映画「エミリー・ローズ」

テーマ:

エミリー・ローズ


監督  スコット・デリクソン

出演  ローラ・リニー  トム・ウィルキンソン   ジェニファー・カーペンター

2005年

ムーア神父は、エミーローズを見殺しにした罪で、裁判にかけられることに・・・・・・・


この映画は、恐怖を楽しむホラー映画では決してない。事実をもとに作られた真実のお話なのだ。エミリーは、悪魔のせいで亡くなったのか、病気なのに治療しなかったから亡くなったのかを裁判する法廷物語なのだ。


私は、悪魔の存在など決して信じない。けれど、この映画を見ていると、もしかしたら、悪魔の憑依も実際にあることなのかもしれないと思えてくる。


悪魔によって、エミリーの様子が変わっていく様を描いているが、悪魔が乗り移ったエミリーの姿は、あまりにすさまじく、見ていられない。迫真の演技だった。


自分の体が、ぼろぼろになっても、楽になる道を選ばずに自ら運命を受け入れたエミリー。その勇気には感銘を受ける。


そして、エミリーの意志を伝えようとするムーア神父。そこには、エミリーへの愛がいっぱいあった。そして、ムーア神父を弁護した弁護士。彼女は、上司からの圧力にも屈せず、自分の首をかけてまでも、神父を守ろうとした。これは、愛に満ちた映画だと思う。


家族や、エミリーの恋人も、エミリーを最期まで信じてた。そして、もちろん、ムーア神父も。エミリーに理解者がいたことは、救いだったと思う。


審判の出した評決。悪魔が実際にいるということを簡単に認めるわけにはいかないけれど、ムーア神父の気持ちを理解したからこそ、こういう判決になったのだろう。

お気に入り度★★★★




AD

コメント(2)