ドグラ・マグラ

テーマ:
青空文庫とゆうものを最近知った。
携帯でもパケット代を除けば(定額プランなんで)タダで本が読める。

てことでこの間、青空文庫に追加された夢野久作著「ドグラ・マグラ」を読んでます。

日本三大奇書の一つ、「読んだ者は必ず一度は精神に異常をきたす」とか。
ウィキペディアに色々と書いてありました。

まだ6割程度しか読んでないんですが
なかなかムツカシイです。
内容も文章も。
でもなんか先が気になって
どんどんどんどん読みたくなってくる。

なんらかの魔力が携帯の液晶越しでも伝わってきます。

随所随所に、なんかいい言葉があります。
胎児の夢、が今んとこ1番印象深い。
変なこと書いたら文学に詳しい方とかに怒られそうなんでこの辺で。
AD

最後の定期

テーマ:
Image0921.jpg
定期終わった。
画像は打楽器の四年。
自分は打楽器アンサンブル、ルーハリソンのシンフォニー13。
北爪道夫氏への委嘱作品の代表やってたり。
委嘱はマジ名作でした。
題名は『流れ・Ⅲ』
すごいよかった、もっと時間があればもっとよかった…

打ち上げは前回の反省を生かしてほどほどに飲んで無事帰宅できました。

明後日は赤坂プリンスでオケ、
年末はJBAのモデルバンド。

来年は試験。

ガンバリマース。
AD

音楽

テーマ:
Image0911.jpg
室内楽の試演会が終わりました。
今回で三年目です。
今年はやぶれかぶれ初の試み、
フルートをゲストにアンドレジョリベの
フルート協奏曲2番を演奏しました。
去年の記事にもあると思いますが、
この試演会を勝ち抜くと
洗足の前田ホールにてコンサートに出演
そしてそのコンサートからさらに優秀なグループは
みなとみらいホールのコンサートに出演できます。
今年はどうなることやら

画像は近藤譲(著名な作曲者)作、『音楽という謎』
タイトルに惹かれて数年前に購入したのですが
あまりに難解(とゆうか自分が無知)なため読破できず
最近また読み始め、さっき読破しました!

とりあえず、頭のいい人はすごいなという、
いかにも頭の悪い感想です。

音楽とは何か
音楽家として、1番考えなくてはいけないことだと思いました。

言わばそれが自分の音楽に対する思いの根源になるわけですし

まぁ自分の青臭い稚拙な音楽論を語る気はありませんが
そういった根本的なところから自分の音楽を発展させて行きたいと思いましたとさ。
AD

過ぎ去った本番達

テーマ:
Image0901.jpg
ラスベート、フルートオケ、Iブラス
無事終了!
ラスベは打ち上げ飲み過ぎました…
荻窪から溝の口の帰途は地獄でした。
遠くでは飲まないようにしないと。

フルートオケ、ファランドールのシンバルなどなど。
フルートの人とは普段あんまりからんだことなかったんで新鮮でした。
打楽器より上品なかたがたで居心地がよったです。

Iブラス、洗足の吹奏楽授業、池上政人先生率いるIブラスの本番がおわりました。
後輩達からの色紙とプレゼントをいただきまして、感動しました。
画像はIブラス打楽器メンバー。

取り急ぎ報告まで。

次は洗足打楽器定期!