テーマ:





春から進めてきた、とあるプロジェクトが完成に近づいてきました。
完成に近づいてきた、ということは或る意味、
終わりに近づいてきた、ということで。
嬉しさと等しいだけの切なさを禁じ得ません。




しかし、ああ、これがとてもいい歌なの。
今まで歌ったことのないこと、
今のわたしだから歌えることを歌っています。




微熱の日々と荒ぶる風の中で咲いた花の色と、その名前を。




より美しい春へ向けて。