時代に奏楽堂で弾いたのは、
1年に1回の定期演奏会と、自分の卒業試験の計4回。
憧れさえ抱いていた場所に、当たり前のように入ってく自分が
緊張もしなくなってて、ちょっと違和感。

…と、余談はこのぐらいにして。
やっぱすごいよ、芸大クオリティー。特に管セクション。
練習から想像のつかない本番の気迫も含め(笑)
個人的には、1stのハイポジションの音程の取れなさに絶望。
弦の音荒らしてたのあたしですごめんなさい←



とにかく、オケ大好き人間として
定演はまさに至福の時でした。うふふふふ。

今、私たちに出来ること。

テーマ:
Sternenkreis philharmoniker 団員によるチャリティーコンサート
 2011年5月6日(金)19:30~
 @日本基督教団 根津教会





演奏云々は自己処理するとして、
今日は「チャリティーコンサート」の意義を
すごいすごい考えた日でした。



まだ、3.11についての感情や考えを、うまく言葉に出来ない。
できたとしても、していいのかさえ分からない。

ただ何よりも大切にしたいのは、
「今、自分に一体なにができるのか」ということ。
社会的な立場、職種、金銭的な面も含めて、
自分にできることはそれぞれ違う。

音楽家である私たち。
普段から文化活動に対する助成金が削減されたりしている実態を見ていて、
やはり物理的な働きには敵わないのか、と思ったり思わなかったり。
もちろん、今回はより強く思った訳で。
ましてやまだ学生で、お金があり余っているわけでもない。
そんな自分に、出来ることはないような気がしたり。

でも、なんで音楽やってるの?って思ってる人の演奏なんか、
聴きたくないって思った瞬間があって。
同時に、私の演奏を求めてくれた被災者の方々にお会いする機会があって。
その瞬間に、自分が音楽をやりたくてやっていて、それが誰かのためになるなら、
こんな幸せなことはない、って素直に思えた。

それは、復興のためだけの話じゃない。
私自身が抱えていた問題、「とりあえずやってみる」という精神の欠落。
被災者の方々に、音楽家を目指す心を支えてもらってしまった。
私たちが支えるべきところなのに。
情けない。と同時に、感謝の気持ちが溢れてくる。





もう、今自分にできることを精一杯やる以外の選択肢は見えない。

無力なことなんかない。

無理したって意味ない。





これからも日々努力を重ねる決心を、新たにした日でした。

初・三重!!

テーマ:
「芸大生によるフレッシュコンサート」
 2011年5月1日(日)18:30~
 @三重県文化会館 第1リハーサル室

 Pf:村山 響/Vn:齋藤 羽奈子/Vc:成田 七海

私は
・ヘンデル/ハルボルセン:パッサカリア
・ブラームス:ピアノ三重奏第1番 作品8
の2曲を弾かせて頂きました♪





今回はいろいろ「初!」なことが多かったです(^^)
まず、三重に初上陸でした。
東海道新幹線も滅多にのらないので新鮮だったし、
名古屋駅を使ったのも名鉄に乗ったのも初めてだった。
前泊でホテルをとっていただいたんだけど、
七海と2人部屋も超楽しかった!いろんな意味で!(ここは内密w)

当日の朝も響くんの実家にお邪魔させていただいて練習して、
お昼ご飯までお世話になってしまいました。ありがとうございました。
超豪邸でびっくり!!
響くん、あんなとこに住んでいたなんてとっても羨ましい!



で、肝心のコンサートはというと。

こんなにいろいろあった本番も初めてでした…orz
ハラハラしっぱなしというか。
わたしは緊張すると安全運転をしすぎる悪い癖があるのですが、
響くんが比較的前向きになる癖を持ってるみたいで。
…どうなったかはご想像の通りです。

相変わらずハルボルセンは苦手だし。。。
七海、ごめんよ。。





そりゃもちろん楽しかった!
けど、演奏もそうだし、
とんぼ返りしなくてはならなくて三重を堪能し切れなかったのも、
とっても心残りです。

いろいろリベンジしたいことが山積みです。ね。。

$Don't think, FEEL!

スタバ風?笑

テーマ:
Don't think, FEEL!-2011022013140000.jpg

スコーンを焼いてみました♪

作り方は超~簡単!!
ホットケーキミックス:バター=5:1、そこに少量の牛乳を足して混ぜたら170℃のオーブンで30分焼くだけ!

今回は板チョコを所々に飾って焼きましたよん(^^*)
みなさん是非お試しあれ!





ちなみに右下は次年度から使う新しい手帳!
とってもお気に入りです(^^
かわいいでしょ?

夢のような時間 その2

テーマ:
[シュテルネンクライス室内管弦楽団 根津教会公演]
指揮 宇野健太
ピアノ 田頭英子
■モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
■バッハ:ピアノ協奏曲(チェンバロ協奏曲)第4番イ長調 BWV1055
■ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番ハ短調 Op.110(弦楽合奏版)
■ブリテン:シンプル・シンフォニー


------------------------------*


やっと帰って来れました。
団員なのに、最初の定期演奏会で図々しくもコンミスやらせてもらったのに、
それっきり一度も出られなかった場所へ。



ここ最近の尋常じゃない忙しさの疲れが抜けず、軽い放心状態のまま突っ込みました。
結果、楽しかったし勉強になったから良かったけど。

一口に「学生オケ」ってゆっても様々なものがあると思うけど、シュテルネンクライスは、学校の壁もまったくなくて本当に音楽が好きな人が集まってる団体だな、って痛感した。
ただなんとなく弾いてる、って人がいないもんね。
これも、本来あるべき姿であり、残念ながらなかなかない姿だとも思う。

最高に楽しいし、恵まれてるよね。



今現在この団体は学生による完全自主運営のため、団体自体を維持することさえ大変な部分もあります。
でも私たちの演奏を聴いてくださる方々、中には支援をしてくださった方々もいらっしゃって
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

わたしは運営している立場ではないし、偉そうなことは何一つ言えませんが
メディアの場で発信をさせていただいてる一団員として、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

夢のような時間 その1

テーマ:
[Japan Academy Philharmonic 第4回定期演奏会]
指揮 ゲルハルト・ボッセ
■ベートーヴェン:「大フーガ」Op.133(弦楽合奏版)
■バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント Sz.113
■シューベルト:弦楽四重奏曲第14番ニ短調「死と乙女」D810(マーラー編曲による弦楽合奏版)


-----------------------*


贅沢な経験ですよね。本当に。
今週は尋常じゃなく多忙で(多分今までで1番だと思う)、曲の準備が十分に出来なかったことが非常に悔しいです。
こんな貴重な機会なのに。

でも、プログラムの重さも去ることながら今回はそれ以上に後ろの席で弾くことの難しさに苦しめられました。
1stが7Pultsだったんだけど、6から折り返したので5Plut表だった私は舞台の端っこで。
曲が曲なだけに、遅れること遅れること!
楽譜見ても弾けるかどうか定かじゃないのに、暗譜してコンミスにかぶりつきじゃなきゃ合いようがない。
前4Pultsでわずかにずれてたりすると、もう脳内パニック。

結論、自分の実力に凹んだ。
ここまで神経使ったのは初めてだったし、こんなに出来なかったのも初めて。
悔しいけど、でもものすごく勉強になった。



そしてなによりゲルバルト・ボッセの音楽感に触れることができたのは最高の幸せ!
良い意味で、私にとって意外性がなくて。
もちろん私が到達出来るような次元ではないんだけど。
すんなり、なんの違和感もなかったの。3曲やって1ヶ所もなかった。
たぶん初めての経験。

でも感性や趣味の問題は別にしても、
ボッセ先生のように「音楽」が最も自然な形で存在してることは、ありそうでないこと。最も難しいこと。って思う。
なんか上手く言葉に出来ないけど、良い意味で斬新じゃないところからものすごい衝撃を受けるっていう体験をした。

…あー自分日本語下手(涙

そんな先生と写真とって頂きました!↓
$Don't think, FEEL!



充実ぶりに脳と心がまったくついていってないまま、明日も本番です。
もったいない気がしてならないけど、この経験も積み重ねの一部として意味を持ってくれることを願いながら、
寝ます。おやすみなさい。