こんにちは! 花ぐらし編集部です

園芸・ガーデニング雑誌の「花ぐらし」をご存知ですか? わたしたち(おじさん1人、女性2人)で作っているこの雑誌を少しでも多くの人に知ってもらいたい、花のことに興味をもってもらいたいという思いで、このブログを始めることにしました。


テーマ:
おまたせいたしました。
「花ぐらし」の春号が明日、発売されます。

残念ながら、季刊としての定期刊行はこの号で最終となりますが、それだけに気合を込めて作らせていただきました。

今回は、まるごと一冊、園芸・ガーデニングのとっておき技を花のマイスターたちから教えてもらいました。
その中身は、かなりユニークというか、オリジナリティーにあふれています。

たとえば……、

おなじみ小山内健さんは
これさえ押さえれば失敗しない バラの究極的シンプル栽培術を伝授!

写真家でもある鈴木せつ子さんは
雑草といっしょに育てる バラのオーガニック栽培を。

永田洋子さんは
かの有名な永田農法による ベリーの画期的コンテナ栽培を。
土と肥料にたいする発想を変えるだけで、これまでと比較にならないおいしい実がなるんです。

ほかにも、扱いやすい植物を使った立体的な植栽術や、楽しみながらできるエコガーデン、クレマチスのタイプ別得意ワザなど、みなさんの役にたつ情報が満載です。

ほかに、別冊付録「いまさら聞けない 園芸の疑問」もつきます。

お楽しみに。

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は東京も真っ白な雪景色です。

本日は、現在発売中の「花ぐらし」冬号の読者アンケートの集計結果を発表します。

では、まず弟3位。
「大株に育てて楽しむ クリスマスローズ」です。
さすが、冬の人気花ですね。ボリュームたっぷりに育てるノウハウをわかりやすく解説したのがよかったのでしょうか。

お次は第2位。
「バラを元気にする 冬の剪定・誘引」です。
小山内さんのスーパーテクニックを、だれにでもマネできるように紹介したものです。

そして、栄えある第1位は……
やはり、
「オーガニックでバラづくり」でした。
話題の米ぬかオーガニックから、生ごみ堆肥、べランでの無農薬栽培など、試してみたくなる実例とコツが満載の自信企画でしたからね。
取材先のロザリアンのみなさん、ありがとうございました。

では、惜しくもベスト3には入れなかった企画から特別賞を発表します
殊勲賞は、「雑草と仲よくつきあう」。雑草を目の敵にせず、ガーデニングにうまく活用しましょうという視点から作ったこの企画。カラーページではないのに、多くの読者から支持を集めました。

そして、敢闘賞は連載「生き物のいる庭づくり」。これもカラーページ企画ではなく、しかも分量はたったの2ページ。でも、これも今回の人気上位企画に入っているからすごいものです。
ちなみに、今回のテーマは「地味でつぶされがちな虫ほど、じつは役にたっているという話」。
なんとなく、読みたくなりませんか?

こうみると、ガーデニングの世界でもしだいにオーガニック、生物との共生といったエコロジーな話題に関心をもたれる方が多くなっているんでしょうね。
(byおじさん)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
編集部で育てているアジサイが、本日、ついに花をつけました。
梅雨の時期でなく、この寒い時期に。

このアジサイは、「スプリング・エンジェル」という冬アジサイです。
以前、この花を雑誌で紹介したときに、開発した群馬県農業技術センターからいただいたものです。
今年も無事咲いてくれて、ほんとうに感動ものです。
といいつつ、水やりなどしっかりと管理していたのはわたしでなく、FさんとUさんなのですけど。

それにしても、冬にアジサイを愛でるとは、風流ですな~。
(byおじさん)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの書き込みです。
さて、先週金曜、サンシャインシティで開催されていた「世界のクリスマスローズ展」、そして東京ドームで開催中の「世界らん展」の開会式へ行ってまいりました。

終了後の報告ですみませんが、クリスマスローズ展のほうは、今回、寄せ植えにハンギング、苔玉に生け花と、クリスマスローズを材料にさまままな提案がされていました。



$こんにちは! 花ぐらし編集部です

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
『花ぐらし』で毎号、巻頭の押し花作品をつくってくさっている若林佳子さんの作品も大きく紹介されていました。

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
コンテスト部門では、「花ぐらし」賞も選定されていました。これが、その作品です。
編集部が選んだわけではありませんが、審査員の方々はうちの雑誌のイメージとこの花の印象が重なったということなのでしょうか。
ちなみに作品名は「女帝」ですって。
Fさん、それともUさんのことでしょうか?


お次は、世界らん展。

メインスタンドには、こんな大きな鳥のオブジェが…。

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
これぞ、まさしく「おおとりらん」。ちょっと古い?

今回の目玉は、日本初公開、ボルネオの「青いラン」だそうです。
内覧にもかかわらず、これをひと目見ようと長い行列ができていました。
私も並んで、写真を撮ってきたのですが…。

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
このとおり、みごとなピンボケとなってしまいました。
ぜひ、ご自身の目で感動を味わってください。

世界らん展は、今月26日までの開催です。
(byおじさん)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
春号が無事に校了しました。
冬号でも告知したように、これが定期刊行での最終号になります。
最後はちょっとしんみりとしましたが……。
これからも細々とがんばっていきますので
どうぞ、よろしくお願いします!
(春号は3月16日発刊ですので、楽しみにお待ちくださいね)

さて先週、春号進行中のさなか、
ふたたび大阪へと行ってきました。

来年度に出す別冊花ぐらし(冬に刊行予定です)の
バラの剪定企画の撮影のためです。

冬はめったに雨が降らないはずのに、なぜか大阪に行く予定の2日間だけが雨マーク…。
さずが「台風と嵐をつれてくる」とうわさの小山内さん! などと思いながら
前日になって日延べをすべきかとバタバタしたのですが
いろいろあって強行いたしました。
(お庭を見せてくださった皆様、予定をころころ変えて申し訳ございませんでした)

しかし・・・・・
意外や意外、出張中小雨程度にすみ、
晴天でないおかげで枝も見やすいというオマケつき。
ついてました!

今回も小山内さんから、いろいろ教えていただきました。

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
(撮影/ライターMさん)

手さばきが早すぎるので、ポイントを聞くのがたいへんです
まだ取材は半ばですので、後日またいろいろ聞かなくては。。。

$こんにちは! 花ぐらし編集部です
【番外編】大阪府Kさん宅の信楽たぬき

いつもはノーチェックだったのですが、
今回は、行く先々で信楽焼きのたぬきが目に入りました。
関東ではあまり見かけないので新鮮でした!
(編集部F) 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログ、久しぶりの更新です。

春号の進行真っ只中です。

現在、表紙の写真やデザインを考え中。
なかなか決まらず、編集長が頭を悩ませています。

さてさて、最終号、どんな感じになるでしょうか。

どうぞ、お楽しみに!!
(編集部F)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年も明けたことなのに、すっかりと更新を怠って申し訳ありません。
いまさらですが、

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年明け早々、編集部は次の春号の編集作業に追われています。
冬号での告知でご存じの方もいらっしゃるでしょうが、「花ぐらし」の定期刊行は3月発売の春号が最後となり、以降は不定期的に刊行させていただくことになります。

編集部および関係する外部の方々も残念というか、悔しい思いでいっぱいなのですが、いつかはまた定期刊行に戻れるようがんばります。
みなさんも応援してください。

こんな話をしておいてなんですが、現在、発売されている冬号も昨年よりもかなりよい販売状況にあります。「オーガニックでバラづくり」そして「クリスマスローズ」あたりが読者からの評価も高いようです。まだご覧になっていない人は、ぜひ本屋で探してみてください。

そういえば、最近、「花ぐらし」のバックナンバーを購入したいという注文が急増しているようです。いまごろになって、やっと認知度が上がってきたのでしょうか。
複雑な気持ちではありますが、最後の定期刊行号も悔いの残らない内容のものに仕上げたいと思います。
ぜひご期待ください。
(Byおじさん)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末、バラ講師でおなじみの小山内健さんが
事務所に来てくださいました。

またまた、小さな会議室に閉じ込め
打ち合わせです。

最後は、ぐったりとしてお帰りになられました。。。
貴重なお時間をいただき
本当にありがとうございました!

そうそう、この冬(春?)から
小山内さんがブレンドしたバラ用土が販売されるそうです。
春号でも紹介したいと思います。
楽しみですね。

(編集部F)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いや~、寒いですね。
こういう季節はお庭に出るのも億劫になるのではないですか。
でも、「花ぐらし」はそんな時期にも発売されるのです。
その冬号の発売は明後日16日です。

さて、今回も自信のラインナップを並べました。

特集は、「オーガニックでバラづくり」です。
できるだけ薬などに頼らない育て方を知りたいという数多くの読者の要望にこたえました。
バラは土が命。バラの有機栽培も、いきつくところはそこにあるようです。
そこで、いわ話題の米ぬかオーガニックから生ごみ堆肥、ベランダでの栽培など、さまざまな実践者のとっておきノウハウをご紹介します。

そして、これまたオーガニックガーデニングで有名な植木屋さん「曳地義治・トシ夫妻」が、「雑草と仲よくつきあう方法」を教えてくださいます。
雑草を「退治する」ではなく、「つきあう」というところが斬新でないですか?
目の敵にしがちな雑草も、こうして活用するとガーデナーにとってとっても役だってくれるという内容です。
雑草やガーデニングにたいする価値観が一変すること請け合いです。

毎年のことですが、クリスマスローズ企画も充実しています。
今回は、クリスマスローズ界のプリンス、横山園芸(東京都)の横山直樹さん育種の注目花をいち早く紹介するとともに、大株に育てるためのコツを掲載しました。

それから、これからの季節、バラの剪定や誘引に頭を悩ませる人も多いですよね。
おなじみ小山内健さん流の「バラを元気にする剪定・誘引」をお教えいたしましょう!
類似企画は他の雑誌に数あれど、これほどシンプルかつわかりやすく解説したものはないでしょう。

どんな内容なんだろうと興味をひく、こんなタイトルの記事も。
「バトンタッチ寄せ植え」
「フラワーアレンジ風春色コンテナ」
「リバーシブルガーデン」

そのほかにも、冬咲き・早春咲きクレマチス、葉牡丹、イカリソウ、スミレ、ワイルドストロベリー、雪割草、花芽つき球根…など、盛りだくさんな内容となりました。
ぜひ、お読みくださいね。
「南無阿弥陀仏、アーメン、アラーの神よ。冬号も売れますように」
(byおじさん)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先月まいたリクニスとオルラヤの種。


無事に芽が出ました!!


種をまく時期が通常より遅いので、発芽してくれるか
心配だったのですが、ポツリポツリと顔を出し、
いまではこんなに!

$こんにちは! 花ぐらし編集部です

$こんにちは! 花ぐらし編集部です


$こんにちは! 花ぐらし編集部です





とっても嬉しいです。泣



さて、次の作業は移植と間引き。

徒長してひょろひょろ苗にならないようにしなければ!

(編集部U)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。