映画「ヒアアフター」

テーマ:
ヒアアフター 映画館にて鑑賞

監督 クリント・イーストウッド
出演 マット・デイモン, ブライス・ダラス・ハワード セシル・ドゥ・フランス フランキー・マクラレン
2010年

ヒア アフター [DVD]/マット・デイモン,ブライス・ダラス・ハワード
¥4,935
Amazon.co.jp

パリで活躍するジャーナリストのマリーは、恋人との休暇を楽しんでいた東南アジアで、津波にのまれて死にかける。
かつて霊能者として活躍していたサンフランシスコのジョージは、死者との対話に疲れ、今は工場で働いている。
ロンドンで母と双子の兄と暮らすマーカスは、突然の交通事故で兄を亡くす。
ある日、ロンドンで三人が遭遇する。



マリーは臨死体験をする。その時に見た光景が頭から離れない。アナウンサーの仕事はうまくいかず、しばらく、休むように言われる。そのうち、自分が体験したことを執筆したいと思うようになる。

ジョージは、死者と対話ができる。そのことで昔、自分の生活がうまくいかなくなり、今ではやめている。簡単にお金儲けができるからと兄からは、またこの仕 事をしようと持ちかけられるが気が乗らない。他の人から見たら、素晴らしい能力かもしれないが、ジョージにとっては、いらないの能力なのだ。

新しい彼女ができそうな場面があったが、知りすぎてしまうことでこういう結果になるのは、可哀そうな気がする。

マーカスは、双子の兄が亡くなってしまう。今まで、ずっと一緒に何もかもしてきた相手だけに、その悲しみは、計り知れない。マーカスは、本物の霊媒師を探し、もう一度、兄と話をしたいと思う。

あの兄の言葉には感動して、涙が止まらなかった。

ヒアアフターとは、来世。つまり死後の世界のこと。
しかし、描いているのは、生きている人の葛藤であり、悩みであり、そして、救いである。
三人がそれぞれに人生の転機を迎える話に静かな感動を呼ぶ。

それにしても、最初の津波のシーン、すごかったな。
お気に入り度★★★★
AD