雑記ハイテクとローテク

テーマ:
超情報化社会に生きる30代男性として

情報交換をするための道具が、とてつもなく増えてきました。
電話、メールはまだ馴染みがありますが
フェイスブック、ラインなどなど
色々な道具に翻弄されることもあります。

幸か不幸か、私は音楽オタクでもあり機械オタクでありまして、ほとんどのことに対応できる自信を得ています。

その中で未だに手紙、封筒で情報交換をする方法も根強く残っています。
音楽の仕事をする上で、カセットテープを使用している方もいるため私は未だにカセット再生機を手放すことができません。

私の生業とする、音楽の仕事を例にしますと
仕事の依頼〜予定合わせ〜打合せ〜本番
という手順がほとんどなのですが
その進め方は人それぞれです。
演奏するための譜面一つとっても
音源郵送(テープ、CD)〜譜面を書く、メールでのデータ送信、電話で口頭、など様々です。

フリーター、派遣社員、色々な肩書を持つ者にはあることだと思いますが
その方法の雑多さが楽しくもあり、煩わしくもあり

機械や機構に使われることなく、使いこなせる人間でありたいな、と思う初夏の夜。
明日はリハーサルなので早目に寝ます。
AD