インビクタス / 負けざる者たち

監督クリント・イーストウッド
出演モーガン・フリーマン, マット・デイモン, レレティ・クマロ, マット・スターン

インビクタス / 負けざる者たち [DVD]/モーガン・フリーマン,マット・デイモン,レレティ・クマロ
¥1,500
Amazon.co.jp
南アフリカ共和国大統領に就任したネルソン・マンデラは、荒んだ国の情勢を立て直すため、ラグビーに希望の光を見出す。

マンデラが、南アフリカ共和国大統領に就任したとき、黒人と白人の間には敵対心があった。マンデラの護衛をしていたのは、黒人であったが、そこに白人も起 用する。仕事であるため、彼らはプロとして働くが、彼らの対立は目に見えてわかる。南アフリカのラグビーチームは選手が白人だったために、南アフリカの黒 人たちは相手チームを応援する。そんな状態だった。

そこで、マンデラは考えた。
スポーツには世界を変える力がある。今まで弱かったチームをワールドカップで優勝させることで国民の気持ちをひとつにしようと。マンデラのその考え方がすごい。そして、それを実現したということも、すごい。

27年間も監獄生活を送っていたマンデラは、自分を囚えていた白人を許した。その心の大きいこと。許す心を持っていたということ。決してあきらめなかったこと。マンデラの偉大さを感じた。

ラブビーの試合は、結果がわかっているはずなのに、応援に熱が入った。

モーガン・フリーマンの大統領は、実際のマンデラ大統領にそっくりで、貫禄と優しさが感じられた。

マット・デイモンは、この映画出演のために体を鍛えたという。ラグビーをする選手の体格になっていて、試合も白熱していた。

この物語が事実でありながら、知っている人は少ない。このことに、目をつけ、映画化したクリント・イーストウッド監督の手腕は見事だ。

お気に入り度★★★★★
AD

コメント(4)