うさぎ

テーマ:


朝、宅配便を午前中に頼んでた。
ピンポーン、「はい」

「向かいの部屋の者です」

なぬ?

廊下の共有スペースに楽器やらをたくさん置いちゃってるんで、今日ついに直接怒りに来たのかと思いきや、

「今日クーラーの修理に管理人がやってくるんで
あなた(俺のことです)の家でうちのウサギを預かってくれませんか」と。

喜んで、動物大好きです。

名前はモジャ。
とてもかわいかったです。
ただ慣れない環境に緊張していたのか、あんまり活発な面は見れませんでした。

初動画UPでした。
AD

メッサーシュミット続き

テーマ:
Image0821.jpg
東京ジュニアオーケストラソサイエティ無事終了、子供達と触れ合うと忘れかけていた純水さを思い出します。

俺も関東に来てたくさん悪いことを教わったな、と(笑)

マスターシュミットの続き!

車を見た後、飯屋を探してたんですが、
いつも想像してたドイツ料理に出会えなかったんですよ。

でここは現地の方の口コミを信じようということで先程の老人に聞いてみました。
「ドイツの伝統的な家庭料理を食べたい」と

老人「それならとても良いところがある
スリークラウンとゆう美味い料理屋だ
値段もそんなに高くないから君達も満足してくれるだろう」的なことを言ってたと思います

「そっちに真っ直ぐ行ったら木が一本ある、それを左に曲がって100メートルくらい行けば見つかるよ」

まず真っ直ぐ行くと、
木がたくさんあります。
どこやねん、と。
付近100メートル探しても見つからず。

すると近くに旅行ガイドの堀江さんが
どうにか見つけられないかと頼むと、道行く人に交渉、で帰り道だから連れてってくれると言う人を探してくれたんです。

ついに到着、感動しました。
でいつも通りメニューを見ても何かわからない。
お店のおばさんは英語通じない。
おばさんが溜息をつきながら奥に下がっていってしまった。

どうなるのかと思ったら奥から英語のできる常連さんを連れて来てくれた。
事細かにオススメメニューを解説してくれました。

で頼んだのが画像の三品。
20代の男四人でも腹一杯。

手前から、仔牛薄切り肉のピクルス巻きデミグラス煮込み
チキンのシュニッツェル(カツレツみたいな)のマッシュルームクリームソース
1番奥が白身魚のフライ。

どれも本当に美味かったです。
無言で貪りました。
俺の独断ですが乳製品が美味かったんですよ、バターも日本のと全然違う

だからホワイトソースが本当に濃厚でおいしかったです。

老人と堀江さんとおじさんと常連の英語の人がいなかったら味わえなかった味です。
エムデンで1番の思い出です。
AD

メッサーシュミット

テーマ:
Image0801.jpg
ドイツ、エムデンにて。
オープンカフェでビールを飲んでたじいさんが話し掛けてきて。
「あっちにマスターシュミットがあるから見に行け」と言われました。

自分はなんのことやらサッパリだったんですが乗り物大好き鈴木君が妙に足早&目が輝いてる…
なんかかなり珍しい車らしいです。
確かに変わった車だなと思いました。

この話には若干続きがあります、また後日
AD

相棒

テーマ:
Image1321.jpg
プレイウッドのトライアングル。
右上がJPCのビーターセット、左下がウィンドチャイム用、居酒屋のマドラー、自転車のスポーク。

左上が新人、トーキューハンズで買ってきた軟鉄、真鍮、ステンレスの棒。
買いに行った時はとても恥ずかしかったです
店内で一本一本トライアングル持ってって試し叩きしました。
人々の視線が痛かったです。

そんなにたくさん必要なの?と思われる方もいるかと思います。
まぁJPCセットの右半分、細いやつはあんま使ったことないです。
でもビーター変えるだけで音がかなり変わるんですよ。

練習で何か要求された時、
対応するのは自分の実力とあとビーターの種類。

サルが叩いても音色変わりますからね。多分。

明日は相棒達と共に東京ジュニアオーケストラソサイエティの練習行ってきます。
本番は明後日、杉並公会堂にて。
自分はリムスキーのスペイン奇想曲のります、おもしろい曲です、
つか打楽器の使い方がやらしい。
興味ある方是非いらして下さい。

レコーディング

テーマ:
Image1311.jpg
今日は洗足付属小学校オケのデモレコーディングしました。

小学校オケにはタブルリード(オーボエ、ファゴット等)がなかったりするんでそれなしでの編曲したのを練習するらしいんです
まぁ原曲のままじゃ難しい所も多々あるんで

でその編曲版の参考演奏とゆうことで今回のレコーディングがあったわけです。


レコーディングはやっぱ緊張します。
つっても今回で三回目の経験ですが

今回は練習一回通し、
返し、で2テイク録音

少ない回数の中での先生方のやりとり等、
確認してすぐ合わせる技術を目の当たりにしました。

今回の録音が少しでも小学生の参考になればな
という感じです。

明日は久々のどフリー日。
渋谷でもいこうかな。

六日目、ハンブルク

テーマ:
Image1211.jpg
この日は午前中ブレーメンに移動で終日自由行動。

有名なブレーメンの音楽隊の銅像、大聖堂、風車、などを見ました。
昼に大聖堂に行ったらちょうど神父さんがお祈りの言葉みたいのを始めて
みんな座って静かに聞いていたんで自分も座って聞いてました
まぁドイツ語なんで意味はまったくわかりませんでした、
外人さんが聞くお経のようなものかと
でそれが終わるとパイプオルガンの演奏があったんです

感動でした

音に包まれてるって感じで。

で夜に市庁舎の地下にあるレストランのワインセラーが有名ということで打楽器八人で酒を飲む

その後秋山先生を筆頭に今回の先生方、スタッフの方がいらっしゃり近くで飲んでました。
画像はその時の一枚。

みんなのデジカメなんかで何回も撮ってたら隣の現地人もなぜか撮影してました。

飲み終えたあと近くのオープンカフェでコーヒー(1.8ユーロ)を飲む

爆睡。

で次の日朝一で出て、帰国って感じでした。

なんか他にも色々画像あるんでまた違う話とかと一緒にアップする予定です。

とりあえずドイツ日記は完結。

五日目、エーゼンス本番

テーマ:
Image0991.jpg
今思い出した。
四日目の出発は6時代で朝一バス~船でした。

この日は昼出発、木管より一時間早く金弦打楽器は出発。セッティングのためです。
打楽器っていつもこんなんばっか。

で教会。画像はステージの様子。
昨日の会場(コンサートホール)キャパ500に対し
この日の会場(教会)キャパ1500。
すごい広くて、音が気持ち良く膨らむ。

指揮の秋山先生が
「みんなは普段ホールで演奏してるが
本当に昔のオーケストラはこういう所で演奏していたんだ
この教会が音楽の原点なんだ」
とおっしゃられました。
もしかしたら次の日の話も混ざってるかも。

本番はいろいろありました、ホントに(笑)
でもお客さんは拍手拍手。
生まれて始めてスタンディングオベーションを見ました。
教会だから拍手の音も無茶苦茶いいんですよ。
ジーンときました。

終演後そのまま近くで全体打ち上げ。

ほろ酔い気分でバス~ホテル~爆睡。

いい日でした。

四日目、ボルクム島本番

テーマ:
Image0911.jpg
昼、船に乗る。
初めての船だったんですが思ってたより全然楽しかったです。
船酔いもありませんでした。

ただデッキは風が強く、かなり寒かったです。

会場は昨日の教会とは違って広々、客席キャパは500。
本番は客席満員で沢山の拍手をいただきました。

夜はオープンテラスのある店で、
味が濃くて油っこい料理が多いんで
だんだん日本食が恋しくなってきました。

三日目、エムデン

テーマ:
Image0721.jpg
この日は昼からエーゼンスの教会でリハ。

狭いです。祭壇の真ん前にブラス約70名がひしめき合ってます。
楽器搬入で体力使い果たしました。

リハ終わってまたエムデンへ

ホテルでチャリを借りられることが発覚し借りてみる。
ハンドルが高くて疲れました。
でもチャリのおかげでかなり行動が楽になりました。

この日もビールをあおって爆睡。
次の日はボルクム島で本番。

二日目、エムデン

テーマ:
Image0681.jpg
ハンブルクからエムデンへバスで移動。

運転手のジョニーから
「日本ではグーテンタークを何て言うんだ?」
と聞かれ、おはようと教える。
結局最後まで「オハユー」と言ってました。

エムデンは田舎で何もないと聞いており、友達のガイドブックにも載ってない街だったのですが
意外と色んなお店があって楽しめました。

ちょうどエムデンへ行った時にストリートライブの特設ステージが設営されていて
画像はそのライブ中の人込み。

スーパーマーケットで水などを買う。
水は1.5�で19セント、安かったです。

街の人々は穏やかで優しくて
滞在中にけっこう色んな人としゃべれました。

もちろんこの日の夜もビールを堪能。
夜も22時くらいまで明るいんでなんか不思議な感じでした。