わたしとこどもの「英語のある暮らし方」

『英語がすぐそばにある毎日』をすべてのこどもたちへ』
「ハナハウス」主宰 たかはしゆうこのブログ
(吉祥寺、西荻窪)


テーマ:
私のお気に入りの絵本を少しご紹介します。

これは私のお気に入りで、
娘たちのお気に入りは(私と同じものもありますが)
別にそれぞれあります。

The Little Red Fish↓
{1D82067D-D1C0-4C2A-8AF3-B0FCC9942346}

著者は美術家の方で中国系の方。
挿絵のレベルの高さは何度も開いても思わず見入ってしまうほどで、中国の水彩画のようでとても美しい。

話も面白くて、主人公が現実と本の中を行き来するのですが...↓
{D0B3A5F0-8203-4F52-B13A-2381510671E2}
その交じり方が何とも言えない不思議な感触を覚えるのです。ほとんど暗唱できるほど読み続けている1冊。こどもたちも大好きで、絵の細かいところに発見があったりして喜んで何度でも読みます。


こちらは↓
ALIKIという著者のFeeling
{FF54281E-DC92-4EE1-A2FD-D07B0BB5F863}

これは、こどもたちの心の機微がイラストの短編小説のような形で描かれています。
これは、長女がまだ3歳頃に古本屋で見つけ、以来数えきれないくらい読んでいます。娘たちも大好き。

{ED9BB9E7-619E-4F78-9798-EF3CCCCC7FA9}
この絵本を読むと、こどもたちの心は英語教室で習うようなhappy/sad/angryといった簡単な一言で片付けられない。言葉にできない複雑な思いが多いことを改めて思い出さされます。
それをこどもと一緒に話しながら読み進める。たかはし的名著中の名著。何年読んでも飽きることがありません。


それらとは別に、何度も読み続けるというより思いたった時に読むと心が温まる本がこちら↓
Library Lion
{7D929BC4-B94A-4ACC-B640-66D913DB903B}

長女が幼稚園に入った頃いつも
「sometimes there is s good reason to break a rule」、

本当に意味あるルールなのかを考えもせず、ただルールだからと言うだけで従うような人間になってほしくなくて、この本をたびたび読みきかせていました。


そしてこちらが、おそらく私の中での「ただ今」のベスト名著↓
John BurninghamのHey! Get off our train
{2CC155CD-DA3E-45C9-9869-CD8476BBB2A7}

ストーリーは小さい男の子が夢の中で動物と電車の旅に出ます。
{1FC1FFFC-54F9-4AE7-AD7E-788ACE2C05ED}

その電車に、次から次へと新しい動物たちが乗り込んでくる。

その度に"Hey! Get off our train!"と男の子は言います。
{2E5C0C24-8016-49B9-B565-93DC1A175A98}

すると、乗ってきた動物たちが

「乗せてよ、そうじやないと、人間たちに牙を切られて仲間はみんな死んでしまう」
「乗せてよ、そうじやないと、人間たちが川を汚すから住むところがなくなってみんな死んでしまう」

と、動物たちがそれぞれ置かれている苦境を伝えてきまふ。そしてまたひとり、またひとりと乗客を増やしながら電車の旅は続いていきます。
{06538491-6C0E-451C-BDE9-669FB43D8FFB}

環境がコンセプトなのにこどもが楽しく読める。
まずはそれに驚きます。

それだけではなく話の構成がとても巧み。
これはどういう意味だろう...と
大人の私にはそう簡単に読み解けない要素がそこら中にある。
でも、こどもはこどもの目線で自由にいろいろなことを感じ取りながら楽しく読めるのです。

何よりも、それぞれの絵が額装して飾りたいほど美しく味わい深い。
{32EF7143-E5DE-44E4-A5AD-1EEDF121B3A3}


絵本の世界は、言語の隔てなく
本当に奥が深い。
まだまだやめられません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハナハウスの入り口に新しいポスターを貼りました。
{7817012E-F8B3-42E7-AB07-3582DD0C0B99}

Caldecott Medalの受賞作品の表紙が飾られています。
ハナハウスの講師のHeidiのご両親が、
教師現役時代に集めていたものの幾つかをハナハウスに寄贈してくれました。

眺めるだけでわくわくするほど、素敵な絵本の表紙たちが並んでいます。


新しい生徒さんからよく受けるご質問のひとつが

「どんな絵本を選べばよいでしようか?」
「おすすめはありますか?」
という、絵本に関するものです。

出版社も著者も数えきれないくらいいますから
「どんな本から手をつけたらいいの?」
と悩む気持ちはよく分かります。

しかしこの質問は、裏を返すと
「できるだけ効率的に英語を覚える絵はどれですか?」
となる場合が多いです。

こうした質問をされる方は英語習得に大変熱心な方が多く、よくいろいろなことを調べられていていて、英語習得のために作られているさまざまなシリーズものの絵本のこともご存知です。

そうしたシリーズものが良いのか、
「普通の絵本」を選んだ方が良いのか。

よくよく話を聞くと
そこで悩まれるようです。

正解は何を求めるかによって変わりますが、 

ハナハウスの場合、
こどもたちに英語を教えたい訳ではなく
こどもたちを多言語のある世界で育てたい、

ふたつの言葉を通して、
こどもたち自身とその未来をより良いものにしたい、

そう思っているので、乳幼児にそうしたシリーズものをお勧めすることはありません。なぜなら英語の練習用に作られた絵本シリーズは当たり前ですが英語練習用なのでほとんどの場合読んでいて、全然面白くない。

ハナハウスではこうした英語習得用に作られた絵本は、小学生以降のreading の練習用にしています。


絵本の時間は英語習得に大変効果があります。
ですが、その時間の質は、日本語の絵本のものと同じです。

みなさんが日本語の絵本を選ぶ時、いろいろな視点から手に取られると思います。

ことばのリズムが愉快だったり
絵が素敵だったり、
話が面白かったり、
いろいろあると思いますが、

「あ、これ素敵だな」と、
何かひとつ感じるものがあるから、

それがこどもたちの心の栄養になると思われるから
その絵本をこどもたちに読んできかせたい、
と思のですよね。

英語絵本も同じです。


ですから、当たり前のことですが
幼いこどもたちに英語絵本を読むのは、
英語を教えるためであってはいけません。

「こどもたちに読んできかせてあげたい絵本」、を
選んでください。



さて、
それではどの本から始めたら良いのでしょう?



それはみなさんご自身が、
手を動かして探してみてください。

ハナハウスのライブラリは実に500冊近くあります。
時には本教室の方にお振替ついでに借りにいらしても良いかもしれません。

そうやってたくさんの絵本を実際に手に取る中で、
あ、これ素敵だな、と親であるみなさんが絵本に対する感性を高めていくこと。

たぶんそれが最初の一歩かな、と思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前ある先輩から言われたことがありました。

「ジムの予定は仕事のアポと同じ優先順で手帳に書き込むんだよ。

そうでないとどうしてもどうしても後回しになるからね」


それは現代のこどもたちにとっての公園遊びと同じだな、とふと思い出しながら考えました。

学校、宿題、習い事・・

みんなの「最低限」をこなすだけで日々が流れるように過ぎていきます。

 

小学3年生になる娘を見ていても同じです。


情報処理のスピードがどんどん加速していく中、

こどもたちが晒される競争もまた加速し、私たちがこどもの頃とは比べようもない忙しさです。

 だからこそ、

こども時代にしかできない「公園遊び」を、

それこそ私たちの「仕事」と同じレベルで手帳に書き込まなければいけない。

なぜならそれ以上のプライオリティはないからです


現代のこどもを、こどもに返してあげる時間を

私たち大人が守ってあげないといけない。


そんな理由で、ハナハウスの生徒だけを対象にこれまで開講してきたPark Playを一般公開する運びとなりました♪

 

毎月1回、第1土曜10:30-12:30

 

公園で、こどもと遊ぶのが大好きなRossと、(英語で)、思い切り体を動かして遊びます!

サッカー、バレー、掛けっこ、鬼ごっこ、水遊び、どろんこ遊び・・

 

その時こどもたちが「やりたい!」と思うことを、

リーダーRossのもと遊びの幅を広げていきます。

 

Rossと一度遊べば病みつきの楽しさ♪

ぜひ一度お試しください。

Rossとこどもと英語で遊びたい大人のご参加も大歓迎


【開催】

基本第1土曜10:30-12:30(※8月は8/19開催)
【新参加方法】
・振替利用可
・ハナハウス在籍中の方・・チケットは1枚づつ購入可
(1枚2000円、事前にご購入ください)
・ハナハウス外部の方・・チケットは5枚綴りでご購入下さい
(5枚12500円/1枚2500円、事前にご購入ください、)
【対象】
5歳児以上(保護者のご参加も大歓迎)
一緒に思いっきり体を動かして遊びましょう!

 

問合せ:ハナハウス info@hanahouse.jp 

JR 西荻窪駅 徒歩5分
JR吉祥寺駅より1駅

JR 吉祥寺駅より自転車10分

井の頭線 三鷹台、久我山駅、より自転車10分

 

{B7E773AB-9BD9-440D-B494-B369CACCCDE5}

{D9591FCE-5985-4CB1-9621-64C085F8EAD1}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。