2005年12月08日 23時32分40秒

悠久の歴史をもつ北京と発展し続ける北京のこれから

テーマ:2005.12北京旅行

風景

旅も最終日。

予想以上にスケールの大きさ、発展のスピード、料理の美味しさ

に驚きと発見の旅になった。

どこもかしこも2008年のオリンピックに向けて、修復中の北京。

都市の近代化とともに中国らしさが失われていくことが、

ちょっと寂しく感じつつ悠久の歴史と発展する現在の北京を大満喫しました。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年12月07日 23時30分38秒

ラストエンペラーテーマソングを口ずさみながら

テーマ:2005.12北京旅行

天安門広場 にやってきました。

テレビでよく見る天安門は、都市の広場としては、世界最大規模で

なんと50万人を収容できるそうです。

天安門


紫禁城こと故宮 の中に入りました。直線で歩くと全長2キロ。

皇帝も移動がさぞかし大変だったのかな?と思ったら、

皇帝は、移動は籠に乗っていたとのこと、そりゃそーだね、と納得。

紫禁城

明・清二王朝の王宮であり、世界最大で最も完全な形で

保存されている帝王の宮殿でもある。24人の皇帝がそこに住んだ。

帝王が政務に携わり、起居したところであったため、紫禁城とも称され、

明の永楽四年(1406年)から建造を始め、14年がかりで完工した。

全体の面積は72万平方メートル、建築面積は約15万平方メートル。

太和、中和、保和三殿の所在するところは外朝で、政治活動区である。

1925年、紫禁城は一般に公開、故宮博物院に改称された。

1987年に世界文化遺産に入れられた。


ちょっとショックだったのは、故宮の中にスターバックスが。

中国語豆知識 スターバックス→星巴克珈琲

スターバックス


輪タクと呼ばれる人力車に乗って、700年以上の歴史がある胡同(フートン)へ。

フートンとは、もとは小路という意味で、北京にも沢山あったが、

現在、開発目覚しい北京において、いわゆる北京らしい風景が

なくなりつつあり、胡同(フートン)を巡るツアーが人気らしい。

やっぱり、車とちがって街の人と同じ速度で街を回るのは、

ゆったりとした風景が心地よい。

トゥクトゥク


胡同(フートン)の一般的な民家に立ち寄って、

水餃子作りを習う。

手作り


気温の低さに池も川も凍ってます。

氷


昔の最難関科挙試験の博物館である国子監へ。

このあと、1週間泊り込みというあまりの試験の難しさにカンニングも横行して、

その博物館も見に行きました。

科挙

国子監は昔、貴族の子弟や秀才を教育した最高学府で、

その隣には孔子を祀った孔廟があります。国子監を卒業した人には、

当時の高級官僚の試験にあたる科挙試験に参加する資格が与えられたそうですが、

その試験はとにかく難しかったらしく、難関をパスできるのは3000人に1人とも言われていたようです。

今でも合格者の名前が刻まれた石碑を見ることができます。


北京で最大規模のチベット寺院「雍和宮」で、若い人が熱心にお参り

する様子を見学した後は、火鍋料理のお店へ。

羊肉や牛肉のしゃぶしゃぶです。

火鍋


旅行の一つの楽しみ、街にある普通のスーパーでお買い物。

やっぱり北京随一の街・王府井(ワンフージン)は、東京でのお買い物と

そんなに変わらないから、中国風のあやしさが楽しいのです。


と、歩いているといたるところにマック。

すごい混んでます。

マック


北京崇文区工人文化宮紅劇場で行われているカンフー伝説

エンターテイメントの完成度の高いこと。シートは、280元のシート鑑賞。

横や後ろから突然カンフーの人たちがパフォーマンスに現れて、天井が星空に変わったり、

出演者が記念撮影に応じてくれたりと最高に楽しいショー。

伝説


帰りにちょっと地下鉄(中国豆知識:地下鉄=「地鉄」)体験。

今は3路線だけど、2008年までに13路線になるそう。

地下鉄


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年12月06日 22時43分48秒

北京の世界遺産めぐり

テーマ:2005.12北京旅行

万里の長城に行く道中、明の十三陵 へ立ち寄ることに。

明

北京の北約50キロメートルに位置する一大陵墓群。

明の3代皇帝の永楽帝から最後の16代崇禎帝まで13人の陵墓が点在している。

13陵墓のうち現在公開されているのは3カ所。

エジプトのピラミッド、ルクソール、日本の古墳など、古代の権力者は

とにかく大きなお墓作りを行っていて不思議。

見所の地下宮殿墓地は、その技術圧倒されつつ、なんと入り口と棺の大きさが

合わずに、他の部屋を使ったというから、ちょっと笑ってしまう!


きたーーーーー!

夢にまで見た万里の長城 。子供の頃の愛読書「古代遺跡のひみつ」

を読んだ時からいってみたかった場所のひとつ。

ここは、八達嶺長城。万里の長城は、なんと全長6000キロもあるので、

実は到着する前からいたるところで、山の上に見えてます。

万里

八達嶺長城はとても壮観で城壁の高さが平均7.8メートル、

その土台が重さ500余キロの大きな花崗岩で築かれている。

城壁の上では馬なら5頭、人なら十人が並んで進むことができる。

頂上

通称男坂(きつい坂道。でも眺めは最高)、女坂(ゆるやかで、観光客が多い)

両方を登りきると、らくださんが悠然とたたずんでました。

気温-3℃位かな、顔も氷がさわっているほど寒く感じます。


休憩室には、お茶を入れるポット。

高山病になったチベットでお世話になったポットと同じで

なつかしい。

ポット


ゲンコツサイズの美味しいジャンボ餃子。

ジャンボ


寒い国だけあって、56度の焼酎。

火を吹くほど、かーーーっときます。

美味しいとかいう次元を超えてます。

ばいちゅう


おなかもいっぱいで、天壇公園  へ。

ここも他の施設と同じく色んなところが修復中。広すぎです。。。

天壇

市街南部、崇山区にある天壇公園は283万平方メートルの

広く静かな公園。明代の永楽帝が15世紀半ばに建設し、

以来、明、清代の皇帝たちが五穀豊穣を祈った場所である


目と香りと味を楽しむ中国茶。楽しくためになるお茶レクチャー付。

中国語豆知識「我欲茶(発音:ウォーヤオチャア)」=お茶が欲しいです。

お茶


北京にきたら北京ダックということで、北京ダックの有名店全聚徳 へ。

北京ダック

間髪あけずにでてくる食べきれないほどのご馳走。

中華


今日は、沢山歩いて沢山食べたので、夜は、足ツボマッサージ。

75分で3000円ほど。なぜか、女性には、男性のマッサージ師、

男性には女性が付くようになっている。

いままで、受けたマッサージの中で最高の部類で、極楽気分。

マッサージ








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年12月05日 23時28分25秒

中国3千年の歴史と未来の旅へ

テーマ:2005.12北京旅行

中国旅行出発の朝。

まだ夜も明けない外にでてみると、昨日から降り始めた雪が積もってます。

寒いはず、気温3℃。

早朝


関空から3時間弱で北京に到着。

到着した足で、西太后のサマーパレスとして有名な頤和園 へ。

とにかく大きな湖が、人力で掘ったというからそのスケールに圧巻。

こちらは園内にある石で造った船。

頤和園

中国に現存する最大の王室公園であり、世界の最も有名な古典庭園の一つ。

市の中心部から約15キロ離れた海淀区に位置し、遼・金時代は王室の遊楽地であり、

明・清時期に帝王の御苑となった。1888年、清朝の慈禧皇太后は海軍の軍費を流用

して再建し、今の名称に改めた。


夜は、雑技団の演目を鑑賞。

あまりの神業にとにかくびっくり!!!

オリンピック選手よりすごい運動能力かも。

雑技

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。