花楽のフラワーデザイン雑感

花の美しさ、花のおもしろさ、身近に花を飾る楽しさ。フローラルデザインの技法や文化そして歴史を、日々の花に触れる中から語っていきます。フラワーデザイン、花卉装飾、花の造形、薔薇、高山植物などなど。

NEW !
テーマ:

一昨日、昨日と書類作りでブログから離れていて、メッセージにも返事が出来ず失礼しました。

 

さて今日は、一年ぶりにクリスマスローズの水揚げをしました。庭のクリスマスローズを、ご仏壇にお供えしようと思ったのと、余ったらアレンジに使うつもりです。

 

まず花バケツにお湯とお水を注ぎ入れ、40度ほどのぬるま湯を準備しました。次に、何種類かのクリスマスローズを庭から摘んで、新聞紙に包んで花バケツの中に。その状態で、4時間ばかり置いておきました。

 

 

新聞紙の包みをほどくと、充分に水が揚がっているようにみえます。

 

 

この内の3本ばかりは、ご仏壇の供花の中に加えました。残りのクリスマスローズは、明日の午前中、アレンジに使おうと思います。

 

今、ブログを書いている夕暮れにも、1輪として水下がりが起きていませんので、水揚げは成功したようです。

時間がかかりますが、ぬるま湯処理の方が熱湯処理より確実性があると、私は思います。

 

では、明日のアレンジメントを。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

桜の開花宣言が昨日、東京ででました。TVのニュースで撮された靖国神社の桜は、雨に濡れて哀しそうでした。

開花宣言の桜が、雨に降られている映像は、ほとんど記憶にありません。明るい桜の季節が来るのかと、少々不安になりそうです。

 

先日買い物に出たとき、1束380円のアルストメリアとスイトピーの束を買いました。

 

 

アルストメリアは、1本の茎から何本もの花柄が伸びて花を咲かせています。そこで、花柄を一本ずつカットして器に入れると、丁度いいぐらいに葉も付いていて、葉と花の組み合わせの低いテーブルアレンジメントが出来ました。

 

 

ガラスのボウルに錫のネットで囲って作った花器に、一輪ずつを思い思いの向きに投げ入れて構成しました。

白いスイトピーを外側か内側かと配置に悩みましたが、個性的な花の形を生かすために外側に振り出しました。

 

 

写真を見てみると、「白い花は奧にすることで、奥行きをつくれる」という考えに、分からないでもない、と反省しました。

 

では、明日。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は一日、久しぶりの雨で、乾き気味だった庭には恵みの雨でした。でも人間には、昨日の暖かさに比べての寒の戻りのような冷たい雨で、体調が崩れそうです。

わが家の息子どのは風邪をひき、連休中寝込んでいました。連休明けが、この寒さでの出勤に堪えていると思います。

 

先日行ったセミナーの「花を立てる」の講義準備をしていたときに、とても大切な文章に出逢いました。

 

「線と空間をいかしたいけばなの構成は、固い枝に花をつける花木の多い日本の自然に由来する。柔らかい茎を持つ草花が草原に咲く欧州では、おのずと丸く柔らかな花束になる。」

 

この言葉は、明治の文明開化期に来日した英国建築家のジョサイア・コンドルの著作「The Flowers of Japan and the Art of Floral Arrangement(日本の花といけばな芸術)」にあったものです。

 

The Flowers of Japan and the Art of Floral Arrangementme、明治24(1891)6月、博聞社発刊)

 

翻訳版「美しい日本のいけばな」1990年講談社発刊)

 

いけばなとフラワーデザイン(フローラルデザイン)の違いを、私は「手業(てわざ)」に求めてみました。

いけばなが、はなを「たてる」、「いける」、「いれる」のに対して、フローラルデザインに、花を「つなぐ」、「たばねる」という出発点の違いがあると考えてきました。

ジョサイア・コンドル氏の言葉は、この考え方をバックアップしてくれています。

 

ここから、「花を手にしたとき、人は」を、考えてみましょう。

 

では、明日に。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。