映画「崖の上のポニョ」

テーマ:

崖の上のポニョ  映画館にて鑑賞


監督  宮崎駿

音楽  久石譲

声出演 山口智子 長嶋一茂  天海祐希 所ジョージ、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子

2008年



ポニョ


崖の家に住む5歳の少年宗介は、海で、家出してきたさかなの子を拾う。びんにはさまって身動きできなくなっていたのを助け、ポニョと名づけ、「ぼくが守ってあげるからね。」と約束する。ポニョは、宗助が好きになるが、ポニョの父親フジモトによって海の家に戻されてしまう。ポニョは人間になりたいと願うが・・・・・・・・・


♪ポ~ニョ ポニョ ポニョ さかなの子♪という歌がずっと耳から離れないでいたが、映画を鑑賞することができた。ポニョとポニョの妹たちがとってもかわいい!


ストーリーとして、わかりやすく、約束を守ることの大切さを描き出している。


宗助を想い、一心に海の上を走り続けるポニョ。その一途さがいい。海の表現が独創的で、波を魚の形で表現しているのが目新しく迫力があった。


宗助はとてもやさしくていい子。施設にいるおばあちゃんたちにやさしいし、親たちの夫婦喧嘩の仲を取り持っているようだ。


ちょっと気になったのが、宗助の母親のリサ。仕事で帰れなくなった船に乗る夫に対し、モールス信号で「BAKA BAKA BAKA・・・・」と送り続ける。その気持ちはわからなくはないけれど、それはないでしょう。「航海の無事を祈る」って宗助の方がしっかりしている。そして、嵐のときに静止も聞かずに家に帰ろうとする。また、子どもを家において、仕事に出かる。ちょっと身勝手な部分があったかな。


最初、世界の危機だといっていたフジモトは何をしようとしていたんだろう?海なる母のグランマンマーレとどのように知り合ったんだろう?


わからない部分はあったが、映像的にきれいであったし、ほのぼのとしていて、いい映画だった。


お気に入り度★★★★

AD

コメント(4)