報告ver.2

テーマ:

洗足学園音楽大学打楽器アンサンブル第26回定期


● 洗足学園の前田ホール 
   12/23(金) 18:00開場 18:30開演

● 料金 ¥1,000

■ 出演 指揮:岡田知之
       演奏:洗足学園音楽大学打楽器アンサンブル

■ 曲目 マーチングの楽しさ
       スティールパンの軽快なリズム

場所とかは洗足 のサイトに載ってます。

チケットは当日券ない(毎年売り切れで満員なんです)のでチケットはお早めに。

このサイトから注文してもらってもかまいません。

その場合お支払いは当日の会場にてお願いいたします。

で、マンドリンオケ無事終わりました。

打楽器アンサンブルコーナーでタンバリンサミットとゆう激ムズかった曲をやったのですが、

なんとか無事演奏を終え拍手喝さいで退場。

いつもとは違う本番でまた新しいことを学びました。

AD

3つのビックリ

テーマ:

土曜は僕の二十歳の誕生日でした。


まず午前11時、先輩からの電話で起床、

その日の昼から山澤先生率いる男群の演奏会があるとのこと。

そこで打楽器の学生で12月23日の定期演奏会(詳細は後日アップします)のビラ配り。

もちろん演奏は素晴らしかったのですが、何よりビックリしたのが男群の集客力!

野外の演奏だったんですが、通りすがりの人がみんな立ち止まって見てたんですよね。

さすが先生!って感じでした。


その後、男群の皆様とちょっと遅い昼食をご馳走になり(多分日本語違いますね)

管打コンクールを見に尚美へ。行く途中で自分が今日誕生日であることをその時いた先輩と友達に告白。


管打コン見終わる。かなり衝撃的でした、上手さにビビリました。

課題曲はジョリヴェ作曲の打楽器コンチェルトです。

打楽器的には超有名な曲で、たしかのだめカンタービレにも少しのってたかと思われます。

五人がコンチェルト全曲やってたんですが、それぞれのカラーの引き出し方がすごいと思いました。

正直それまであんまり好きな曲じゃなかったんですが、イメージが変わりました。

ずーっと有名な曲ってのはやっぱりそれなりの理由があって有名なんですよね。


帰宅  



20歳おめでとう的な言葉×3

それ的なメール、0

それ的な電話、0

それ的なお祝い企画、0

プレゼント、0


俺って友達少なかったんですね、それを誕生日になって初めて気づくとは、ビックリ

AD

報告のみですみません

テーマ:

11月3日の本番は一応両方とも無事に(?)終わりました。

D年ブラスの打ち上げで学校内の他楽器の知り合いが増えたかな、

と思いきや全然誰とも会えませんね。


東京マンドール第31回チャリティーコンサート

に出演決定。


一丸守正(指揮) / マンドリン合奏団 東京マンドール / ゲスト出演:洗足学園音楽大学

打楽器アンサンブル(カホーン&タンバリン・アンサンブル)

ロッシーニ:オペラ「どろぼうかささぎ」序曲
W.A.モーツァルト:ドイツ舞曲より
レオポルト・モーツァルト:おもちゃの交響曲
ヴェルディ:オペラ「椿姫」第1幕への前奏曲
ヨーゼフ・シュトラウス:オーストリアの村つばめ 他

チケット全席自由1000円

AD