2008-11-09 15:07:08

映画「ブーリン家の姉妹」

テーマ:映画 ハ行

ブーリン家の姉妹   映画館にて鑑賞


監督 ジャスティン・チャドウィック

出演 ナタリー・ポートマン スカーレット・ヨハンソン  エリック・バナ  デヴィッド・モリッシー  クリスティン・スコット・トーマス    マーク・ライランス  ジム・スタージェス 

2008年



ブーリン家の姉妹


 

16世紀のイングランド。ブーリン家の娘メアリーは、姉アンより早くに結婚する。国王ヘンリー8世に世継ぎの男の子が生まれないことから、ブーリン家の主は、アンを差し出し、ブーリン家の出世を図ろうとする。しかし、国王が、気に入ったのは、妹のメアリーの方だった。ブーリン一家はメアリーの夫とともに宮廷にあがる。やがて、メアリーは懐妊。しかし、流産しそうになり、安静を保つため、部屋に閉じ込められる。そんな時、国王は、姉のアンに心を奪われるのだった・・・・・・・・・・・・・




姉のアンは、自分が国王の目に留まるはずが、妹の方を国王が選んだとあって自尊心を傷つけたれたのであろう。仲のいい姉妹でも、男が絡むとこわい。


妹のメアリーは、田舎で夫と静かに暮らしたかった。けれど仕方なく宮廷へ。それでも国王のやさしさに惹かれていく。


国王の子を生むのなら、王妃の座を求める姉アン。そのためにいろいろと策略を企てる。聡明で勝気だ。それに対し、ただ愛と安らぎを求める妹メアリー。対照的な二人だ。しかし、二人とも芯の強さが感じられた。


メアリーの夫は、妻を差し出すということに反対することもできず絶対服従だった。女性が出世の道具でしかないこの時代、「娘たちを出世や男の享楽のために学問をつけたわけではない。」という母親の気持ちが、痛切にわかる。娘二人と息子に恵まれ、幸せな家庭だったのに、父親が出世を望んだために、子供たちを失うことに・・・・・つらかったに違いない。


お気に入り度★★★★

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

14 ■>やまさん

このお話は、姉妹の愛を中心に描いていますよね。だから、見やすかったのかもしれません。
もちろん、歴史の事実には基づいているのでしょうが、宗教的なことには触れていなかったですね。
この後、エリザベスの物語へと続き、メアリーのお話に至るのですね。
映画「エリザベス」そして、「エリザベスゴールデンエイジ」見たくなりますね。

13 ■映画関連のこと

 あの長い原作本を読み進んで下巻に入った頃に、たまらずに映画を観ました。宗教がらみの時代背景が取り入れてないのが残念でした。姉妹の性格や考えなど本も良かったです。
 そのあと、「メアリー・スチュアート」(デュマ著)を読みました。このあとは、映画「エリザベス」を観たくなりました。それにしても、関連する映画や本も沢山ありますね。

12 ■>なぎささん

女性を世継ぎの道具としか思っていないというのは、哀しいことですね。
あんなに男の子を望んだのに、エリザベスが世継ぎになったのですから、わからないものですね。
以前見た「エリザベス」をまた見たくなりました。

11 ■>hitoさん

最初の子供たちが無邪気に遊ぶシーンと、同じようなシーンでラストをしめくくっているのは、好感が持てました。
メアリーは、求めていたような平和な暮らしを手に入れたようですが、アンのことを思うとやりきれないですね。

10 ■>masakoさん

こういう時代だったから仕方がないといえばそれまでですが、男たちが女を道具としてしか考えてないのには腹が立ちますよね。
アンとメアリー、違った性格でしたが、二人とも強さを持った人でしたね。

9 ■花さん こんにちは♪

女性を世継ぎを産むための"道具"としか扱われていない悲しい時代のお話でしたね。
結局、この後にエリザベスが世を治めるのですからなんとも皮肉ですね。

8 ■こんにちは~

男の欲のために翻弄された女性たちはあまりにも気の毒でしたね。

ラストのメアリーののどかなシーンはホッとしたと同時にアンのことを思うとやり切れなさも感じてしまいました。

7 ■こんばんは

TBありがとうございました。
これは見ごたえある映画でしたね。
男たちが女を道具としてしか考えていないのには腹がたちましたけど、そういう時代だったんですよね。
本当母は辛かったでしょうね。
そしてアンとメアリー、それぞれ強さを感じました。

6 ■>はらやんさん

女を出世の道具としか考えてない父親や叔父に対し、母親だけは、まともな考えの持ち主に思いました。
けれど、この時代どうすることもできなかったのでしょう。つらかっただろうと思います。

5 ■>たいむさん

男と女、それぞれにプライドを持っていますが、ボタンをかけ違えたように思います。
母親の感性に一番共感できました。
愛する子供を失うことになって、どんなに哀しかったことでしょう。

4 ■こんばんは

花さん、こんばんは!

アンとメアリーの母親だけは子供たちのことを考えていましたよね。
ただあの時代、女性は夫や弟の決めたことを覆すことはできず、子供たちを襲った運命をただ見ることしかできなかったのは辛かったでしょうね。

3 ■>ミチさん

とっても仲のよさそうな姉妹でしたね。
でも、男性関係が絡むと、嫉妬する気持ちが勝ってしまうのでしょう。こじれてしまいましたね。
最後、絆を取り戻せたのは、姉をおもうメアリーの気持ちが、アンに通じたのだと思います。

2 ■プライド?

こんにちは。
男と女、それぞれのプライドのギャップをひしひしと感じましたね。
母親の嘆きがとても痛々しかったですね。

1 ■こんにちは♪

花さん、TB&コメントありがとうございました!

姉妹って仲がいい時はいいんだけど、一端こじれると難しいでしょうね。
色違いのドレスで本当に仲良さそうな二人だったのに・・・。
それでも最後はまた絆を取り戻したのでホッとしました。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。