竹取物語

備前焼細工物作家 佐藤和久の成長物語です。


テーマ:
これ、絶対かっこいいわあん。(笑)もちろん刀は本物を作ってもらいます。これはペーパーナイフだけど。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
刀と備前焼に共通点はないようにみえて実は深い。

刀を焼入れするとき、刃に粘土を塗ってから焼入れするのである。なぜか?

粘土を塗る事により、刀の冷却スピードを早めたり遅めたりするのである。そうする事により、塗らないで焼入れしたときにはほとんど現れなかった物質が大量に刃にふきでて、刃が強くなるのである。てネットに書いてた(笑)

なるほどなるほど。深い


今回、安藤刀匠から貴重なこの焼入れに使う粘土をいただいた。多分吉井川のふもとの鉄分の多い土だろう。

その昔、備前焼は生地にこの焼入れの土を塗っ焼いていた。焼き上がりは黒くなり、黒備前とよんでいた。伊部手と言われるやつである。鉄分が多いから黒く発色する部分もあるが、実は塗る事により、冷却スピードがずれてその物質が大量に現れて黒くなってるのかもしれない。

だから、備前焼は焚くまきの量も大切だがそれ以上に温度の急激な変化やゆっくり冷ましたり、急激に冷ましたりする、除冷。の方が重要でその物質をいかに大量に発生させ、発色させるかに限る。

理系人間として、備前焼の興味はますますふかまるばかりである。来年はまた新しい窯を作る。







 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が仏像を作り、安藤刀匠が刀を玉鋼から作るプロジェクトの打ち合わせをしてきました。

備前焼史上初。刀と備前焼のコラボ。今からワクワクです。多分シリーズ化します。まずは婆沙羅から





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。