アリス・イン・ワンダーランド  映画館にて鑑賞 3D吹替え


監督 ティム・バートン
出演 ミア・ワシコウスカ ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ
2010年


<花>の本と映画の感想

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]/ジョニー・デップ,ミア・ワシコウスカ,ヘレナ・ボナム=カーター
¥3,360
Amazon.co.jp



19歳のアリス。青年からみんなの前でプロポーズされる。返事に困ったアリスは、ウサギを追いかけ、穴の中の不思議の国へ。ここでは、6歳のとき来たことがあるので、アリスのことをみんなは、知っていたが、アリスは忘れていた。この世界で、赤の女王と白の女王が対立していた。


3Dで映画を見るのは初めての体験。以前、3Dの映像は見たことはあるが、こんな長時間の映画は初めてだ。不思議な世界で繰り広げられる話だから、視覚的にきれいで、立体感を楽しめた。めがねをかけての鑑賞は、もっと疲れるかと心配したが、そんなこともなかった。

大きな顔をして、態度もでかい赤の女王の存在感は大きい。対する白の女王の手の動きがしなやか。

ワンダーランドの住民たちは、個性的で、おもしろい。双子の兄弟は、同じようで、逆を言っていたりとこのコンビがいい。チェシャ猫なんか、消えたり現われたりするのが自然でとてもよい。

アリスも、予告どおりの活躍を見せていたし、おもしろい展開だった。


夢の話ということで終わってしまいそうだが、アリスが、今まで夢だと思っていたのが、実際に起こったことだと納得できたこと、自分の進路を見つけられたことが、アリスの成長物語となっていた。

お気に入り度★★★
AD